FC2ブログ

バトルスピリッツ ブレイヴ 第50話「黎明」

二字熟語だけのタイトルがいいですね。


CMで出ていたゾディアックアポロクリムゾンはどーなったの?

四之宮さまと呼び変えるガスパールはさすが執事の鑑。

最終バトルだけあって、スピリットの戦闘シーンが凄く気合入っていました。
サジットVSアスクレピオーズ、
サジットVSストライクヴルムレオなどなど。

最後はダンさんが勝利。
勝利者は引き金を引くのではなく、自らが引き金となることが土壇場で判明する。

「ありがとうございました。良いバトルでした」

ダンがパンテーラに教えた台詞をまた言うのがいいじゃないですか!

こうしてダンの犠牲によって地球は救われた……

ダンさん生死不明エンド!

EDで流れた、前作の「ダメかもしれない、ダメじゃないかもしれない」がマッチしているw

前々回であっさり生存フラグが立ったから、
こりゃ無難なEDかなーと期待度下がっていましたが、
中々悲劇的な終わり方で私としては良かったかなーと。

メタルカスの肩の上にエリスが乗っているが、
お前たちいつの間に仲良くなったんだw
まぁ、そもそもメタルカスの性格が分かるような
エピソード一切無かったから、実は子供好きでもおかしくはないよね。

今作ブレイヴでは「地球リセットを阻止するためには、
人類と魔族が協力しなければならない」

という最終目的が割と早い段階から示されており、
「人類と魔族の共存」に対して、様々な立場にいる登場人物たちが、
カードバトルをしながら互いの主義主張をぶつけ合う、
と言うストーリーで終始一貫している。
そこにザジの謀略や十二宮Xレア探し、魔族間の政争などが絡んでくる。

また、主人公ダン達は前作で世界の危機を救ったが、
その過程で世界の汚い裏の面に気付いてしまい、
世界の敵と見做された過去が重く圧し掛かっている。

世界を救った英雄が持て囃されるとは限らない、
世界を壊そうとする者から救われた世界が、綺麗な世界とは限らないという

続編ものとしては中々他に見ない、重苦しい設定だった。

前作の主要人物で、生き残ったはずの勇貴が
その後、世界の支配層によって殺されたというのは、
さらっと語られた割りにはかなりショッキングな事実だった。


このように、立ちはだかる難題やそれぞれの背負う重荷に対し、
主人公を始めとする登場人物は悩み苦しみながら、
それでも理想の未来を目指して、それぞれの道を選んでいく、
というストーリーになっている。

とまぁ、カードゲームアニメでありながら、
そのストーリー自体は大作RPGと比較しても引けを取らないぐらい壮大かつシリアス。
遊戯王アニメの長編シリーズで確立されたこの路線を、
ブレイヴは最初から最後まで押し通しました。

色の数だけレギュラーのいた前作に比べ、
今回は味方側でバトルするのがほぼダンだけ。次いでユース。
クラッキーやまゐはいるけど殆どバトルはしなかった。
また、ライバルであるバローネが第二の主人公的な役回りになり、
前作キャラのバトル機会を減らす分、
新キャラや魔族側のキャラのバトル機会を増やした感がある。

ダンさんは最初の頃はもろバトルジャンキー全開で
同じくバトルジャンキーであるバローネと互いに通じ合うという
中々私好みの設定だったのだが、
回を追うにつれて両者ともまともになっていったので、
キャラに対する興味は失せて行ってしまった。
まぁバローネさまはまともになっても、
やたらと瞳孔を開く狂的な表情は健在でしたが。

全ての黒幕的立場にいたザジ。
その動機は、子供番組でありながら
18禁もののとんでもない過去
から来るものでした。


特に序盤は、CGを使いまわす為か、
前作に出たカードやデッキを使うキャラがやたら多い。
前作で異界王が使ったガイ・アスラが
ぽっと出の覆面バトラーに使われていたのはもはやネタの域。

セル画と比べ、あまりモンスターの種類を作れないCGのネックか、
十二宮Xレアも全て登場することはありませんでした。

麗しのソフィア号を始めとする戦艦等のメカ描写も中々気合いが入っていた。
コアブリットにミサイルを撃ち込むは新たなリアリストの戦い方を見せられた感があった。

まぁ全体的にはやっぱりが良かったですね。
前作同様このシリーズのキャラデザインは好きなので、
キャラが映って喋っているだけでも結構眼福だったりします。


ステラ「マッケンロー君の計算より早い~~」
剣蔵「~~それから……!」
ステラ「(唇に指を当てて)兵堂、でしょ」


「さようなら、兵堂剣蔵くん」

剣蔵とドクター・ステラの絡みが全編通して良かったです。
白衣理系おねしょた万歳。


次回作は……うーん、キャラデザが微妙だなぁ。
このシリーズ観るようになったのってキャラデザ(主に魔ゐさま)が良かったからだし……
ところで、新作ではガイ・アスラのように、十二宮Xレアや
何人もの魔族の命を生贄にして生み出したアスクレピオーズを
ぽっと出のカードバトラーが使ってきたりするんですかね。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


>ダンさん生死不明エンド!
この衝撃的な「駄目かもしれない」終わりから約8年…まさか2019年に続編OVAが全3話制作決定した!?マジで「駄目じゃないかもしれない」ダンさんの生存。

Re: タイトルなし

> >ダンさん生死不明エンド!
> この衝撃的な「駄目かもしれない」終わりから約8年…まさか2019年に続編OVAが全3話制作決定した!?マジで「駄目じゃないかもしれない」ダンさんの生存。

ツイッターで見ました!びっくりですね!
でもダンさんの生死なんて割とどうでもよくて
マギサさんとステラさんを落として両手に花の兵堂剣蔵くんが見たいです!
(感想記事書いていると完全に忘れたキャラの名前すぐ書けるから便利だわ・・・)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2183-77d6098f