FC2ブログ

灼眼のシャナⅢ-Final- 第5話「囚われのフレイムヘイズ」

決戦を前にして仮装舞踏会は軍議の真っ最中。
オープニングに登場したのはこれで大体出終えたかな。


ハボリム

“煬煽”ハボリム

炎の色は楝色


デカラビア


“渺吏”デカラビア

炎の色は鉄色

共に仮装舞踏会の中核と言える強大な紅世の王。


リベザル

盟主のかませにされたリベザルさんも一応は強大な王ということになっています。


プルソン

“駝鼓の乱囃”ウアルと“哮呼の狻猊”プルソン。


マモン

ストラスの隣にいるのはマモンかな。


なつかしのメリヒム(骸骨Ver)やら、
フード取ったゾフィーおばさんやら、
色んなキャラが登場したが話はあんまり動いていない印象で、
実際この時期は展開がまだ大人しい。

教授はまた通信越しの登場のみなのね。


ヘカテー

「よく帰りました、将軍」

この一言だけでシュドナイ将軍は天にも昇る心地でしょうw



面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


仮装舞踏会、結構大規模組織だったんですねぇ、幹部連と情報網だけの組織だけかと思ってましたけど、その他大勢の方々も結構いらっしゃったようでw
でも、本当に仮装舞踏会のデザインは幅広いですねぇ、単純な人型から、海洋生物、昆虫、魔物、機械。
各々のやりとりも見ていて飽きませんねw
ここまで、デザインコンセプトに縛られない敵組織も、アニメ、特撮でも珍しいのでは?

Re: タイトルなし

> 仮装舞踏会、結構大規模組織だったんですねぇ、幹部連と情報網だけの組織だけかと思ってましたけど、その他大勢の方々も結構いらっしゃったようでw

現代における紅世の徒の最大勢力ですからね。


> でも、本当に仮装舞踏会のデザインは幅広いですねぇ、単純な人型から、海洋生物、昆虫、魔物、機械。
> 各々のやりとりも見ていて飽きませんねw
> ここまで、デザインコンセプトに縛られない敵組織も、アニメ、特撮でも珍しいのでは?

高橋先生の人外デザイン力は確かに良いですねぇ。
そんな彼らが実に人間的なメンタリティの持ち主なのも本作の魅力の一つでもあります。

特撮は、人外は多くても着ぐるみの都合上、基本的には人型二足歩行ですしね。
他作品だと、漫画版封神演義の金鰲十天君なんかが近いですかね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2267-3830e030

灼眼のシャナIII #5

【囚われのフレイムヘイズ】 [特典イラストブック付] 灼眼のシャナIII-FINAL- 第I巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]出演:釘宮理恵ジェネオン・ユニバーサル(2011-12-22)販売元:Amazon.co.jpクチコ ...

灼眼のシャナ? 第5話 まったく、敵が集うシーンは最高だぜ!! 

OPに出てた敵キャラが一気に登場!!

灼眼のシャナIII-FINAL- 第5話「囚われのフレイムヘイズ」

灼眼のシャナIII-FINAL-の第5話を見ました 第5話 囚われのフレイムヘイズ ――こんな法具一つで何もできなくなるなんて… 悠二に囚われの身となってしまったシャナは力を封じられ、アラストールとも...

灼眼のシャナIII(Final) 第5話 囚われのフレイムヘイズ レビュー 

"祭礼の蛇"坂井悠二との戦いに敗れ、拉致られたシャナは星黎殿の 部屋に丁重に幽閉されていた。右手には宝具のチェーンをはめられ それによってすべての異能を封じられ、一般人並みになっているシャナは 逃げる事もできない。 星黎殿の司令室、祀竈閣では仮装舞踏会の構?...

灼眼のシャナ III(Final) 第5話 感想「囚われのフレイムヘイズ」

灼眼のシャナですが、シャナは坂井悠二に捕まってしまい、完全に無力化されて幽閉されます。御前会議ではカブト虫や変な魚なども場を盛り上げますが、悠二はシャナに会いに行きます。(以下に続きます)

灼眼のシャナIII -FINAL- 第5話「囚われのフレイムヘイズ」 感想

勝手に私のことを全部分かった風に言わないで! 祭礼の蛇こと悠二に敗れ囚われの身となってしまったシャナ。 力を封じられアラストールとも引き離され脱出の術もなくシャナは身動きが取れず。 そんな中でバル・マスケ、フレイムヘイズ両陣営共に来たるべき大戦に向け動...