FC2ブログ

ハートキャッチプリキュア! 第49話「みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!!」

最終回。


前振りなしでオープニング。

惑星城よりでかい巨大女神wwww

でかいでかいとは思っていたがここまでとは!!

浄化の束縛から脱したデューン。

デューン
「僕の憎しみは消えないよ。
憎しみは増殖し、総てを破壊し、奪い尽くすまで消えることは無い。
君たちの愛など、僕の憎しみの前にはゴミだと教えてやろう!」


いきなり憎しみとか言われても……あんたの事情などしらんよ
自分だけを基準にして話し出す辺り、同じ声のアサキムやシキに似ています。


惑星城崩壊!!

円環を持つ小さな砂の惑星となる。

砂の惑星から起き上がる超巨大デューン。

地球にパンチするデューン!!

宇宙から見れば、軽く半島の一つや二つプチっと潰せそうなんだが、
日本の地上の人々から見ればそんなに大きくないね。
明らかに日本列島よりでかいだろう……

これだけやっても地球には一人の死者も出てないんですかね。
だとすれば、あの人間を閉じ込めたクリスタルの耐久度ってすごいな。
無敵のシェルターじゃないか。


えりか
「笑っちゃうよね。たった14歳の美少女がデューンと戦うなんて」

「ちょっくら地球を守って来よう」


まさに英雄にしか言えない台詞だ……


いつき
「ゆりさんは17歳だよ」


どうせ私はロートルだよ……というつぶやきが聞こえてきそうな。

「人間の可能性が、今、花開くわ!」

「宇宙に割く大輪の花!!」

「無限の力と無限の愛を持つ、
星の瞳のプリキュア!

ハートキャッチプリキュア! 無限シルエット!!」



プリキュアと妖精たちが融合!!

巨大プリキュア降臨!!!

デューンのパンチをノーガードで防御!!


「喰らえ、この愛!」

「プリキュア! 拳パーンチ!!」



ぐわーこれが最後の決め手か!!
女神パンチと今までの「○○○パンチ」シリーズを絡めて
集大成ともいうべき技に仕立てるとは……
愛なのに喰らえ!かよ! もう最高すぎます!!



そして地球は元通りになった……

つぼみの妹の名前はふたば

明堂院流道場にしれっといるクモさん……ならぬ熊本さん

クモジャキーとコブラージャの素体となった人間も目覚めていた。

さつきは組手が出来るほど元気になり、
いつきは女の格好をするようになった。


えりか
「私たちはすごいことをしてしまった!」
「世界が輝いているのも私たちのおかげ!!」
「たった14歳の美少女が地球を救ってしまった!」


つぼみ「わたしもう聞き飽きて、堪忍袋の緒が切れそうです」

えりかの表情がいいです。最後の最後でもやるとはw
あのでかいのは無限プリキュアと言うらしい。

「我々はすごいことをしてしまった!」

つぼみはおろかいつきまでやってたとはw

えりか「無限の力だよ!無限の愛だよ!!
地球を救っちゃったんだよ!!」



神出鬼没のゆりさんw
最後まで突然現れて説教するのねw

スタッフももはやこれがゆりさんの個性でありネタだと思っているに違いない。


コフレ「人生は風の中、振り向くな、振り向くなでしゅ」

えりか「人生とは、何ともはや奥が深いっしゅ」

地球を救ってもそれが人生の頂点ではない。
これから先はそれぞれの夢を追うそれぞれの人生が始まる。
90分前のバトスピに対するアンサーな気がしますw


つぼみの夢は宇宙に行って、草も花も無い宇宙に少しでも花を咲かせること。

最後の拳パンチでデューンの心が芽生える。

結局デューンの憎しみの源は何なのか明かされなかったな
推察になるが、花の咲かない星に生まれたことに絶望し、
他の緑にあふれる星を砂漠化するようになったとか。
あるいは、砂漠の星そのものがデューンだったとか。
名前の元ネタである、砂漠の星デューンとも一致するし。


とりあえず……

最後の最後でギャグに走るなんて!!!

