fc2ブログ

戦国BASARA3 まとめ感想 敵武将編

以下ネタバレ


<敵武将>

小早川秀秋

ダークホースその1。ここまで面白い奴だとは思わなかった。
烏城の巨大鍋はインパクト抜群。
戦場で鍋を食べ始めるなど、度胸があるのか臆病なんだか良く分からない。
戦国美食會の一員らしい。
石田三成、大谷吉継、毛利元就の西軍三人衆から虐められ、
天海からも慇懃なようでぞんざいに扱われるのが面白い。
三成からは「憎悪が!永劫に!輪廻する!」と甲羅をしばかれ、毛利には踏んづけられる。
管理人はこの五人のやり取りが大好きです。

福山潤氏はムダヅモのタイゾーもやっているし、
この手の演技も慣れたものだと思うのですが、
ここまで涙声で喋り続けたのは初めてのことだと思う。


天海

あの覆面で顔を隠したつもりでいたことが何よりの驚きだった。
高僧・天海としての白々しい台詞の数々が面白い。

「働け下郎が!とは、言わせないでくださいよ……?」

僧侶らしい慈悲深い台詞から、本性を隠しきれていないものまで様々。
兵士からは「何で坊さんなのに鎌を持っているんだ」と突っ込まれている。

烏城で左の隠し通路を行けば天海と対戦できる。
その場合、本作最短のステージとなる。
隠し通路や関ヶ原、金ヶ崎退き口では快楽殺人者としての本性を剥き出しにする。

織田信長を自らの手で倒すために現世に復活させようとしている。
信長赤ルートのラスボスであるが、天海の側から信長を斃すルートも欲しかった。


最上義光

ある意味期待通りのキャラクター。白鳥哲の声も良く合っている。
敵武将なので基本やられっぱなしだが、
本多忠勝赤ルートでは主役として活躍し、伊達軍を倒すことも出来る。
脇役好きとしては中々痛快だったが、やはり本人を使って勝ちたかったというのが本音。
利家の妻まつを人質に取り、前田を東軍に降伏させており、
東軍が必ずしも善ではないことを象徴している男。
織田信長を尊敬しているらしく、お市や信長本人に対しては敬意を払う。


立花宗茂

ダークホースその2。発売前は大友宗麟のインパクトに隠れて
地味な印象があったんですが、蓋を開けてみれば宗麟以上に個性的で面白いキャラでした。
口には出せぬ「心の声」が面白すぎる。
彼の奥さんは彼以上に雷切の使い方が上手く、宗茂をビビらせている。
是非とも次回作に出演して欲しいものだ。
戸次川思い出編では、ガイドでも「逃げろ」と指示されるぐらい強い。
最初は普通の敵武将と同じぐらいだと思っていただけにかなりビビった。
陣大将を斃して強さを下げていけば勝ち目も出てくる。
主への忠誠心は強く、宗麟の顔を踏まないためにあえて迂回するほど。
その姿には味方の兵士も涙する。
「心洗われる……この人とは戦えねぇっ!」「なんちゅう忠義者!拙者涙が止まりませぬ!」
三成からは仕える主君がいるから幸せだと言われ、
刑部からは死んでいるも同然と言われる。
幸村からは尊敬されているが、政宗は彼の生き方が気に喰わない模様。


大友宗麟

金髪おかっぱで嫌味そうな顔つきとか、杉山紀彰の声とか、
個人的にツボな部分が多いんですが、いかんせん出番が少なすぎる。
「ああザビー様!貴方の面影と思い出号」は宗茂に比べると格段に弱く、
雷切(チェーンソー)の恐怖から逃れて彼の居場所まで辿り着くと一安心できる。
3きっての癒し系ボスである。
仲間武将にも出来、その場合は脱出時に使ったミニ思い出号に乗っている。
次回作があるなら、是非とも大友軍ルートを。
欲を言えば、ミニ思い出号を改造してプレイヤー武将にして欲しい。


北条氏政

風魔小太郎のストーリーは基本彼のストーリーなので、
ある意味プレイヤー武将に限り無く近い敵武将。

前のシリーズと比べると、部下や城の民を大切に思っていたり、
病に倒れた信玄を気付かったりと意外に根は善良なことが分かる。
鶴姫に「北条のおじさま」と呼ばれて喜ぶ可愛い一面も。

