FC2ブログ

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 完結

聖戦終結


最後の魔宮、冥王星にてハーデスをエリシオンに追放した
テンマ、サーシャ、アローンは消息を絶ち、
聖域に帰還した聖闘士は童虎とシオンの二人だけだった。

アテナの秘法で長命を得た童虎は五老峰から
ハーデスの封印を監視する任につき、シオンは新教皇となり聖域の再建に務める。

そしてアルデバランの弟子の聖闘士候補・テネオが真っ先に聖域へと駆け付ける。


童虎の持つ百八の数珠はアイアコスとチェシャの分空いている。
童虎の掴んでいるところが見えないのでこれで全部とは限らんが……
それは見逃しても別にいいのか。


パンドラさまはハーデス城に双子神が封印された箱を残し、
チェシャと共に何処かへと去る。
箱を残したのも開けたのも、共にパンドラというわけだ。


耶人とユズリハは生存。

ロストキャンバスが崩壊した時に
テンマとサーシャの小宇宙に守られ、一命を取り留め、
アトラのテレポートでジャミールまで飛ばされた。

メインキャラにしては死亡シーンがおざなりだと思ったが、生きていたからか……

まぁアローンを倒した後でハーデスが降臨し、
弱い聖闘士が皆殺しにされるのは十分予想できた事態でしたからね。
この時代のアテナさまは本当良くできた上司やで。

他の聖闘士も散り散りになって生きている可能性が。

二人とも、小宇宙もサイコキネシスも失い、ただの人間になった。

生き残った後は、ただの人間として生を全うすることがアテナの真意らしい。
だから聖域とも連絡を取らず、後世には死亡扱いで伝わっているわけか。


五老峰から天馬星座を見上げる童虎。

聖闘士の志は新しい世代へと受け継がれる……


完結お疲れ様でした。大変面白かったです!

絵も綺麗だったし、ストーリーも面白かった。
聖闘士も冥闘士も、魅力的なキャラが多く、
特に黄金聖闘士や三巨頭を初めとする上級冥闘士は
それぞれ異なる美学や哲学、戦う理由を持ち
それらのキャラが戦いの中で命や信念をぶつけ合う様が大変良かったです。

しかしこの冥王神話、元々車田先生が自身で漫画も描いていたのだが、
そちらは早い段階で休載になり、
代わりのような形でLC冥王神話が始まったのよね。
休載しようとしまいと、元からこれはやるつもりだったのか……
そうでないとしたら、車田先生が休載したお陰で
手代木先生にチャンスが回り、名作が生まれたわけで……
車田先生には原作に加え、休載してくれたことにも感謝せねばなるまいw


そして冥王神話と言えば、やはり第一に挙げられるのが、
無印で不遇だった黄金の救済。

特に蟹座の大躍進は凄かった。

積尸気が対冥王軍用の技という位置づけになり、
蟹座に連なる師弟が双子神を封印するという大快挙。

魚座は三巨頭ミーノスを相討ちで斃し、
牡牛座は三巨頭と同等の輝火を倒すところまで行っている。

他の黄金もそれぞれ魅力的なキャラに仕上がっており、
冥王神話の黄金聖闘士の中には誰一人として外れがいない。

ハーデス陣営は、オリジナル冥闘士である輝火、バイオレート、杳馬辺りは良いキャラで、
アイアコス、ミーノス、ラダマンティスも
やや無個性だった無印と違い、それぞれの戦いに対する美学を持つキャラになっていた。
無印で唯一活躍した冥闘士だったラダマンティスは、
ハーデスに忠誠を尽くすという冥闘士の存在意義を突き詰めたキャラとなっており、
冥王神話では更なる大暴れを見せつけてくれた。

この時代のハーデスはアローンとハーデスの二つの意志が混在しており、
それが冥王軍の内部分裂を招くという、予想のつかぬ展開を生み出してくれた。

そして、最初は普通の悪女、後半からは冥王神話一のネタキャラとなったパンドラさま。
彼女が普通に生き残ったのがある意味最もありえんと思った展開でした。


5月から聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 外伝、連載開始!
黄金聖闘士メインの番外編らしい。

黄金はキャラとしては大変魅力的だが、
話の展開上、かなりの駆け足で散って行った感もあるので、
過去の話とはいえ更なる活躍を見られるのはうれしい。

黄金それぞれをメインに据えた短編集って感じになるのかな?
冥王神話版エピソードGみたいな大きな戦いも期待してしまいますが。

エピGと言えば、クロノスやティターン十二神と
杳馬(カイロス)との絡みも淡く期待してみたりして。

番外編がある以上、実質的にはまだ完結していないと言えるわけで、
未回収の伏線
木星の守り人は何者だったのか
にも答えが出されることを期待していますw
まぁそれに関しては単行本の加筆にも期待しておきますがね。
金剛番長でも、連載時は王狼番長をスルーしたまま終わったのに単行本ではきっちり補完されてましたし。



面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 漫画ブログへ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2018-d0b20d78