FC2ブログ

ミカるんX 感想

規格外優等生・鯨岡ミカと福井県出身の少女・南るんなが合体すると、
奇跡の巨大美少女戦士ミカるんXに変身する!


以下最終8巻までネタバレ


7巻の引きで、雷帝と融合してラスボスになるかと思われたペソマルク星人だが、
出番はラスト直前まで引っ張られ、最後は地球人類に味方して美味しいところを取っていきました。
最後は安定のミカ&るんなエンド。
るんなの考えた新しい宇宙が、23区程度の狭い宇宙ってのは、
ディエスイレや神咒神威神楽にも無かった新しい思想ですな。
確かに、なまじ宇宙の規模が大きいからこそ、
星を潰したり宇宙を支配したり、身の丈に合わぬ欲望に焦がれ、
大量殺戮を平気で行う奴が出て来るのかもしれない。

スケープゴッドにシンシア・ザ・ミッションと読んできたけど、
高遠るい先生は本当に実力がある作家さんですね。
何らかの百合要素が混じるのは趣味なのかしら。私としてはありがたいことですが。
正直主人公やヒロインが男女だと主人公サイドに今ひとつ乗り切れなくて
どーでもいーや的な気分になっちゃうのですよ。
その場合は敵方に魅力があればOKなのですが。

しかしミカるんXの変身後が全裸というのはさすがに引いたなぁw
ずっと日本海フォームのままがいいのにと思ってたw
ウルトラマンも全裸だから全裸で何が悪い、
それ以前にチャンピオンREDだから仕方がないと思うしかないか。

シンシア・ザ・ミッションがバキのオマージュなら
本作はウルトラマンのオマージュになるのだろう。
主人公二人が巨人となって、航海者と戦うという、
ウルトラマンを始めとする特撮へのオマージュに満ちた作品で、
ヒーローものらしく、また従来の高遠作品らしい熱い展開が多い。
特にレプス星人との最終決戦の熱さは異常。
深いSF知識を使った、序盤の段階で既に反則極まる技の数々も見どころ。
一方でメインキャラを含めてバコバコ人が死にまくり、
最終的には地球人口が3億人程度になり、地球そのものが潰れてしまう。
そんなシリアス極まる戦いの中でも、パロディを挟みながら進む辺りも高遠作品らしい。

進化の果て、人は宇宙と向き合い、やがて法則を捻じ曲げ、
宇宙そのものを創造することが出来るようになるかもしれない。
その未来に、ディエスイレの神座システムが出来上がったりするのだろうか。


より速ければ先んじる
より鋭ければ斬れる
より硬ければ砕ける
より以上、より以上――
それでは己より劣った者にしか、永遠に勝てぬ!

じゃが無理が通れば、道理は引っ込む!

力だと?技だと?わが戦はそのような拙劣とは無縁!
あるのはただひとつ
己の勝利と言う結末の絶対的確信のみ!!
その確信の強度をもって弱肉強食の道理そのものを破壊する
ゆえに必勝不敗!
道理を超えた無理の領域に立たねば、神とは争えぬ!

4巻 レプス星人セレーネ



かつてこの世を作り今なお動かしている真理・法則とは――
一体いかなるものか?
その中にあって我々は何のために生み出され、生き、そして死にゆくのか?
身の丈に合わぬ思考――ただ生きてゆくには必要のない営みだ
しかしこの釣り合わなさ
ただ生きて死ぬことに飽き足らず
己の生とはまるで無縁の巨大な概念に挑む……
という行為こそ『生命』に与えられた真の使命だとしたらどうだろう
自らの巨大な全体像を意識することすらなく永遠に広がり続ける宇宙に対して――
自らは小さくともその宇宙全体の過去現在未来について思考し把握しうる我ら
それはまさしく混沌と秩序の二項対立のようではないか?

8巻 ハインリヒ・アグリッパ


ヒューマニズムとはとどのつまり文字通り――
人間がいつまでも人間でしかないことを前提にしている
神も魔物も本当は存在しないし、不老も不死もありはしない
人は簡単に命を落としよみがえることはない――だから『殺してはいけない』
狭い行動範囲で手に入る資源は有限だ――だから『盗んではいけない』
ひとりより集団の方が生存に有利だ――だから『愛は美しく絆は尊い』
すべては『超越の不在』が生み出した倫理観だ

8巻 ディオニス・カッシアス


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 漫画ブログへ
スポンサーサイト



コメント


チャンピオンRED11月号でミカるんXとシンシア・ザ・ミッションのクロスオーバー漫画載ってますよ
作者さん曰く 単行本に収録されることはまずない漫画 なので興味あるならお早めにゲットをどうぞ(10月19日になると12月号が販売されてしまうので店頭から姿を消してしまいます)

自分で書いておいてなんという宣伝臭・・・

Re: タイトルなし

> チャンピオンRED11月号でミカるんXとシンシア・ザ・ミッションのクロスオーバー漫画載ってますよ
> 作者さん曰く 単行本に収録されることはまずない漫画 なので興味あるならお早めにゲットをどうぞ(10月19日になると12月号が販売されてしまうので店頭から姿を消してしまいます)
>
> 自分で書いておいてなんという宣伝臭・・・

情報どうもありがとうございます。
手近な書店でまだ売ってるかどうかわからないけども……

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2237-026f4d38