FC2ブログ

人造昆虫カブトボーグV×V 第8話「鎮魂歌!リビング・レジェンド・グッド・ナイト」

またしても病院に搬送されている勝治
病院内をバイクで疾走する謎の男……



勝治

男は勝治のおじいちゃんだった。
九死に一生を得たのに、もう退院してOKとかw

勝治はじいちゃん子だった。
おじいちゃんはお小遣いをいっぱいくれる。

リュウセイ「俺のじいちゃんなんかお年玉だって五百円だ」
ケン「俺の誕生日のプレゼントなんて菜箸だぜ」


ひでぇw
塾が繁盛している親父は一体どのくらい上げてるんだろう……

ケンの店には勝治のおじいちゃんがいた。

「初めて旅に出たのは12歳の春だった……」

勝治の祖父は若い頃から世界中を旅して来た。
様々な場所で様々なことをやった。
30代の頃にはパイロットを、10代の頃にはレーサーを、
サッカー選手も野球選手もカウボーイもダイバーも闘牛士も、
ファイナンシャルアドバイザーもマーケティングプランナーも経験してきた。

そんな祖父もカブトボーグをやったことは無かった。
ロイドの店でリュウセイ相手にボーグバトルをすることに。
呆気なくリュウセイが勝つ。


「所詮借りたマシンでのバトルだ。
マイマシンとは違うのだよマイマシンとは」


ランバ・ラルのセリフ。中の人はキリコ・キュービィだけども。

「あのウィンドウの中のボーグを全部いただいていく!」

伝説の大人買いww

ロイド大喜び。

祖父

明日、同じ場所での再戦を申し込む祖父。


リュウセイ
「俺達は、いわば生まれた時からボーグを手にして、
これまで戦い抜いて来たんだ。
どんな相手だろうと、昨日今日ボーグを始めた相手に負けるわけにはいかない!」



リュウセイの前に勝治のおばあちゃんの幽霊が現れる。
が……結局その後の展開に何か影響を与えることは無かった。

ルールは勝治が決定する。

チャージ三回、フリーエントリー、フリーオプションバトル

フリーオプションでは金に飽かせて多数のオプションを付けた祖父が有利。
対するリュウセイは何のオプションパーツもつけていない。

リュウセイ
「これが俺のやり方だー!!」



祖父2

「それは違うなリュウセイくん、君にはそれしかないのだよ!
何故なら、君がそれだけの人生しか重ねていないからだ!!」


リュウセイさんは10歳。

「君のボーグにはどれだけ重ねても10年の重みしかない!」
「私のボーグ歴は二日だ!だがしかし!
このボーグに我が68年の生涯全てを託すことが出来る!!」
「このオプションパーツは私の68年の生涯の重みだ!!」


ケン「リュウセイの68倍!?」

6.8倍だってのw


ロイド
「かんきゅーをつけた熟練のうごき!」


一度トムキャットをリングアウト寸前まで吹っ飛ばす。


「北米のレースは乱暴すぎて、私はすぐに撤退した!」
「梅ノ木商店街のパン屋の主人は、元は相撲取りだった!」


人間関係も含めて人生経験ですからねw


ロイド「ボーガーとしては初心者ですが、
波乱万丈の人生がバトルに活かされ!
複雑な攻撃をキャノウにしてまーす!」


ケン「必殺技!一晩でそこまで!」

メモリアルメリーゴーランド!

自分の思い出を語る祖父。それに対抗してリュウセイさんも自らの歴史を語る。

「俺が生まれた時、親父は世界征服を思いついたと言う!」

あっさり話すネタが尽きてしまうリュウセイさん。
しかしトムキャットは祖父の68年分の人生の重みに耐えていた。

リュウセイ
「俺の人生にはまだ10年の重みしかない!
だけど俺には未来がある!
いつまで続くか分からない無限の未来が!」


レッドアウトゴールデンマキシマムバーニング!!

「爺さんは俺は思い出を語るだけだが、俺は未来を語るんだ!」

「15の俺!ボーグバトルをやっている!」

「20の俺!ボーグバトルチャンピオン!」
30!連続防衛記録更新!
40!さらに更新!
50の俺!ボーグバトル永世名人!」


祖父「その根拠はどこにある!」
リュウセイ「根拠は無くても自信はある!!」


「58の俺!ボーグバトル世界統一チャンピオン!」


リュウセイ

「60の俺は、ボーグバトルで親父と最終決戦!!俺の勝利!」

親父まだ仮面付けてるのかよw


リュウセイ2

「68の俺!ボーグバトルで息子を叩きのめす!」

ケン「いつ結婚してたんだよお前!」


リュウセイ3

「80の俺!ボーグバトルで孫を叩きのめす!」

「無理すんな爺さん!先の事を考えると、不安を覚える年なんだ!
だけど子供の俺は何処まで行くかの希望しかない!!」



「100の俺!ボーグバトル皇帝宣言!
これによって共和国が反乱を起こし、
帝国に激震が走る!!」



祖父「100は……きつい……」

リュウセイ勝利!!

祖父
「こうなれば私も100まで生きてボーグバトルを極めて見せよう」


リュウセイ「さすが勝治の爺さんだ」
ケン「ゾンビ一家だ」


勝治をよろしくと言い残し爺さんは去って行った。

最後にまたおばあちゃんの幽霊が登場、リュウセイさんが腰を抜かして終了。


何か普通にいい話に思えたのだがw

68の爺さんと10歳のリュウセイさんがボーグバトルで真剣勝負。
老人をいたわるのではなく全力で叩き潰す。
しかしこれって、相手を対等の敵と思っているからやれることなんですよね。


それにしてもリュウセイさんの将来設計は圧巻の一言。
彼のスケールの大きさが感じられます。
例え息子や孫が相手だろうと絶対に負ける気は無い。
鉄拳シリーズの三島平八みたいな親父になりそうですね。



スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2358-92a08865