FC2ブログ

遊戯王5D`s TURN-154「光り差す未来へ」

最終回・後編


龍可

ここでいったん時間は未来へ飛ぶ。
すっかり成長した龍亞と龍可が。

クロウのチームは世界チャンピオンになった。
あんまり変わってないクロウ。

ジャック
「貴様が束になろうと、俺に土をつけることはできん」

ジャックも全く変わっていない。


アキ

アキさんは医者になりました。


マッハ・シンクロン

シンクロ素材となった時、
マッハ・シンクロン以外のシンクロ素材を手札に戻す。

アクセルシンクロでシューティング・スター・ドラゴンを召喚。

最低でも三枚はチューナーをドローすんのな……


スカーレット・コクーン

スカーレッド・ノヴァ・ドラゴンの装備カードとなり、
バトルする時、相手モンスターの効果を無効にする。
このカードが破壊された時で、
エンドフェイズにレッド・デーモンズ・ドラゴンを特殊召喚。


ラリー

超久々にラリーたちにまともな出番がww
芸人が声優だった左の二人に台詞などはない。


ハイ・アンド・ロー

カードをデッキから一枚墓地に送り、
そのカードがモンスターだった場合、その攻撃力を場のモンスターに加える。
この効果は三回まで繰り返すことが出来るが、
対象モンスターの攻撃力が
相手モンスターより高くなった場合、そのモンスターは破壊される。

三度目の効果を使う遊星。
攻撃力が800より高いモンスターを引けば自滅。

ここで800ぴったりのボルト・ヘッジホッグを引くとか……
本当、運任せの勝敗って白けるよねー。

ジャンク・シンクロンを召喚。
過労死スピード・ウォリアーを特殊召喚。
墓地のボルト・ヘッジホッグを召喚。
ロードランナーを含め、遊星がずっと使ってきたカードたち。


「遊星のデュエルをずっと支えてきた仲間たちだ!!」


ジャンク

ソニック・ウォリアー
「え、自分、場違いすか?」



ジャンク・ウォリアーをシンクロ召喚!

ソニック・ウォリアーがシンクロ素材となった時、
フィールドのレベル2以下のモンスターの攻撃力を400ポイントアップする。

ジャンク・ウォリアーのシンクロ召喚に成功した時、
レベル2以下のモンスターの攻撃力をジャンク・ウォリアーに加える。

パワー・オブ・フェロー!!

フィールドの400以下のモンスターの攻撃力を

攻撃力5500!!

「俺は、この街に残る!!」


ジャンク2

スクラップフィストォ!!



クロウはプロリーグへ。
アキは医者に。龍亞龍可は両親の下へ戻る。

女にモテモテなジャック。

ジャック
「俺は世界のトップを取る!女など邪魔だ!!」
「今度戻ってくる時は世界の覇者になった時だ!達者でな!!」



ステファニー
「待つのは影の薄い女の役目ですー!」


影が薄いこと自覚してたのかw

遊星とアキのお別れ。
そして最後は牛尾さんw


デュエルはジャンク・ウォリアーに始まり
ジャンク・ウォリアーに終わる。
物語は牛尾さんに始まり牛尾さんに終わる。


遊星
「絆は絆さ。それに揺るぎは無い。
俺たちがこれから進んでいく未来は、
絆だけでどうにかなるものじゃない。
自分の人生は、自分で責任を持って
生きて行かなきゃいけない。それが今なんだ」

「あいつらが戻ってきた時、俺たちの故郷は、
チーム5D`sが救った街は、こんなに素晴らしい場所だったんだって、
そう誇れるネオドミノシティにしていくのが、俺の役目さ」



Dホイールやボードに乗り街を離れていく仲間たち。
そこに赤き龍登場。シグナーの痣が離れていく。
もう御役御免ということか。


遊星

遊星
「ここから先は俺たちが創り出す未来、走り続けようぜ!
人生と言う名の、ライディング・デュエルを!!
ライディング・デュエル、アクセラレーション!!!」


良い最終回でした!

まさか最後ジャンク・ウォリアーで〆るとは。
元からある効果を生かしての勝利というのも良い。


新しいブログを開設した時とほぼ同時期に放送開始し、
いくらか抜けているところはあるものの、
ずっとレビューしてきた遊戯王5D`sも遂に完結しました。
その間色んなアニメが始まっては終わってきたが、
それでも遊戯王だけはずっと続いていたわけで、
ここのブログは5D`sと共に歩んできたと言っても過言ではないかも。
特に近年は、あまりメジャーなアニメを見なかったこともあり、
すっかりメインコンテンツになっていた感もあります。

全体を通して見れば、やはりこのスタッフの力量は非凡と言わざるを得ない。
まず遊戯王とは言えば何は無くともデュエルですが、
あからさまに運任せとしか思えない状況は多々あるものの、
デュエルの要所で、話のテーマと符合させて盛り上げていく展開はやはり上手い。