でもカーレンジャーの腐った芋羊羹と同じく、
今までの設定と絡めた素晴らしいラストだったと思います。

今やただ使い古された奇跡や説教を繰り返すだけでは退屈の極みでしかない。
そこに、誰もやらなかったようなアイディアを
加えることで初めて視聴に耐えうるものとなる。


ハートキャッチプリキュア! 総評。

初めて最初から最後まで見たプリキュアシリーズとなりました。

まぁ、身近な人々のお悩み相談という筋書き自体は退屈だったものの、
個性のあるレギュラー陣の軽妙なトークに豊かな表情、
そして迫力あるバトルシーンがそれを補っていた。

ダークプリキュアやデザートデビル、
各敵キャラとの最終決戦のような、バトルを中心とした話は実に面白かった。
プリキュア自体、ウルトラマンや戦隊と同じく
戦いを宿命づけられた戦士としての側面が強調されている感があったし。

とりあえずレギュラー陣が大体みんな好みだったのが良かったです。

中でも月影ゆりの存在は大きいですね。
彼女がいなければここまで楽しんで観ることは無かったと思います。
眼鏡にロングヘアー、同性の親友にライバルがいて、
沈着冷静な歴戦の戦士で、生身でも高い戦闘能力を持ち、変身すればまさに凶悪無比。
そして何より高校生というのが重要だった。

しかし作品全体で見れば、中核をなしていたのは間違いなく来海えりかだったと思います。
このキャラを創ったスタッフは本当にすごい。
つぼみやいつき、ゆりやお婆ちゃん、三幹部が、
良キャラではあってもやはりどこかで見たことのある
キャラから抜け出せないのに対し、えりかのキャラはえりか独自のもの。
毎週コロコロ表情が変わり、いちいち笑わせてくれる、最高のコメディエンヌだったかと。
声も今思えばベストキャスティングでしたな。
他がわりと聞き慣れた面子だったので新鮮だったし。間違いなく声優さんを代表する役になるだろう。


咲同様、Pixivで大いに楽しめた作品です。
毎週ネタ絵が投稿され、基本的には真面目で物足りなくなることもある
本編の内容を補ってあまりある面白さでした。


ネタと言えば、やはり巨大女神でしょう。あのインパクトは凄まじかった。
近年の日朝でも、最大級の笑撃でしたよ。
管理人は巨大女神が大好きなので、プリキュア自身も巨大化するラストは本当に良かった。

他にも、史上初の高校生プリキュア、ムーンライトが登場したと思ったら、
史上最年長、キュアフラワー
史上最年少、ダークプリキュア
史上最大、無限プリキュア
が登場してお株を奪われたり。


これが意図したことかはわかりませんが、
視聴者を驚かせる仕掛けを用意していたことは好感が持てます。

一年間お疲れ様でした。
百合と闘争と笑いをありがとう!



スイートプリキュア

予告を見て思ったことは、顔が濃いおっさんが多いということです。
ハトプリであれだけやった後なので、
次はどんな無茶をやってくれるのか期待してしまうのですが……



面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


今更ながらデューンの普段の笑顔ってめだかボックスの球磨川に似ているのに気付いた。笑顔の下は憎しみでドス黒かったわけか。

砂漠の使徒って地球を砂漠化させて何が目的なのかと思っていましたが、最終回のデューン見ている限り目的なんか最初から無かったのかもしれませんね。デューンの憎しみのはけ口にされた星が結果的に砂漠化するだけ。今回はたまたま地球が対象だったと。そして彼以外の砂漠の使徒はそのためのただの道具。クモジャキー達が基本的に自分達の興味から外れたことに無関心だったのも「なんで自分達がこんなことをしているのか?」という疑問さえもたねばそれで良かった。(現に「何で自分は生まれたのか?」という疑問をもったサラマンダーはすぐに追放された)。

>あるいは、砂漠の星そのものがデューンだったとか。
名前の元ネタである、砂漠の星デューンとも一致するし。
だとするとプリキュアと砂漠の使徒の戦いが300年続いたのかも分かる気がします。なんでデューンが50年前まで自分で手を下さなかったのか?たぶん時間感覚の違い。前に長谷川裕一先生の「マップス」に出てきた伝承族(惑星サイズの生首の怪物)は星と同じ数十億年という寿命をもっており、そのため時間感覚が人間とかなり違う設定だったのですが、デューンもそれに近かったのかもしれません。彼から見たらほんのわずかな期間手下を送っていたものの、飽きたから自分で襲ったのが50年前キュアフラワーの時代だった、と。

