FC2ブログ

日常 第26話「日常の第二十六話」

東雲なののバースデー


ちゃんみおはまだ笹原先輩を諦めていなかったらしい。

遊園地で無くした4016円を、なのの誕生日ケーキを買うために使う形で
お返しすることになるとは……

久々の校長と教頭。
わざわざ教頭自分の銅像作ったのか?と思ったが、教頭は元々時定の校長だったんですね。
運送員見てフェイ王国の兵士を連想したんだが、
ゆっこの夢のイメージの元になった人たちのかもしれん。

ブラックバードですっ飛ばしてきた大工健三郎。
サンシャイン学園の上にいるドラゴンみたいなのかと思った。

人知れず皆の危機を救ったり、蟻の命を救ったり
みさとに笹原と話をするチャンスを作ったり、
くしゃみで虹を作ったり、小木の無くした櫛を見つけたり、
奇跡で皆を助けるヒーローゆっこ。

あれから全く変わらずなのを双眼鏡で監視し続ける中村先生は
なのに気があると思われても仕方がないと思います!
そのせいで校長の頭の秘密を知ってしまいましたね。


ゆっこ

「このかぼちゃ硬ぇー!!」

刃物使え。

これまた日常らしいシュールかつダイナミックなネタ。
実際このぐらいの衝撃与えてもかぼちゃって砕けないものなのか?

てか、誕生日にかぼちゃのケーキでも作るのかと思ったがまったく関係なかったぜw


ついに阪本さんは中村先生の飼い猫だったという事実が
はっきり明かされましたね。

かつての名前は大将


阪本

「天秤が……微動だにしねぇ……っ!」

本来の飼い主がいるのに帰ろうとしない理由は、
中村先生のドジに苦しめられて来たから。
しかし状況ははかせにいたずらされる今とあまり変わっていないと。

「飛んで火にいる夏のロボとはこのことだ」

まさか探している猫が東雲研究所にいるとは
夢想だにしないので、すれ違う会話をする二人。


中村

なのちゃんが中村先生の家に行くフラグが立ったw

あれ、これって中村先生が東雲研究所に住めば全部解決しね?


ついに博士がネジを取ってくれて喜ぶなの。

「もっと普通で楽しい日常が待ってるかも……」

ずっと普通の人として扱われたくて、ネジを外したがっていた。

しかし、ネジを外さなくても自分には普通に接してくれる
家族や友達が既にできていた
ことに気付く。

そして自分の意志でネジを再びつけるのだったが……

はかせの用意した「小っちゃいやつ」とはただの補助機関だったというオチw
嬉しくなった時にネジがそこそこ回る。
あれだけ頑なにネジを外すことを拒んで来た
はかせがあんな急に外す気になるわけがなかったんです。


まさか七日生まれだから「なの」と名付けたのか?
特に根拠も無いのにナノマシンのナノだと思ってたよ。

最後はメイン6人の合唱。
内5人が女性だと男性声はほとんど聞こえないなー。

みおが失恋したり、なののネジが取れたり、
阪本さんの前に本来の飼い主が現れたり、
彼女らの日常が変わりそうになるものの、
結局今までと同じ日常に戻っていく……ってな感じのお話でした。

しかし校長の苗字が東雲って……
はかせの祖父か父親なのか?


最初の頃は特徴的なOPに、
ハイテンションなギャグとやたら気合の入った作画が印象に残って、
それで視聴続けていたんですが、本格的に火がついたのは4話でしたね。
あの麻衣ちゃんのゆっこへの(偽)告白シーンです。
あれでキャラにも愛着が生まれるようになり、
OPが変わり、中盤でなのが高校に通うようになる頃には
一週間で一番楽しみな番組になっていました。

個人的な見所は、ゆっこのバカわいさ、みおちゃんの暴走、
麻衣ちゃんのボケ(に隠されたゆっこへの想い)
などでしょうか。
私にしては珍しく脇よりメインの方が好みだった。
まぁ脇は恋愛主体だったから、恋愛とはあまり縁の無いメイン勢の方が面白く見えるのは必然か。

中盤からは天然悪の科学者気取り・中村先生が登場して、
その気取った言動やなのへの執着ぶりが実に私好みでした。

なのが高校に通うようになってからは、
女子高生四人の友情にスポットを当てた話が多くなり、それも良かった。

声優は何と言っても長野原みお役の相沢舞さんが最高に頑張っていた!
みおちゃんの暴走は、アクションは元より
あのマシンガントークに寄るところが大きいですからね。
ゆっこ役の本多真梨子さんも実にらしい演技で良かったです。