後はGXの、主人公ばかりがデュエルするというのも幾分か改善されていたのも嬉しい。

そして今更言うまでもないことかもしれないが、
凡百の作品ではまず見られない、独特のセンスに突き抜けた展開、
これこそが遊戯王アニメ最大の見どころだと私は思う。
誰に真似は出来ないと言えば言い過ぎだが、
この独特の作風は遊戯王アニメを一つのブランド足らしめている一番の要因だと思われる。

デュエルやよく練られたストーリーも、遊戯王アニメの備える長所であるが、
やはり我々が真に求めている物とは、遊戯王アニメらしい何か、
言い換えれば「遊戯王以外ではまず見られない何か」だと思うのよ。

よって次回作のゼアルにも、そういう点を大いに期待したいと思います。


とはいえこの5D`sって立ち上がりは結構地味な展開が続いたんだよね。

というわけで、最後に管理人視点で遊戯王5D`sの歴史を振り返り、
本作品の感想の幕とします。


序章~フォーチュンカップ編

最初の敵として牛尾さんが登場したのを皮切りに、
最初の頃はひたすらに男ばっかの話が続く。
数少ない女性キャラは狭霧さんだけ。
その後も遊星が収容所にぶち込まれるなど、
意図として女人禁制にしているかのような展開が続く。
レギュラーであるアキや龍亞龍可の登場には、かなり長い時間をかけることになる。
この点でかなり斬新な構成と言えよう。


ダークシグナー編

地縛神にダークシグナー、
後に復活するとはいえ次々に人が死ぬハードな展開と
5D`sの前半の山場である大作シナリオであるが、
何だかんだでこのシリーズの話題を掻っ攫ったのは
鬼柳京介とチームサティスファクションであろう。
チームサティスファクションは、一般的には
遊戯王5D`s=満足同盟と言っても
過言ではないほどの強烈な印象を内外に与えた。

これまではバイクにセキュリティ、市民の格差など
5D`sならでは設定を活かした展開が続いていたが、
この辺りから闇のデュエルなどが登場し、
より従来の遊戯王アニメらしくなってきたと思う。


新章突入~クラッシュタウン編

ジャックがニートになっていた。

アキ、龍亞、龍可のアカデミアに通う展開もあったが、そこはほとんど掘り下げられなかった。
そして結局スライのスターダスト・ドラゴン盗難フラグはスルーされた。

ここは本当に日本かというような、満足さん再登場のクラッシュタウン編を経て、
話はWRGPとその裏で蠢くイリアステルの陰謀に移っていく。


イリアステル編

遊戯王5D`s最終章。
ライディングデュエルの世界大会であるWRGPに挑む遊星たち。
その裏で進行する、破滅の未来を防ぐためのイリアステルの計画。
ブルーノ、三皇帝、ZONEの伏線をばら撒きつつ、
最終局面において次々に謎が明かされる、中々盛り上がる構成になっている。

そしてスタッフの笑いのセンスも三皇帝、
プラシドやホセの合体にて頂点を迎える。

そして遊星とジャックのデュエルを経て、
チーム5D`sがそれぞれの未来へ進んでいくところで、遊戯王5D`sは完結する。


スタッフの皆様、長い間お疲れ様でした。



面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


評価企画参加へのお誘い

始めまして花月(かづき)と言います。
実は深・藍三郎さんも以前参加した事のある
アニメ評価企画が今回も開催されたので宣伝しに来ました。
是非とも名作「5D's」の評価をしてみませんか?
価値観は人それぞれなので5D'sに満足できなかった人もいるのも事実ですけど
それでも僕自身の個人的感想、
ブログ検索した限り多くのブロガーさんが満足したのも事実、
マギカ共々、今期の名作と言って良いと思います。
参加してくれると嬉しいです。

Re: 評価企画参加へのお誘い

> 始めまして花月(かづき)と言います。
> 実は深・藍三郎さんも以前参加した事のある
> アニメ評価企画が今回も開催されたので宣伝しに来ました。
> 是非とも名作「5D's」の評価をしてみませんか?
> 価値観は人それぞれなので5D'sに満足できなかった人もいるのも事実ですけど
> それでも僕自身の個人的感想、
> ブログ検索した限り多くのブロガーさんが満足したのも事実、
> マギカ共々、今期の名作と言って良いと思います。
> 参加してくれると嬉しいです。

始めまして~
URLが無いですが、心当たりは一つしかない。
ピッコロさんとこでいいんでしたっけ?
まぁ一応今期(今となっては前期ですが)も参加しますよ。
数えてみたら結構見てるの多いな……

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/2007-9a3a545f

遊戯王5D's 最終回「ぶつかり合う魂!/光り差す未来へ」

明日への道。 最高の…最高の最終回だった。 遊戯王5D's SOUND DUEL 03(2011/02/16)TVサントラ商品詳細を見る

遊☆戯☆王5D’s 第153話「ぶつかり合う魂!」+第154話「光り差す未来へ」(最終回)

遊戯王5D's SOUND DUEL 03(2011/02/16)TVサントラ商品詳細を見る  チーム5D’Sはそれぞれの未来に突き進んでいきました。途中で数年後の世界に飛んだのには驚きです。ルカは美人なお姉さんに、ルアは立派...