FC2ブログ

海賊戦隊ゴーカイジャー 第10話「トランプ勝負」

星を焼き払うギガロリウム砲。


ロリの字が入っているのが変態的だと思うのは我ながらどうかと思う。

バケツと段ボールアーマー着ただけの変装に騙されるゴーミン。
ボーゾック並みに知能指数低くないか……?

馬鹿そうなゴーミンと呼ばれる。

艦内で賭け事しているゴーミンたち。

イカサマで派手に勝利を重ねるルカ達だが、
総ては戦艦内の人員を誘い出し、別働隊がギガロリウムを奪うための作戦だった。

ずっと呑気くさくトランプで遊んでいる
マーベラス達が映っていたのですっかり騙されましたよ。

ヨクバリードの使うトランプの絵柄はザンギャックの幹部になっている。

トランプにはトランプで行くよ。
ジャッカー電撃隊に変身。全然知らないが。

ビッグボンバーがレトロすぎるw

最後までカードに弱いマーベラス。

来週はシンケンジャー。お母さん登場。
ジョーとバリゾーグには因縁があるようだ。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント


冒頭の空中戦は見応えありましたね、動く動くw

今回は普通のエピでしたね、普通にキャラも立っていて楽しめました。
ジョーがザンギャックの関係者だけあって、部隊の情報を持ち、内情把握が出来ていてこそ今回の作戦が通用したんでしょうね、其処に関しては脚本の矛盾はありませんでした。
それに、ギガントホースは案外頑丈でしたね、爆発に巻き込まれて健在とは。
まぁ、どっかしら壊れたでしょうが。

ヨクバリード>何度聞いても、ネーミングセンスがプリキry
ヨクバリードのモデルは、デンジマンの怪人『ベーダー怪物』かな?
左右非対称で生々しい外見が、それを思わせます。
因みにこの怪人群、『自力で自由自在に巨大化』可能と、意外と高スペックであります。中には次元跳躍攻撃も可能な奴も…ゴーカイジャーを見るにあたり見直したんですが、今考えると、本当に高スペックだわ。

ボーゾック並みに知能指数低くないか……?>夏の劇場版シンケンジャーでは、ナナシの上級種、クサレナナシもこの手に引っかかりましたね。
ていうか、今回の兵での一番の発見は…スゴーミン喋れたんかい!? 伊達に多様性の上級兵ではなかったか。

ジャッカー電撃隊に変身。全然知らないが。>全員がサイボーグくらいしか知りませんな。私も。

来週はシンケンジャー。お母さん登場。>今日、気付いたんですが放送の法則が。偶然か話の順番と軸が。
ゲスト登場(1話は大戦で多数戦士登場)→ゴーカイオンリー→ゲスト登場(魁が登場)→ゴーカイオンリー…以降繰り返し、偶然でしょうかね? バランスは良いとは思うんですが。

長文失礼致しました。

Re: タイトルなし

> 今回は普通のエピでしたね、普通にキャラも立っていて楽しめました。
> ジョーがザンギャックの関係者だけあって、部隊の情報を持ち、内情把握が出来ていてこそ今回の作戦が通用したんでしょうね、其処に関しては脚本の矛盾はありませんでした。
> それに、ギガントホースは案外頑丈でしたね、爆発に巻き込まれて健在とは。
> まぁ、どっかしら壊れたでしょうが。

味方に元敵軍団のメンバーがいるのは情報戦において大きなアドバンテージだわな。

これが来週に響くのかどうか……


> ボーゾック並みに知能指数低くないか……?>夏の劇場版シンケンジャーでは、ナナシの上級種、クサレナナシもこの手に引っかかりましたね。
> ていうか、今回の兵での一番の発見は…スゴーミン喋れたんかい!? 伊達に多様性の上級兵ではなかったか。

知能はあっても戦闘員は戦闘員程度の知能しかないのだろうな。


> 来週はシンケンジャー。お母さん登場。>今日、気付いたんですが放送の法則が。偶然か話の順番と軸が。
> ゲスト登場(1話は大戦で多数戦士登場)→ゴーカイオンリー→ゲスト登場(魁が登場)→ゴーカイオンリー…以降繰り返し、偶然でしょうかね? バランスは良いとは思うんですが。

まぁこれは必然じゃないの。
ゲストと言うよりは、新しい合体パーツ=おもちゃが出たら
次の週は新パーツは出ず、次の次の週に新パーツが出るという、
近年の戦隊の序盤にありがちな法則だと思われ。

任務中にゲームしまくる戦闘員って・・・・・・行動隊長の影響か。しかしインサーンと絡みがなかったのは残念。「おめでとー」の人みたいに失言したら、問答無用でボコられるのかと(オイ)。

堂々とイカサマするルカ。戦隊でイカサマするのはジェットマンの凱以来か。彼ならゴーカイジャーと相性良さそうだけれど故人だからなあ。
ところでハカセって雑誌でも一人だけ過去が不明になっているんですよねえ。案外先輩戦隊の関係者だったりして。フラッシュマンやファイブマンみたいに最終回で宇宙に旅立った人たちもいたので。

あと狙ってかは知りませんが、現在東映チャンネルで星獣戦隊ギンガマン放送開始。これはゴーカイジャーが悪党海賊とは違うんだぞということなんだろうか。バルバンが血も涙もない外道集団だと第二話で早くも印象づけているし。一見正々堂々としたブドーも本性は残酷極まりない性格だし。

Re: タイトルなし

> 堂々とイカサマするルカ。戦隊でイカサマするのはジェットマンの凱以来か。彼ならゴーカイジャーと相性良さそうだけれど故人だからなあ。

私的には、第6の戦士はアバレキラーみたく
真にゴーイングマイウェイな奴だったらいいなぁと思ってます。
近頃そういうアウトロー戦士を見ない気がするし。


> ところでハカセって雑誌でも一人だけ過去が不明になっているんですよねえ。案外先輩戦隊の関係者だったりして。フラッシュマンやファイブマンみたいに最終回で宇宙に旅立った人たちもいたので。

こりゃ後の伏線かな。実はレムリア人だったボウケンイエローみたく。
むしろ他のメンバーがかなり早い段階で過去を明かしている感がある。


> あと狙ってかは知りませんが、現在東映チャンネルで星獣戦隊ギンガマン放送開始。これはゴーカイジャーが悪党海賊とは違うんだぞということなんだろうか。バルバンが血も涙もない外道集団だと第二話で早くも印象づけているし。一見正々堂々としたブドーも本性は残酷極まりない性格だし。

悪役の正々堂々とは、正々堂々と人類と敵対するという意味であって決して良い人ではない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2039-377676c4

海賊戦隊ゴーカイジャー 第10話「トランプ勝負」

海賊戦隊ゴーカイジャーの第10話を見ました。 第10話 トランプ勝負 ポーカーを楽しんでいたマーベラス達はそれぞれ手札をオープンし、ワンペア、ツーペア、スリーカードなどが出る中、ハカセは得意...