小田原を一度攻め落とされたこともあり、豊臣が大嫌い。
秀吉の情けで生き延びたくせに、家康と同盟を組もうとして三成を怒らせる。
三成か刑部で小田原を攻めると、
豊臣を侮辱する発言をして三成の逆鱗に触れる。
「お前らも豊臣と竹中が死んでから落ちぶれる一方じゃろが!
復興に勤しむ儂の方がよっぽど立派じゃわい!」

秀吉の死後、領土の半分を徳川に取られたことを考えると
落ちぶれたというのも的外れではないのだが、
この状況で地雷を踏むのはアホとしか言いようが無い。そこがいいのだがw

当然の結果として凶王の恐ろしさをこれでもかと思い知らされる。喉を潰され、十六分割にされたらしい。

風魔でプレイすると、彼がいるからか三成にも強気な発言をする。
赤ルート最終章では、北条の力を借りた家康に怒る三成に、残骸とは何事かと怒り出す一幕も。

氏政
「あいや待たれよ、徳川殿!」
「この北条氏政にお任せを!」
「行けい風魔ぁ!」
風魔
「………………」


赤ルートは基本的にこの繰り返し。
最終話で風魔が三成を討ち取ると、感動のあまり泣き出す。

青ルートでは鶴姫の予言「北条復興のためには虎の目覚めが必要」に従い、
信玄の病を治すための薬を求めて風魔と共に全国を飛び回る。
その途中大阪城を訪れるのだが(いい度胸してるな……)
刑部には「われに薬とは、最大級の嫌味よな」と言われ、
三成からも北条など滅んでしまえと言われる。
北条は「あやつらはケチンボじゃ!!」と怒って帰る。風魔がいると本当に強気だな、おい。
天海の助言の通り、薬は戸次川で手に入り、大阪夏の陣で無事(?)幸村の手に渡ることとなる。
幸村青ルートの「吹き飛ばしたわ!」は一種の奇跡のようなものなので、
確実に治すにはやはり薬が必要なのでしょう。


猿飛佐助

信玄が病に倒れ、幸村の補佐と武田の副将という
重責を担うことになり、かつてないほど厳しい態度を見せる。
彼本来のものであろう、敵を威圧する為の冷たい言動が格好いいです。


片倉小十郎

鶴姫が先読みの巫女だと知って驚いたり、
島津に敬語使ったりますます常識人っぽくなった気がする。


上杉謙信

隠居している為かどうにも地味な印象は拭えず。
幸村への説教シーンは見物。心に堪える説教の仕方を心得ている。


かすが

隠居した謙信の護衛を務めており、川中島でしか出番が無い。
BGMはいい感じ。極寒の川中島で、あの衣装は寒すぎると思うんだが……腹壊さないんだろうか。


前田利家
まつ


ステージが完全にギャグ。
慶次か市でプレイするとかなり長めの会話が楽しめる。


南部晴政

BASARA3の新キャラにはコードギアスの声優が多いんだが、
南部演じる宝亀克寿氏もその一人だったりする。バトレー・アスブリウス役。

仲間武将にすると、一度だけ死んでも復活させられる便利な能力を持つ。


佐竹義重

「不器用ですから」の下ネタって高倉健だったのね。
彼の戦場は驚くほど捻りの無い、真っ直ぐなステージである。
声がソウルイーターのシド・バレット。


宇都宮広綱

「感じるな!考えろ!」
お供の白虎には皆何かしがコメントするのに彼はスルー。
虎は島津ステージでも出てくるので、ますます彼の存在意義が……


姉小路頼綱

碧落の城がアスレチックの豪華版みたいで一回昇ってみたいなぁと思いました。


尼子晴久

自分の領地を大谷吉継と毛利元就の待ち合わせ場所に使われる。

せっかくの中国地方の人物なのに毛利との絡みは皆無。
彼の言う、「口が上手くて頭でっかちが嫌い」ってのは、毛利様のことか?


直江兼続

2の無敵(アホ)は無かったことにして、3ではちゃんとしたプレイヤー武将として
登場することを期待していた時期もありました。


これで全員分終了。
次回作があるなら、是非とも天海、立花宗茂、大友宗麟、最上義光あたりは
プレイヤー武将に昇格して欲しいです。



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/1723-a65599a9