FC2ブログ

週刊少年サンデー34号感想

アツくねぇ漢は死んでよーし!!


【金剛番長】

番長対決最終戦、

金剛番長VS爆熱番長


爆熱番長は、今まで戦ってきた番長軍団をアツイ奴らだと認める。
え・・・?剛力と居合はともかく、念仏と卑怯も?

決戦の場は、見事に予想通り、マグマの噴出す

灼熱の間

でも、あっさり目な紹介で何かおかしいな~と思ってたら・・

すっかり忘れ去られていた
カブキ番長が自爆装置を発動!

崩壊を始める神闘郷!

カブキ番長は、9人(正確には10人)の番長を全て抹殺し、
統括区を全て頂く腹積もりだとか。

むぅ・・・最短の手段で最大の成果を得る・・・
見事な卑怯戦法!!

ある意味、最後に卑怯番長に
卑怯さで勝利しましたね(ぉ



運動不足が祟っている粘着番長を気遣う念仏番長がいい感じ。
監獄と剛力も和解してるみたいだし・・・
カブキ番長一人が悪役決定かw


エレベーターが壊れていて上へ上がる事ができない!
コードは切断されており、長さが足りなくて接続する事すらできない!

ここで、己の身に電流が流れるのも厭わず、
コードを掴む爆熱番長!!
自らがコードの代わりとなって電流を流そうとする!


何故、仮に同盟を組んだだけの
五連槍の面々まで助けようとするのか・・・

「ここで諦めたら、
 アツくねぇからだ――――!!」



うわ、何とも単純明快だが、説得力抜群!

爆熱番長ってのはこういう漢なんだとよく伝わってきました。


もう一方のコードに手を伸ばそうとするが、
それでも届かない・・・

と、ここで爆熱番長の手を握る金剛番長!!

やはり、爆熱番長も認めるアツい漢が
黙ってみているはずも無かった!


この漢たち、アツすぎる!!
電流地獄に耐えながらも、遂にコードを接続し、エレベーターを起動させる!

もちろん、ここで二人が離れれば
エレベーターは止まってしまう。
苦渋の決断で、残る番長達は地上へと脱出する・・・

犠牲となった二人の漢に涙する番長達・・・
夜空に二人の漢の顔が浮かぶ・・・


さらば、金剛番長!
さらば、爆熱番長!




ご愛読ありがとうございました!
鈴木先生の次回作に




「知ったことか――――!!」

「この程度じゃ燃え足りんわ―――――!!」



次のページであっさり
地中から復活する金剛&爆熱!!



アツい漢同士、真の喧嘩が始まる!!



いや、こう来たか・・・って感じ。
この流れって、かなりベタベタな展開なんですよ。
でも、こういう展開って、
本来は全ての決着がついた後にやるような話なんだよね。
例えば、るろうに剣心の志々雄戦ラストとか。

それを、金剛VS爆熱の戦いが始まる前にやってしまい、
己の身を犠牲して仲間を助ける、
夜空に浮かぶ二人の漢・・・と、ここまでやっておいて、
最後にあっさり復活・・・

王道かつベッタベタなアツいラストを、
あえて最初にやってしまう!


これはかなり面白い構成だと思います。
いわゆる“アツい展開”パロディ化しているような感じ。

この“王道のアツさ”を最初にやったところで、
次回以降・・・金剛番長と爆熱番長が
どれだけアツい戦いを繰り広げるのか、嫌が応にも期待が高まります。


爆熱番長もキャラとしてより魅力が深まったと思います。

金剛番長は、己の信念から出る行動が結果としてアツくなるのに対し、
爆熱番長は“アツい行動”そのものに執着している点が違う。

基本的には自分本位なんです(ぉ

でも・・・今週見せてくれたように、
“アツさ”のためならば、平気で自分の身を投げ出すことが出来る。
アツくなるためならどこまでも馬鹿正直で猪突猛進、
そこがアツいという、妙にねじくれた“アツさ”を持つ漢なんですよ。

こういう一般的な常識じゃなくて、
特殊な自分の価値観だけに、ひたすら従順な人間って好きなんですよ。
ガンダム00のグラハムのように。
ソウルイーターのデス・ザ・キッドのように。

だから管理人は爆熱番長好きなわけです。

さぁ、来週も楽しみだw



【イフリート】

銀龍=神貫?

あれかなぁ、女性の身体に自分の意識をダウンロードしたって奴?

ニナミが何か悪いフラグ立ててましたが・・・
逆に良いフラグに転化する可能性も無くは無いな。



面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 漫画ブログへ


スポンサーサイト



コメント


魅力

こういうキャラは俺も好きですねえ
正義も悪もなく(結果的にソレ等に繋がるのは別)
ただ自分の信念とか感情(自分ルールとでも言えば良いのか)に忠実なのって好感が持てる
ある意味潔癖なキャラですね

剣八さんなんかコレでしょう

自分の中に絶対のルールを持ち、
ソレを貫くというのは総じてカッコいいです

Lapis lazuliさんコメントありがとうございます。

>こういうキャラは俺も好きですねえ
正義も悪もなく(結果的にソレ等に繋がるのは別)
ただ自分の信念とか感情(自分ルールとでも言えば良いのか)に忠実なのって好感が持てる
ある意味潔癖なキャラですね

あんまり正義や悪を標榜されるのはあまり好みじゃないですねぇ。
まぁ、ひたすら正義に固執するキャラってのも
味はありますけど(そういうキャラは総じて正義と見なされないw
キャラの信念とか感情が一本化されていると
行動にも説得力が生まれてよいです。


>剣八さんなんかコレでしょう
自分の中に絶対のルールを持ち、
ソレを貫くというのは総じてカッコいいです

彼の場合は「戦闘」に全てを尽くすタイプですね。
こういうキャラは実にわかりやすいしカッコいい。
管理人も好みですねぇ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/202-971ab377

週刊少年サンデー2008.34感想

サンデー34号の感想【金剛番長】カブキ番長…誰もが忘れていた存在w卑怯番長より汚いですね。。正直なところカブキ番長のその後が気になりますあの後トイレ直行で生き埋めとかw徐々に元に戻っていく粘着番長が何ともいえないwマグマや生き埋めでも何ともない二人は人...

【雑誌】週刊少年サンデー2008年 第34号 感想

週刊少年サンデー第34号より感想です。 ・金剛番長 37撃目!! 神闘郷崩壊!! ・結界師 第223話 火浦蒼士 ・ハヤテのごとく! 第185話 「...

週刊少年サンデー34号

・絶対可憐チルドレン  もともと天使とは程遠かった天使のようなチルドレンが……!!成長とはプラスばかりではないのだと、チャイルド皆本の話があった直後に展開するのは人が悪いなぁ。けっきょく、成長とはなんなのだろうと少年漫画らしく考えてしまう。  ただ、ひと...