絵や動きはさすが京都アニメーションだけあってクオリティが高かったです。
原作絵はちょっと角ばったところがあるけれど、
アニメ絵は角が取れて丸みが出た感じになっているので、
ストレートにかわいいなと思えました。

基本的に「日常」の根本は、
「シュールなネタを異様なテンションの高さでやる」というところにあって、
アニメ版の「日常」はその「動き」の部分に
最高のクオリティのアニメーションをふんだんに使われていた。
そこが見ていて盛り上がるところであり、
更なるシュールさを生み出していた感も。

元から動きの多い、アクション主体の原作のアニメ化では、
ここまで新鮮な驚きは得られなかったんじゃないかと思います。
アニメーションの良さを引き出せる原作だったのではないかと。

管理人にとっては京アニ作品では、らき☆すた以来の当たり作品でした。
分かりやすく言えば、グルメ細胞に適合したというところでしょうか。


特に好きなお話は、ゆっこと麻衣関連では
「エンドレス腕相撲」「ニセ告白」「絶対ツッコまないぞ」で、
みおちゃん関連は「あんた、あの時何て言った?」「ランデヴー!!」「ちゃんみおー!」辺りが面白く、
中村先生がなのを捕獲しようとする話全般と、東雲研究所訪問ですかね。

まぁ、何より原作未読で最後まで観れたことが大きかった。
古本屋で原作を入手するチャンスはあったが最終回観るまでは自重していました。

二期を期待したいところですが、
最新6巻まで消化したらしいのでもうストックは無いんですよねー。

とにかく面白かった。
後、これだけハマれた要因には、珍しくうちの地方でも放送されていた事が大きい。
9話以降だけれど、HDに録画してあるので、また何度も観ることになると思います。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2201-8e5dc55a

日常 第26話・最終回 感想「日常の第二十六話」

日常ですが、赤べこ・こけし・弥勒菩薩の会議によりロボットのビックリ誕生日会をやることにします。相生さんはサプライズの意味が分かっていないので直接伝えようとします。クールメガネ少女は子供博士の誕生日も一緒にやろうと提案しますが、一生友達でいてあげる券とか...

日常 第26話「日常の第二十六話」

奇跡の連続の日常も今回で最終回。 この作品が作られたことが一番の奇跡だけどね(笑) 京アニだからのこの出来でしたから… 2期を作ってくれる望みは無いですよね(^^; 製作変わったらこれ以上のもの...

もっと普通で楽しい… 「日常」 日常の第二十六話の感想。

日常が待っているかも

日常 第26話

最終回

日常 26話(終)

日常 26話(終) 『日常の最終話』 ≪あらすじ≫ ロボット女子高生「なの」は、元気で明るいバカ「ゆっこ」、常識人だけどBL好き「みお」、クールな問題児「まい」と一緒にハチャメチャな日々を過ごし、家...

日常 第26話 「日常の第二十六話」 感想

みんなの「日常」―

2011年9月第四週のアニメ(日常)

・日常 第26話「日常の最終話」 ゆっこがサプライズでなのの誕生日会を企画する話など。 最後の週はそのサプライズ企画が実行される「日常の113」などがとても良かったです。 …何だかんだで様々な...

日常 第26話(最終回) 「日常の第二十六話」 感想

日常は奇跡の連続。 奇跡使いのゆっこ、凄いよ! でも、ゆっこの本当の凄さは、なのの誕生日会を提案する優しさですね。 妄想がふくらみがちな夢見る女子高生「ゆっこ」の周りにはロボやら鹿やら ...

日常 第26話 「愛着 - attachment -」

アタッチメント 【attachment】 ・ 取りつけ、結合、付着、付属、帰属。 ・ (…への)愛着、愛情、傾倒。 ・ 留めつける物、留め金、(機器に取りつける)付属品。 なのにとっての 『ネジ』 は...

日常 #26

【日常の26話】 日常のブルーレイ 特装版 第3巻 [Blu-ray]出演:本多真梨子角川書店(2011-08-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 懐かしのジャンケンキター(゚∀゚)ー! 

日常第26話 「日常の第二十六話」

日常第26話 「日常の第二十六話」の感想です。 やはり主役はなのちゃんだったか! ホントにいい最終回でした!

日常 第26話(最終話)「日常の二十六話」 感想

ありのままの君で。 脚本あらぬけいいちなのか。 これって同じく京アニ作品である「らき☆すた」と一緒のパターンっていうか あれはあれで原作ファンだったから凄く嬉しくて感動した訳ですけど。 そのアニメが終わる頃にこの「日常」の原作に手を出してあれから...