FC2ブログ

2011年にやったゲームレビュー

一番大きな変化はPSP買ったことですかね。
目的は第2次スーパーロボット大戦Z破界篇をやるためだったんですが、
過去作、新作含め他にも多くの面白いソフトをプレイできた。


るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- 再閃

PSPで最初に買ったソフト。
蝙也や夷腕坊といった十本刀がほぼ使え、しかも全キャラに
ストーリーモードまで用意されているのがポイント高い。


ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 

何もかもがネタバレになるため詳細は伏せざるを得ないが、
とりあえず霧切さんがかわいかった。
ラスボスはまさに精神の怪物と呼ぶにふさわしい邪悪さで、
その手のキャラクターが好きな人は是非やって頂きたい。
からくりサーカス、第2次スーパーロボット大戦Zの
ラスボスに匹敵する圧倒的な個性を見られるだろう。
沢城みゆきと、これも伏せるがラスボスの人の演技が神でした。


第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇

コードギアスに00、グレンラガンと少し昔に
一世を風靡した作品が集結したスパロボ最新作。
管理人的にはコードギアスとボトムズのエリア11でのコラボが特に気に入った。
黒の騎士団のエースと言えばカレンとキリコです。
前作Zに引き続き、オリジナルもクロスオーバーを多用したシナリオも
いつもながら至上至高で特に言うことが無いぐらい。
前後編に分けたことで、グレンラガンは四天王全員の
戦艦とガンメンが登場したりと、
いつものグラフィックの数における制約がほぼ無くなっている。
ルート分岐は多いけども、次元獣が異様に硬く、
ガンガン当てて来るので二週目やる気は起きなかったな。


ブレイブルー・コンティニュアムシフトⅡ

キャラ設定については以前から知っていたので、前からやって見たかった一本。
格闘ゲームというよりノベルゲームと言いたくなるほどストーリーモードが充実している。
個性的なキャラクターと豪華声優陣、コミカルな会話の応酬と
そんじょそこらのノベルゲームより読み応えがある。
格闘ゲームパートは難易度を最低に、スタイリッシュモードにすれば楽勝なので、私のように苦手な人も安心。
(ただしジンのストーリーは終盤で刀が抜けなくなるという制約が加わるためかなり難しい)

性格も声優もビジュアルも何もかもツボに嵌まるハザマさん。
柿原徹也氏のイメージが大きく変わった、
「ヤンデレブラコン」ジャンルの顔と言っていい変態王ジン・キサラギ。
ライチ先生を中心とした、タオカカ、バングら診療所を取り巻く面々の愉快なやり取り。
そして全くいつも通りの演技・キャラである杉田智和。
ココノエや獣兵衛などの非プレイアブルも含めて良キャラ揃いでした。
新作では狂気の人形師レリウス・クローバーがプレイヤーに昇格しているとか。


Fate/Extra

一言で言えば128体のサーヴァントによるトーナメント。
もちろん128体出るわけではないが。
女主人公のビジュアルがかわいかった。
雑魚戦にもランダムの要素が大きく、ダンジョンの途中で
突然死してやる気を削がれることもざらだったので結局二週目はやらなんだ。
結局セイバールートしかやっていないが、
新規のサーヴァントは一周目で全員見られるのでまぁいいかと言った気分。
しかしセイバーは青いのから赤いのや黒いのや白いのもいて、
あと一人で騎士戦隊セイバーレンジャーが結成できそうですな。


以下ネタバレ

面白かったのは
中々個性的なキャラであるヴラド・ツェペシュ。
バキの龍書文の元ネタとなった李書文。中国拳法のポージングが格好いい。
太陽光の出ている場所では無敵のガウェイン。あたりか。
そしてラスボスが釈迦。ドリフターズの黒王に匹敵する暴挙です。
是非とも波旬とやり合ってほしい。
次回作が出るそうだが、その時はマホメッドがラスボスになれば完璧ですね。



セブンスドラゴン2020

エディットキャラクターを主人公パーティーとしたオーソドックスなRPGなのですが、
外見や職業のみならず、声優も決められると言う点が大いに気に入って購入。
加藤英美里がキュゥべえだったり、
福山潤がルルーシュのふはははは……笑いをしたりとその辺はよく分かっている。
システム面も凄く親切で、セーブポイントで全回復したり
中継ポイントがあったり、全滅してもバトルの最初からやり直せたりと
至れり尽くせりでとダンジョンで詰むことはありませんでした。
その一方で帝竜は何度も全滅するのがざらである難敵揃いですが、
現時点での全力を余すところなくぶつける楽しみが味わえます。


しかし、ゲームで一番大きなウェイトを占めたのは
「Dies irae~Acta est Fabula~」の続編であり、
完結編である新作「神咒神威神楽」でしょう。
キャラクターの格好よさに戦闘の演出とバトル作品としては最高峰の出来。
想像以上に前作の要素が多く食い込んでいたが、
そこは東征戦争後の個別ルートや究極の自分大好き人間・第六天波旬様が対抗してくれました。

18禁ゲームであるが、コンシューマー化が決定したそうなので未プレイの方は是非。



面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2380-a06bfe6d