FC2ブログ

よんでますよ、アザゼルさん。 第13話「ベーやん」

あれ、もう最終回なんだ。


というわけで実はベーやん生きてましたよと言うお話。

この前の話、最初は単行本ではなくイブニングで読んで、
モロクといい、グリモアの罰を受けた連中といい、割と残酷な作風でもあるし、
本当にベルゼブブ死んでしまったのでは?と中々ショッキングなお話でした。

「お金があればどんな本でも買えるものね」

あの状況をまさかこんな風に打開するなんて。
大家の渡そうとした三百万が実は伏線になっていたなんて、
何だかんだで話の作り方が上手いなぁと感心しまする。

声優陣は嵌まってたし、
途中の話を派手に飛ばすのを除けば、
おおむね原作に忠実な内容で良かったと思います。
15分というのも、この作品には適切な長さだったかと。

原作の感想としては、とにかく下ネタが雨あられと飛ぶのですが、
ヒロインであるさくまさんがお色気とも恋愛ともほぼ無縁だったり、
悪魔たちも契約という枷があるため、
羽目は外しても外しすぎない、ギャグ漫画としての一線はきっちりと守る、
そんな作風が私の好みに合いました。

Pixivではかなり人気が出ているようだし、いずれ2期もやるのでしょうか。
途中飛ばした話など、原作のストックはまだまだありますし。

まぁ私はこれからも引き続き原作を追いかけていきます。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2105-d702e301