FC2ブログ

鳥人戦隊ジェットマン 1話・2話

第1話 戦士を探せ
第2話 第三の戦士



昔リアルタイムで見ていましたけど、さすがにほとんど覚えてないなぁ。
まぁWikiとかで内容に関しては結構知ってはいますけどね。
戦隊内で三角関係が発生したり、
ブラックコンドル・結城凱がやたらチームの和をかき乱したり、
トランザの最期がよく分からなかったり、
天堂竜が南原清隆に似ていたことは記憶に残っている。
戦うトレンディドラマだとか昼ドラだとか言われているが……
まぁどっちも詳しくないんだけど、これで見た戦隊が
三本目ということもあってかそんな違和感は無かったかなぁ。


ラディゲ

「跪け、我らはあらゆるものの始まりと終わりを支配する。
跪け、跪けぇ。
我らはあらゆる次元を支配する者、即ち神、バイラムだ!
愚かな人類に通告する。
今、この瞬間より、地球は我々バイラムの支配下に入る。
我らバイラムの力を示すために一分後にアースシップを破壊する」


裏次元伯爵ラディゲ

何かが印象に残る役者さんですねw
後にカクレンジャーでモクモクレンの人間体を
演じることになるそうですが、言われてみればなるほど確かに。

ラディゲ
「我々バイラムは裏次元を征服し、この第三次元にたどり着いた。
お前たちの劣悪なる文明を破壊し、我がバイラムは新しい理想郷を築くだろう」


子供であろうと容赦なく次元虫に食われてしまうのは、
さすがに昔の特撮って感じがしますね。

ジェットマンと言えば結城凱の戦隊らしからぬキャラクターが良く語られますが、
大人の感覚で言うなら、つい昨日まで一般人だったのに、
いきなりジェットマンになれと言われてホイホイついていく香の方が特異な気もします。

「気安く触るんじゃねぇ。俺は納豆と男が大嫌いなんだ」

イカサマを咎めた店員を殴っての台詞。


「しかしよ、いっそのこと人間なんざ滅んだ方がいいんじゃねぇのか?
公害問題に人種差別、確かに人類って愚かなもんだ」


戦隊らしからぬ台詞の代表格なれど、結構誰でも冗談で思ったことあるのでは。


「いい子ぶりっこしやがって、おケツがかゆいぜ」

これも昔っぽい台詞だな。


殴り合いを始める竜と凱。
駐車場の車のガラスを割ったりして大迷惑です。

グリナム兵の金的を握りしめるブラックコンドルw
ファイタージゲン、巨大な敵の割には破損箇所から
洩れているガソリンを撃たれたら一撃で爆死しました。


トラン
「最初に奴らをやっつけたのが、
僕らのボスになるっていうのはどうかな?」


このアホな思い付きがバイラム崩壊の原因になることに。
いや、トランが言わなくてもラディゲがいれば同じ道を辿っていたか。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


小説版を高値で購入するほど、好きな作品です。
そして、小説版とTVのギャップもまたすさまじいですw
トランザの退場回まで行ったら、また物議をかもし出すんでしょうねぇ…
まぁ、それまでにも強烈で型破りで、語り草になる要素はゴロゴロと出てきますがwww

裏次元伯爵ラディゲ>肩書きは覚えてないと忘れそうですw一応ラディゲは貴族なんですよね、出身世界からの階級か? それとも本来の首領のジューザに与えられたのか? 想像を掻き立てられます。

跪け>ラディゲ閣下の代名詞ですねw、この宣戦布告何回もリピートしましたw というより、宣戦布告する敵組織って、戦隊では意外と少ないんですよね、大抵はいきなり襲ってきますし。でも、するかしないかで、印象も大きく変わりますけどね。

さすがに昔の特撮>おおらかでしたよね。

洩れているガソリンを撃たれたら一撃で爆死しました>よく見たら、一応、中型の次元獣ですからね、ラディゲからしたら、腕試しも良い所でしょうし。

このアホな思い付きがバイラム崩壊の原因になることに。
いや、トランが言わなくてもラディゲがいれば同じ道を辿っていたか>
実はそうでもないんです。ラディゲはああ見えて、よほどのことがない限り賭け事にはフェアでしたし、剣を振るうのも自分の上に無理矢理立とうとする者に限られており、バーサーカーとはまた違いました。
そんなに上に立ちたければ、とっくに幹部達を皆殺しにしてるでしょうし…。
バイラムはトラン…トランザが自分で提案した賭けを反故にするまでは、互いの失敗を嘲笑する事はあれど、殺し合いまで発展する事は殆どありませんでした。

長文失礼いたしました

Re: タイトルなし

> 小説版を高値で購入するほど、好きな作品です。
> そして、小説版とTVのギャップもまたすさまじいですw
> トランザの退場回まで行ったら、また物議をかもし出すんでしょうねぇ…
> まぁ、それまでにも強烈で型破りで、語り草になる要素はゴロゴロと出てきますがwww

確か井上敏樹本人が書いた本でしたっけ。
Wikiで内容は確認しましたがw


> 裏次元伯爵ラディゲ>肩書きは覚えてないと忘れそうですw一応ラディゲは貴族なんですよね、出身世界からの階級か? それとも本来の首領のジューザに与えられたのか? 想像を掻き立てられます。

貴族ならばあのプライドの高さも納得できますね。
あしゅら男爵と似たようなもんかもw


> さすがに昔の特撮>おおらかでしたよね。

流血描写もずっと多かった印象があるなぁ。


> 実はそうでもないんです。ラディゲはああ見えて、よほどのことがない限り賭け事にはフェアでしたし、剣を振るうのも自分の上に無理矢理立とうとする者に限られており、バーサーカーとはまた違いました。
> そんなに上に立ちたければ、とっくに幹部達を皆殺しにしてるでしょうし…。
> バイラムはトラン…トランザが自分で提案した賭けを反故にするまでは、互いの失敗を嘲笑する事はあれど、殺し合いまで発展する事は殆どありませんでした。

そこがバルバンとの違いか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2443-99a61816