無限シルエット。愛を喰らえなんていう人、生まれて初めて見ました。人類の歴史から見ても前代未聞の台詞なのではないでしょうか。確かに最強ですよねあのプリキュア。ええ、物理的に。何か今年とことん物量でおしていた気が。あれなら暴走皇帝エグゾスでも真っ向勝負できそうです。
次作は声の関係上やたらネタが多く、何故か「リベンジ」という単語がネットで乱舞しているみたいですが無事バトンを渡せたようで何より・・・・・・・バトンか・・・・縁起悪い(え)。

Re: タイトルなし

> 今更ながらデューンの普段の笑顔ってめだかボックスの球磨川に似ているのに気付いた。笑顔の下は憎しみでドス黒かったわけか。

確かに……そういや彼も最近とみに化けの皮がはがれてきてますな。


> 砂漠の使徒って地球を砂漠化させて何が目的なのかと思っていましたが、最終回のデューン見ている限り目的なんか最初から無かったのかもしれませんね。デューンの憎しみのはけ口にされた星が結果的に砂漠化するだけ。今回はたまたま地球が対象だったと。そして彼以外の砂漠の使徒はそのためのただの道具。クモジャキー達が基本的に自分達の興味から外れたことに無関心だったのも「なんで自分達がこんなことをしているのか?」という疑問さえもたねばそれで良かった。(現に「何で自分は生まれたのか?」という疑問をもったサラマンダーはすぐに追放された)。

あー後の祭りとはいえ映画見たくなってきたw


> 無限シルエット。愛を喰らえなんていう人、生まれて初めて見ました。人類の歴史から見ても前代未聞の台詞なのではないでしょうか。確かに最強ですよねあのプリキュア。ええ、物理的に。何か今年とことん物量でおしていた気が。あれなら暴走皇帝エグゾスでも真っ向勝負できそうです。

サンシャインのホーミングレーザー→巨大女神パンチ→無限プリキュア・拳パンチ
こういう視聴者の予想斜め上を行く新しい試みはどんどんやってほしいですね。


> 次作は声の関係上やたらネタが多く、何故か「リベンジ」という単語がネットで乱舞しているみたいですが無事バトンを渡せたようで何より・・・・・・・バトンか・・・・縁起悪い(え)。

Pixivでもそういうのよく見かけますな。筆頭はナージャと響鬼。
とりあえずあの赤ひげのおっさんが一番気になります。

はじめまして

どうも、こんばんわ。初コメでよろしくです。

いやぁスイートプリキュアが始まったのにコメは遅い気もしますけど初コメはハトプリにしたかったんですよ。自分もこのハートキャッチプリキュアがはじめてのプリキュア鑑賞のシリーズでした。ここからPixivで色んなハトプリ絵が観れて楽しかったので感謝の意も込めてといいますか。

>しかし作品全体で見れば、中核をなしていたのは間違いなく来海えりかだったと思います。

確かにいい意味でも悪い意味でもでしたねw4人の関係はえりかが中心にまとまっていたと言って間違いないかと。プリキュアとしては意味は違うけど同じく家族に負い目(コンプレックス?)があったいつきと一緒に二人の協力な個性で脇をガチっと固めてた感じでした。

>中でも月影ゆりの存在は大きいですね。

藍三郎さんがおっしゃる通りスペックの高さ、ダークとの関係はもちろんですが、僕的にはウルトラマンレオのダン(セブン)レオ(ゲン)師弟関係を彷彿とさせたつぼみ(ブロッサム)との新旧プリキュア関係が大満足でした。最初から通じてラスト3話の会話シーンは最高だったんですよね~。変身能力失って復活する展開は馬越絵で女戦士だからなおさら胸に来るものがありました。

年齢最高最低プリキュアや藍三郎さんがコードブレイカ―ネタで評した巨大女神(映画の女神さまも期待以上かと思いますよw)も出して一つの頂点を迎えたハートキャッチプリキュアを観れたのは良かったですが、果たしてこれを超えるプリキュアもとい魔法少女アニメは現れるのか・・・(夢と希望を与える意味でw)

初コメで長文申し訳なかったですがこれからよろしくお願いします。(^.^)

Re: はじめまして

> どうも、こんばんわ。初コメでよろしくです。

こんばんは、初めまして。


> いやぁスイートプリキュアが始まったのにコメは遅い気もしますけど初コメはハトプリにしたかったんですよ。自分もこのハートキャッチプリキュアがはじめてのプリキュア鑑賞のシリーズでした。ここからPixivで色んなハトプリ絵が観れて楽しかったので感謝の意も込めてといいますか。

ども~~全然遅いことは無いですよ?

