FC2ブログ

SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors 第24話「小覇王の挑戦」

寿春に最初に辿り着いたのは孫策軍!
まぁ一番近いしな。


真正面から攻めれば兵の半分は失うことになる。
孫策の希望で、一人の犠牲も出さない策を立てる周瑜。
周瑜ヒャクシキってロンゲを後ろで束ねているんですねw

主力を囮にして、裏門から別働隊が攻める。
離撃転殺の計。

兵を失わぬために、孫策が別働隊となる。

袁術との話し合いを提案する孫権だが、孫策は拒否。
世の中には話の通じない悪い奴もいる。


口に赤い布を巻く孫策。

正面には張繍ブリトヴァと賈栩アシュタロンが。
一発で策を見抜いた賈栩は、わざと罠に掛けられたフリをする。


紀霊

裏門には紀霊ハンマハンマと袁術軍の主力が孫策を待ち構えていた。

しかし中々孫策を仕留めきれず、
孫策の挑発に乗って降りてくる紀霊。
全ては裏切り者をおびき出すため。
途中で気付かれても構わない、二段構えの策だったのだ。


孫策

孫策
「父上の無念、今こそ晴らす時!!」


猛虎獣裂破で紀霊を撃破。

孫策
「袁術まで裏切るか、溝鼠!!」


全ては袁術のせいと命乞いする紀霊に三尖刀で止めを刺す。
必殺技じゃなくて、直接刃で止め刺したのって初めてじゃない?

孫策軍を無言で見下ろす袁術さま。何か大物っぽいぞw

紀霊ハンマハンマ退場。ここまで長生きするとは思いませんでした。
キット化して是非袁術と並べたいんですが、無理かなー……



面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


今回の話は、その内容・演出共に「目標は虎牢関」の『改良版』といえる出来でしたね。
もはや三国伝の18番になりつつある「単機で突破口を開く」という演出をそのキャラクターに合わせて上手く工夫していました。

孫策の計画
なぜ単機で出撃したのか?→父の敵を討つため→相手の裏をかいたと思い込んだ紀霊は必ずそこに現れる→これ以上の失態を恐れてたやすく挑発に乗る→1対1に持ち込むことで敵の集中攻撃を事前に回避する

さらには孫策の救援に向かう描写を入れることで敵の要塞の巨大さを地味にアピールするという抜け目の無さ・・・唯一の問題点を挙げるなら虎牢関同様あまり敵の戦力を減らせていないことぐらい。(大規模な戦闘を避けたため敵の兵力はもちろん最大戦力である『呂布隊』まで控えているという)

Re: タイトルなし

> 今回の話は、その内容・演出共に「目標は虎牢関」の『改良版』といえる出来でしたね。
> もはや三国伝の18番になりつつある「単機で突破口を開く」という演出をそのキャラクターに合わせて上手く工夫していました。
> 孫策の計画
> なぜ単機で出撃したのか?→父の敵を討つため→相手の裏をかいたと思い込んだ紀霊は必ずそこに現れる→これ以上の失態を恐れてたやすく挑発に乗る→1対1に持ち込むことで敵の集中攻撃を事前に回避する

一対一のバトルは盛り上がるけど、その状況に持ち込むには割と工夫がいるんですよね。


> さらには孫策の救援に向かう描写を入れることで敵の要塞の巨大さを地味にアピールするという抜け目の無さ・・・唯一の問題点を挙げるなら虎牢関同様あまり敵の戦力を減らせていないことぐらい。(大規模な戦闘を避けたため敵の兵力はもちろん最大戦力である『呂布隊』まで控えているという)

うん、だから来週負けるんでしょうね……

しかし今作の袁術軍の強さとスケールはあらゆる三国志の中でも最強じゃなかろうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/1744-031d14dc