FC2ブログ

Get Ride!アムドライバー 第11話「コンフュージョン」

既に内容は知ってたけど衝撃の真相が発覚するお話です


ディグラーズ
「ニルギースめ、もう出番は無いわ」


ずっと待ちに徹していたからこんなことにw

捕らえたアムドライバーを鞭でしばく変態おっさん。
何故、鞭……ただの趣味としか思えんのだがw


この話で、
バグシーンはアムドライバーを組織した
ウィルコット議長に操られていた
という衝撃の事実が判明します。
アムドライバーとバグシーンの戦いは全て人気を高めるための
ウィルコット議長の自作自演だったというわけですね。

バグシーンが人間に率いられている、ということは
ニルギースらが出る前からなんとなく想像つくでしょうが、
彼らをバグシーンを操る黒幕と思わせておいて、
実際は味方側のトップが黒幕だったと言うミスリードを
入れたストーリーになっているのですね。

バグシーンについて調べようとしたアムドライバーが謎の死を遂げたり、
バグシーンが人を襲わず街だけを攻撃するという
都合の良すぎる行動を取っていたのも、伏線だったのですね。

ニルギースらはアムドライバーに真実を広め、
力を見せつけるだけで十分だと考えていたが、
ジノベゼとディグラーズは力で権力を奪う道を選んだ。

「バグシーンは人類共通の敵である」という虚像は掻き消え、
互いが互いの正義と欲望を掲げて戦う、
有り触れた人間同士の戦いに移っていくわけですね。
女記者マリーの言う通り、この件にはまだまだ裏がありそうなので、
今後のストーリーはその謎の解明が中心になりそうです。



面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2390-a00138bd