FC2ブログ

戦国BASARA3 戦国ドラマ絵巻 大谷吉継 赤ルート感想

寥星跋扈 大谷吉継

以下ネタバレ


BASARA3で大本命のキャラクター。
三成と比べると大分足が……というか輿の動きが遅いのが気になるので、ダッシュは必須。
武器は数珠じゃなくて腰なんですねw
操作性は悪くないです。

オープニングムービー。
船の中で毛利と刑部が顔合わせて密談中。
毛利は相変わらず中国地方の覇権にしか興味が無い。

何だかんだで、元就さまのお陰で安芸は平和らしい。
勿論その下には夥しい数の兵卒の犠牲があるわけですが。

刑部視点での三成像。
三成には驚くほど何も無い。私物らしき私物も全く無い。
秀吉の存在で生きる意味を見出したクチですか。

三成は刑部を絶対的に信頼している。

最初は厳島ステージ。
既に裏で協定は結ばれているが、周辺諸国に見せかけるための戦争。
兵士達は何も知らされていないので本気で襲ってくる。
ぼやく刑部に毛利が冷たくあしらうのに笑ったw
何かこいつら仲がいいなぁw

見せかけだけど友好的に接する刑部と、それを冷たくあしらう毛利が良いです。


黒田官兵衛ステージだとまたムービーが入ります。

かつて、三成は刑部の陰口を叩いた兵を殴り倒したことがあった。
斬り殺さなかっただけ慈悲深い?

人は三成を苛烈と呼ぶが、刑部からは儚く見える。
あの数珠は官兵衛の巨体と鉄球を運べるぐらいの力がある。

黒田が四国を滅ぼした?
元親には、網の中の魚程度しか興味が無い。
長曾我部ステージをクリアした後で、
家康への手紙を届けようとする部下を刑部殿が殺すムービーが入ったが……
結局このルートでは謎は解明されず。

小早川ステージクリア後、天海を追って金ヶ崎に向かう刑部。
天海は滅びをもたらす。
滅びは、全ての人間を不幸にしようとする刑部にとって都合が悪い。

結局天海とは出会えず仕舞いでしたが、
お市がいたく気に入った刑部殿
本人が不幸なのに加え、周囲に不幸を撒き散らすことがいいらしい。

最終決戦は三成と同じ「関ヶ原の戦い 集結」。

必死に逃げ惑う金吾の不幸を嘲笑う刑部。その為にあえて生かしておいたのか。

家康とのバトルでは、三成の時と違ってBGMが流れます。

皆を惹き付け、一身に幸福を集める家康が憎い刑部。
家康は刑部に対し、「お前にも絆はある」と言う。

今回は忠勝、金吾、家康を纏めて倒せました。

EDでは刑部の望みどおり、空に不幸の星が降る。
三成は家康の死を見ても、自分のEDと違って割りかし落ち着いていて、刑部に笑顔さえ見せる。

これを見ていると、家康の言う通り刑部にも絆はあり、
目的の為に友のフリをして利用しているだけだったとしても、
三成こそが刑部の「絆」ではないか……
そんな風に思わせるEDでした

日本は上も下もわれと同じ……つまり皆が刑部と同じく不幸になって満足ということですね。
刑部の真意には不明な点が多く、
三成と同じで何か不完全燃焼感があるので、二周目もやらなきゃですね。


刑部でクリアしても新しい武将は出ませんでした。
次はストーリーが気になる真田幸村で。


NEXT 真田幸村



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/1681-a3ad061f