劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

ラストは○○○○○(カナ五文字)

以下ネタバレ


戦闘シーンの映像は目が追いつかない程動いていて凄かったです。
音もガンガン鳴りっぱなしだった。

ただ、話の内容は
「オーソドックスなハリウッド映画」って感じでした。
地球に異星体の破片が落ちてきてパニックになり、
最後にはそれが巨大化した敵と戦う……
こういう筋書きの話を幾つか見た覚えがあります。
インディペンデンスデイで例えるならば、刹那の役回りは、
ラストで敵円盤に突っ込んで行くおっさんでしょうか。むしろそれはグラハムさんか。

本作の内容を一言で表せば、モビルスーツVS異星体

スーパーロボット大戦シリーズでは腐るほど繰り広げられてきた戦いです。

キャンベル星人、ボアザン星人、バーム星人、ザール星間帝国、ベガ星連合軍、
暗黒ホラー軍団、グラドス軍、ポセイダル軍、ギシン星人、ガイゾック、機械化帝国、
宇宙海賊バンカー、宇宙犯罪組織ギャンドラー、ゼントラーディ、メルトランディ、
プロトデビルン、ゾンダリアン、機界原種、ソール十一遊星種、
ガルファ帝国、フェストゥム、ガルラ大帝国、宇宙怪獣、バッフ・クラン、
ムゲ・ゾルバドス帝国、ディラド、エルダー軍、アルデバロン軍、
ゼラバイア、ゾヴォーグ、ゼ・バルマリィ帝国……

これまでも、先輩ガンダムたちも懲りもせず地球を狙う数多の宇宙人と戦ってきたのです
地球に来なかったり宇宙人じゃないものもいるかもしれないが気にするな。
というわけで私はガンダムと異星人という組み合わせにさして違和感を覚えないのでした。

まさに地球は侵略者どものパラダイス
イオリアが宇宙人との接触を予見したのも無理からぬことです。

アレハンドロとアルヴァアロンが復活していて何事かと思ったww
何かもろアクシズみたいなのが戦場になっていて、
ガンダムパイロットも別人になっていて、もしや二代目か?と思ったら、
これ、劇中内の劇場版ガンダム00でした。
マイスターの一人が女になっているのはテコ入れですか。
眼鏡が地味すぎてこれは駄目だろと思った。
何か劇場版装甲悪鬼村正を思い出したぞ、あれほど酷くはないですがw

顔が私の好きなアーバ・リントさんにそっくりで、
ちょっぴり期待していたデカルト・シャーマン
声が俳優だったそうですがそれは特に気にならなかった。

純粋種のイノベイターだそうだが、エルスとの戦いで奮闘虚しく取り込まれてしまう。
その後、エルスの手先として出てくるのかと思っていたが、出番無いまま終了。
結局、彼のイノベイターの力は、「エルスの囮として作戦に使われる」以上の役割は無かったってことですか。
でもまぁ、劇場版の新キャラが大した活躍もせぬまま消えるのは
仮面ライダーの劇場版で慣れている
ので、それもありかなと。

カタギリの恋人(?)として、ネーナそっくりのミーナ・カーマインが登場。
まさか実は生きていて同一人物かと思ったが、そばかすがないし、結局別人でした。

人類を救うためなら非人道的行為も辞さない
眼鏡かけた角刈りのおっさんが何か格好良かった。

エルスに寄生されてた女子高生がやたらかわいい。
家に帰る前に分かれたもう一人の女子高生もかわいい。

生身ハレルヤのスーパーアクションw
何をやっているのか解らなくなるMS戦よりこっちの方がすげぇと思ったり。

ティエリアの身体は端末なので、幾らでも犠牲にできる!
ラファエルガンダムにもありました、バックパックが分離・変形・ガンダム化。
ただ、ギミックはセラヴィーと同じなのでインパクトは薄い。お約束の履行というべきか。

「乱れ撃つぜ!!」
何かロックオン機はハロが二つに増えていました。

アンドレイとグラハムさんが死にました。

あれだけ大規模な戦闘やっているので、死ぬ時は死ぬ。当たり前のことです。
誰にでも死ぬ可能性はあり、それがたまたま彼らだった、というだけの話なのでしょう。
復活した様子が全く無いのは潔い。

コーラサワーは、ちゃっかり生き残っていたようなので彼の幸運は継続中らしい。

グラハムさんはすっかりまともになっていて、
あまりツッコミどころがありませんでした。ショボン。

最後は、刹那が対話した後、異星体が巨大な花になって終了。
初見では意味不明だったんですが、
言葉の通じない異星体に「花」で協調を訴えたということでいいのかな?

