FC2ブログ

今週の漫画雑誌感想

ヤングジャンプの『孤高の人』とマガジンの『だぶるじぇい』完結。



【孤高の人】

文太郎生還エンドにはかなり驚いた。

これまで色んな人間の死にざまを見ても、
「こいつ生きているんじゃねぇの?」と疑い続け、
死人が実は生きていました展開にうんざりしていた、この私が……

あのまま死んだら奥さんと子供があまりに可哀想なので、まぁ良かったか。

漫画の文太郎はもちろん実在する加藤文太郎とは別人なので、
生き残るのは全く問題ないのですが。
あらゆる表現・技巧を尽くして、
あたかも文太郎の最期に向けて雪崩込んでいくような
この漫画の迫力に飲まれたか。

その画力は極まっており、人物も背景もトップクラスの仕上がりですが、
それだけに飽き足らず、漫画表現としても極北を目指しているようでした。
終盤は特に顕著ですが、登場人物の心情が奇怪な心象風景として描かれ、
普通に読んでいて意味が分からなくなるレベル。
しかし意味は分からなくとも緻密な書き込みやダイナミックな構図で
なんかスゴイと思わされてしまう。
色んな意味で『豪腕』と言うイメージがしっくりきます。


【だぶるじぇい】

アニメが切っ掛けで単行本集めました。
マガジン本誌ではあまり読むことが無かったなぁ……
その分、単行本で一気に読む楽しみがありますが。

キャラでは有馬小夜が好きでした。
外見は元より、主人公の親友で、ツッコミ担当で、買い食いキャラなところが。
アニメだと声加藤英美里さんだったのよね。

美少女でコメディというと、大抵が私の大嫌いなラブコメになってしまうのですが、
本作は最後まで亜桜まる絵の美少女で野中英治のギャグをやるという
内容だったので、実に見やすかったです。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 漫画ブログへ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2257-4d259016