FC2ブログ

灼眼のシャナⅢ -FINAL- 第7話「神門」

人間爆弾の恐怖


悠二

神門

神門を呼び出す悠二。

説明台詞が多くて原作未読の方々はどの程度理解できたのかしら……
いや私も何となく程度の理解ですが……
しかし、この難解な設定と専門用語のラッシュこそ、
灼眼のシャナらしいところではありますが。


ヘカテー

シャナを「ただ害悪を成すだけの危険な存在」として、
盟主に独断で殺しにかかるヘカテー。
実際に、アラストールと炎髪灼眼の討ち手は
フレイムヘイズ陣営で唯一創造神を殺せる討ち手。

それを可能とするのが天破壌砕

契約者と紅世の徒一体を生贄に、“天壌の劫火”アラストールを現世に召喚する。
これを使って作中で斃せぬ敵や破壊できぬ物は存在せず、
当時最強クラスの紅世の王だったアシズですら成す術なく圧殺されている。

ヘカテーはその時の光景を実際に見ている上に、
アラストールに共鳴中の大命詩篇を砕かれ、
フィードバックで痛い目に遭っているから、
その恐ろしさは身を持って味わっている。
アラストールが盟主を殺すことへの恐怖は人一倍強いはず。
創造神に忠を捧げるヘカテーとしては、
器のミステスの個人的な事情でそんな危険人物を
野放しにしておくことなど出来るはずがない。

確実な勝利を得るためには、無力化した段階で即座に殺すべき。
確実に殺せるはずの敵を見逃したことで、
後に計画を潰されたり、自身の命まで奪われたりするラスボスが過去に何人いたことか……


悠二
「魔神を侮っているのはお前の方だ」


もしもシャナが殺された場合、アラストールは迷わず紅世に帰る。
そして即座に三度の契約に務める。
契約者を得れば、最悪の機に現れ、天破壌砕を試みる。

その契約者がどんなに劣悪な人材であろうと構わない。
祭礼の蛇の計画を阻止するための、使い捨ての人間爆弾なのだから。

もし失敗したら、また次の契約者を選ぶ。また失敗したら、さらに次を……

天破壌砕はほぼ無敵の技であるが、契約者の命を代償とすること、
途中で邪魔が入って、発動前に潰されることもあること、
また、召喚されたアラストールは長い時間顕現していられないので、
早い話が逃げてしまえば無効化できる。

しかし契約者を使い捨ての消耗品と見做せば、それらの弱点はカバーできる。
何度阻止されようが逃げられようが、
新たに契約した人間爆弾(フレイムヘイズ)が何度でも襲い掛かる。
この世では絶えず徒に人間は喰われており、
徒に復讐したいと望む人間は五万といるのだから。
こちらの盟主や切り札を瞬殺できる存在がいつ、どこの誰から出て来るかも分からない。

これこそ、フレイムヘイズが死んでも契約した王は紅世に帰り、
再度契約を行うことが出来るという特性を生かした、
“天壌の劫火”最強最悪の戦術だろう。

最も紅世から現世に渡り歩くには遭難のリスクがあるため、
必ずしも無敵の戦術と言うわけではないが……

仮装舞踏会サイドとしては
今のシャナとアラストールを分断している状況こそがベストであって、
シャナを殺せばアラストールを逆に野放しにしてしまうこととなる。

捕えた主人公を、感情面とは無関係に殺さない理由としては上手くできている。


星黎殿のバーで盛り上がる徒たち。
カクレンジャーの妖怪やカーレンジャーのボーゾックと、
人外たちがわいわいがやがやしているのは見ていてなごみます。


ハボリム

二又のストローで酒を吸うハボリムw
あの二つの首はそれぞれ独立しているのかしら……
初めて喋ったことであの金髪男はマモンと確定。


リベザル

思いっ切り浮かれているリベザルさんw

創造神が復活しても悠二が消えることは無い。
世界を救うために悠二が犠牲になることも無い。
いかにもありがちな設定を事前に消しておくのは好感が持てます。


カムシン

カムシンの昔話はまだやってなかったのか。
原作読み返したら、さらに細かい話も語られてたのね。
この絵の演出はアニメならではって感じで良いですね。

「お互い後悔すると分かっていて、
お互いに大好きだと知っていて、それでも殺し合ったのです」
「それも一つの愛――」



城の下に集まった仮装舞踏会の徒たちを鼓舞した後、
悠二は三柱臣らを引き連れ、自らの本体を取り戻すべく神門へ。

今週はやけに悠二が表情豊かで身振り手振りも激しく、
祭礼の蛇となった後の変貌……というか混在ぶりが分かりやすくなってました。


次回予告……
トランプ投げてたベアトリスみたいな
金髪ポニーテールの子が可愛かったんだけど、この子誰だっけ……?w


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ


スポンサーサイト



コメント


>トランプ投げてたベアトリスみたいな
金髪ポニーテールの子が可愛かったんだけど、この子誰だっけ……?w

18巻39ページに出てくる、リベザルに瞬殺された暗色の戦闘服を着た奇襲部隊のフレイムヘイズ5人組の内の一人か、原作では細かいデザインが明かされていない仮装舞踏会の徒の誰かかな・・・(ブファルかエギュンあたり)

Re: タイトルなし

> 18巻39ページに出てくる、リベザルに瞬殺された暗色の戦闘服を着た奇襲部隊のフレイムヘイズ5人組の内の一人か、原作では細かいデザインが明かされていない仮装舞踏会の徒の誰かかな・・・(ブファルかエギュンあたり)

多分前者でしょうなぁ……モブキャラ同然なのにあの可愛さw
まぁキャラデザインってモブもメインも大差ない場合が多いですけど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2290-994f768e

灼眼のシャナ III(Final)第7話 「神門」

嫉妬したヘカテーがシャナを討とうとしますが。 祭礼の蛇は、シャナを手元に置いておく理由を話して諭す。 炎髪灼眼の打ち手を滅ぼせば天壌の業火は別のものと契約してしまう。 なるほど考えてるんだw ...

灼眼のシャナIII -FINAL- 第7話「神門」 感想

相手の望むことだけが愛ではない ヘカテーから襲撃を受けることになったシャナ。 仲裁に入った悠二からシャナは祭礼の蛇の目的を聞かされることになり。 一方御崎市に降り立ったカムシンと再会することになった一美。 自身の悩みとフィレスから預かった宝具についてカ...

灼眼のシャナ? 第7話 バーで酒飲む敵たちに癒されたぜ

独断でシャナを殺しにかかるヘカテー。

灼眼のシャナIII-FINAL- 第7話「神門」

灼眼のシャナIII-FINAL-の第7話を見ました 第7話 神門 「お前はいらない」 ヘカテーの思いが水色の炎弾となってシャナに襲いかかる。 「危険は取り除き、消し去ります」 炎弾で部屋の原型すらなくな...