ブックマークを表示しておいた意味があるというものです。
Pixivの皆さんのセンスには驚かされるばかりです。


> 確かにいい意味でも悪い意味でもでしたねw4人の関係はえりかが中心にまとまっていたと言って間違いないかと。プリキュアとしては意味は違うけど同じく家族に負い目(コンプレックス?)があったいつきと一緒に二人の協力な個性で脇をガチっと固めてた感じでした。

毎回予想外のリアクションで楽しませてくれましたわ。あの作画にマッチしたキャラだったかと。


> 藍三郎さんがおっしゃる通りスペックの高さ、ダークとの関係はもちろんですが、僕的にはウルトラマンレオのダン(セブン)レオ(ゲン)師弟関係を彷彿とさせたつぼみ(ブロッサム)との新旧プリキュア関係が大満足でした。最初から通じてラスト3話の会話シーンは最高だったんですよね~。変身能力失って復活する展開は馬越絵で女戦士だからなおさら胸に来るものがありました。

レオとセブンをネタにしたイラストはPixivでもありましたな。
そういう所も含めて、プリキュアは男子が見ても何ら問題ない特撮ヒーロー寄りな気がするな。


> 年齢最高最低プリキュアや藍三郎さんがコードブレイカ―ネタで評した巨大女神(映画の女神さまも期待以上かと思いますよw)も出して一つの頂点を迎えたハートキャッチプリキュアを観れたのは良かったですが、果たしてこれを超えるプリキュアもとい魔法少女アニメは現れるのか・・・(夢と希望を与える意味でw)

コードブレイカーは……ああ、デューン様が捜シ者っぽいと思ったんだっけ。

夢や希望を与えない魔法少女で傑作になりそうなのは知ってるんですけどねw


> 初コメで長文申し訳なかったですがこれからよろしくお願いします。(^.^)

いえいえ~こちらこそどうぞよろしく。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/1938-13210a47

ハートキャッチプリキュア! 49話(最終話)「みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!!」 (感想)

ハートキャッチプリキュア完全にやりきった最終回でした。 まさに大団円!とても綺麗な完結でした!! もう心にグっと来ましたよ!! 合体・巨大ビーム・力をあわせたパンチなど バトルものの集大成的...

ハートキャッチプリキュア! 第49話 「みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!!」

ハートキャッチオーケストラの巨大鉄拳すら耐えたデューン! それほどの憎しみの力とは…。 惑星サイズに巨大化したデューンに、プリキュアも最強形態に!!  ▼ ハートキャッチプリキュア! 第49話 「みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!!」  宇宙

ハートキャッチプリキュア! 第49話「みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!!」(最終回)

ハートキャッチプリキュア!ボーカルベスト(2011/02/16)TVサントラ商品詳細を見る  やはりハートキャッチオーケストラは通用せず。デューンは巨大化してしまいました。もっと禍々しい姿になるかと思いました...

ハートキャッチプリキュア! 第49話「みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!!」

戦いはまだ終わってませんでした(笑)

ハートキャッチプリキュア! 第49話「みんな...

ハートキャッチプリキュア!の最終話を見ました。第49話 みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!!「「「「鏡よ鏡、プリキュアに力を!!ハートキャッチプリキュア・スーパーシル...

ハートキャッチ プリキュア! 第49話「みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!!」(最終回)

最終回は一大スぺクタルスペースロマン!! ハートキャッチミラージュの攻撃はやっぱりハネ返したか。 宇宙へ活路を求めるデューンは定番の巨大化! しかしプリキュアも合体!! これにはびっくり!!!...

【ハートキャッチプリキュア】 最終話 ~みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!!~

巨大化した”キュアブロッサム”の”こぶしパンチ~!”が炸裂一発でデューンを極小化⇒浄化しました。 このあたりはこのプリキュアシリーズを思いだしました。 デューンの変身後の姿はgogoの時の館長のよう...

ハートキャッチプリキュア! 最終話

みんなの力を一つに!

ハートキャッチプリキュア! 第49話(最終回)「みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!!」

みんなの強い心に感動~。゚(。ノωヽ。)゚。 ホントにいい子! 「ハートキャッチオーケストラがきかないですぅ!」 さすがボスキャラ! デューンと最終決戦! 「ボクの憎しみは消えないよ… 憎しみは増殖...