ラストは、中年の頃のイオリアとリボンズに声も外見も似た男との会話の後、
未来で老婆になり、目が不自由になったマリナの下に、
金属生命体になった刹那が尋ねてきて終了。

このエンディングは……ヘルシングですね。

この二人は、アーカードとインテグラのように、
男女の性差を越えた関係ということでいいのかな。

二人は人類全体の平和を願う同胞で、
全てを愛するが故に特定の誰も愛さない。
そういう人間離れした人は好きですよw

マリナは美形のおばあちゃんになってました。
何かこの時初めてマリナに好感を持ったよ。お年寄りは正義


この映画は「これが00の最終回」という情報にこそ意味がある。
作品を評価するには、終わりまで見なければ話にならない。
評価は当然人それぞれですが、これまでは未完成だった00という作品が、
ようやく評価可能な領域に上がってきた、そのことに意味があると思う。
これで安心して、スーパーロボット大戦にも参戦できますね。

私個人としては作品の是非など論じるだけ無駄だと思っており、
どうあっても、受け取り手は製作側が決定したことは受け容れるしかない。
それを私はTV版の00で十分学びましたので。
ああ、これは「ガンダムはこうあるべき」とか言っている人々への皮肉ですよ?
私は「ガンダム」という固定イメージに格別執着する人間の気持ちが分からない。
むしろかなり変わってると思う。

ひとまず私は、代金分は満足したので全然OKです。
というかここまで時間が流れると、キャラへの思い入れとかも薄まっているので、
どうなっても面白ければそれでいい、そんな気分ですね。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ


スポンサーサイト

コメント


この作品からついに『ガンダムに宇宙人はアリ』という定義が出来てしまったわけですが、この先にあるのは・・・

ガンダム→いろんな宇宙人が出るよ→宇宙人のMS(もはやMSかも不明)→1・2・3クール→4クール(宇宙全体の危機)

オチがわからないのがガンダムの良い所なのに。(まぁ結局は脚本次第なんでしょうが・・・)

他のブログだと「こんなのガンダムじゃない!派」と「固定概念乙w派」に分かれていますが、個人的にはその事の方がショックです。

Re: タイトルなし

> この作品からついに『ガンダムに宇宙人はアリ』という定義が出来てしまったわけですが、この先にあるのは・・・

> ガンダム→いろんな宇宙人が出るよ→宇宙人のMS(もはやMSかも不明)→1・2・3クール→4クール(宇宙全体の危機)
>
> オチがわからないのがガンダムの良い所なのに。(まぁ結局は脚本次第なんでしょうが・・・)

ま、Gガンダムであれだけ無茶やって結局普通のガンダムに戻ったのでそこは心配せずとも良いでしょう。
現に最新作のユニコーンは普通のガンダムですし。
そして仰るとおり、宇宙人を有効活用できるシナリオであればよいのです。


> 他のブログだと「こんなのガンダムじゃない!派」と「固定概念乙w派」に分かれていますが、個人的にはその事の方がショックです。

その手の論争も含めて「ガンダム」というカルチャーなのだと受け容れるしかない。
一つ言えることは、製作側が提供したものだけが真実、
どれだけ否定しようがこれは絶対に変わらない。

よって私は「よくやった、今後とももっとかき回してやれ」と製作側にエールを送るのだった。

悪意の有無はともかくエルスのヤバさはリアルよりもスーパーよりのGガンダムのデビルガンダムやファンタジーよりのSDガンダムフォースのジェネラルジオング超えた気がする。やっぱり死者の数がケタ違いなのとスクリーンの迫力故ですかね。
ガンダムシリーズのこういう規格外系の敵って種類はどうあれコミュニケーションとる事自体が困難な相手ばっかりですよね。

Re: タイトルなし

> 悪意の有無はともかくエルスのヤバさはリアルよりもスーパーよりのGガンダムのデビルガンダムやファンタジーよりのSDガンダムフォースのジェネラルジオング超えた気がする。やっぱり死者の数がケタ違いなのとスクリーンの迫力故ですかね。
> ガンダムシリーズのこういう規格外系の敵って種類はどうあれコミュニケーションとる事自体が困難な相手ばっかりですよね。

どんな高性能機や超兵器よりも、どんな悪意や頭脳を持った人間よりも、
単純な物量が何より恐ろしいってことですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/1767-03f70031

【エルス】劇場版 機動戦士ガンダム00(ダブルオー) A wakening of the Trailblazer(感想)

「機動戦士ガンダム00の劇場版本日公開!!」 という事でさっそく見に行ってきました!! 新作内容が上映されるガンダムは「ガンダムF91」以...

『劇場版 機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer』

『劇場版 機動戦士ガンダムOO A wakening of the Trailblazer』

劇場版 機動戦士ガンダム00―AwakeningoftheTrailb...

劇場版 機動戦士ガンダム00―AwakeningoftheTrailblazer―のMOVIX京都での舞台挨拶の回を見てきました。公開初日に売り切れかなと思っていた限定版パンフレットですが、全種類売っていたので...

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- 感想

ダブルオー、遂に完結! 何気に「ガンダムの映画」を劇場で見るの始めてだったりする。 ということで初回上映で観てきました。 初回と言う...

FC2Ad