FC2ブログ

侍戦隊シンケンジャー 最終幕「侍戦隊永遠」

シンケンジャー最終回。


シタリ
「昔からシンケンジャーは、私達外道衆より命を大切にしない」

ドウコク
「今日上げさせてやろうじゃねぇか。
命乞いじゃねぇ、早く殺してくれって悲鳴をな!!」


シンケンジャーVS血祭ドウコク。
志葉家のディスクは、強大なモヂカラにディスクが持たないから、一回しか使えない。

ドウコク
「来い、絶望ってのを、教えてやる」


家臣の助けもあり、志葉家のディスクをドウコクの白い部分に突き刺すレッド。
しかしそれではドウコクは斃れなかった。

薫の首を見せ付けると言って立ち去ってしまうドウコクさん

「わかるわぁ。ラスボスになれば、つい神になったような気分になって驕り高ぶっちゃうのよね~~」

ラムダデルタ卿の台詞をパロってみたくなる状況でした。


ジイが槍一本で助けに来ました。
ボロボロになったダイゴヨウをジイに預け、ドウコクを追うシンケンジャー。

姫様の渾身のディスクを届けにきた丹波さん。
丹波さんが得意とするモヂカラディスクも渡される。

生身での名乗り上げ。

シンケンレッド、志葉丈瑠
同じくブルー、池波流ノ介
同じくピンク、白石茉子
同じくグリーン、谷千明
同じくイエロー、花織ことは
同じゴールド、梅盛源太


天下御免の侍戦隊、シンケンジャー! 参る!!


ブルーたち五人の力を合わせた「縛」のモヂカラ。

丹波さんに貰った「双」のディスクでダブル烈火大斬刀
5人でドウコクを取り囲み、最後はブルーが志葉家ディスクで刺す。

ドウコクの二の目。ここからが本当の力ずく。

モヂカラを小出しにせず、
残ったモヂカラ全部を集中した至近距離の一撃にかける作戦。

「たとえ折神一体になっても突っ込む!!」

サムライハオー→
テンクウシンケンオー→
シンケンオー

丈瑠
「お前たちと、一緒に戦えてよかった。感謝してる」


全てのモヂカラを込めた刀でドウコクを袈裟懸けに切り裂く。



ドウコク
「俺がいなくなっても、
いつかお前たちも泣く時が来る。
三途の川の隙間は開いているぜ」


血祭ドウコク爆死!!

何か爆発で起きた被害が一番大きそうなんですけどw


シタリ
「三途の川だって、泥の中だって、
生きることがあたしの外道さねー!!」


六門船ごと三途の川に沈むシタリ。

公式の外道衆紹介で、机にちょこんと座っている姿がかわいいw


茉子さんはハワイ、流ノ介は京都で公演、源太はパリで屋台
でも帽子はイタリアw

流ノ介
「お別れの舞を一差し……」


みんな去っていき、志葉家には元通り、
丈瑠とジイと黒子たちだけが残されました。
静かなエンディングでした。彦馬エンドw


シンケンジャー終わりました。

最終回としては最後丹波さんが役に立ったのがポイント。

殿様がいいキャラしてたのと、
時たまこちらの意表をつく展開があったのが好きだった。

戦隊間で主従関係がある珍しい戦隊ではあったが、
途中からは従来通りの、あるいはそれ以上の仲良し戦隊になっていった感があり。
一方外道衆はどこかアダルティで重い設定が多かった。
外道衆はその名の通り自分のことが全ての外道ではあるが、
レギュラー幹部陣はどこか開き直っているところがあって嫌味がなかった。
一番の嫌われ者は人間の丹波さんだったというのがw

ドウコクは当初シュテン、チュウズーボ、ブランケンみたく、
序盤で退場する怪力幹部だと思っていたのに、予想を遙かに越えて強大なラスボスになりました。
ギンガマン、タイムレンジャー、そしてシンケンジャーと、
基本的に小林脚本は当初のレギュラー以外のキャラをラスボスにしませんね。


来週からはゴセイジャー。
一番楽しみなのは、敵ボスと幹部の声が
飯塚昭三、小山力也、飛田展男ってことでしょうか。
あとヴァンプ様も登場するみたいです。



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント


シンケンジャー・・・ついに終わりましたね。
近年、最後の敵が黒幕の存在とか第三勢力の介入だっただけに、ドウコクは久々に最初から登場している敵によるラスボスですね。
シタリは生死不明になりましたが、ゴセイvsシンケンに出る伏線ですかね。
伏線と言えばシンケンオーを構成する折神木っ端微塵になったように見えたので、出すのは難しくなったような・・・。
丹波は死んでませんけど最後の最後で良い人になりました。姫にお見合いの話をちらつかせましたが、子供出来たら殿は自動的に引退でしょうか・・・。養子縁組切って婿養子に迎えても良いと思います。
ついでに言えばジイも結構丹波と似ている部分があると考えます。
来週のゴセイジャーは楽しみであります。
最後にもうひとつ、ゴセイvsシンケンで姫レッドを再び見たいです。

主題歌無しの最終回。主題歌補正無しの決戦。きつすぎる。
必殺技とか必殺武器ではなくひたすらこれまで培ってきた絆と覚悟でドウコクに挑むシンケンジャーの姿は正に侍。
その覚悟は一瞬とはいえドウコクを怯ませるほどでした。

>ラムダデルタ卿の台詞をパロってみたくなる状況でした。
シンケンジャー達に執拗に悲鳴と絶望を求めるドウコク。これはもはや余裕というより執着ではないかと、よそ様のサイトで聞きました。ドウコクが執着するのは人々の恐怖と絶望、悲しみ、そんな彼にとって三百年に渡って不撓不屈の精神で自分に立ち向かってきたシンケンジャーをただ始末するのは勝利といえなかったのかもしれません。これまでは水切れや太夫など他の関心ごとがありましたが、ことここにいたってはドウコクの関心は完全にシンケンジャーに集中していますし。

ドウコクを一刀両断したのはシンケンジャーの、いや志葉家一門全ての覚悟。全合体ロボに対して「言ってはいけないこと」を言ったドウコクに鉄鎚を(違)。最後の最後まで人々に恐怖を与える事に執着し、外道を貫き通したドウコク、生きることに執着するという外道を貫いたシタリ、この物語の中で生きた者達はただの一人の例外も無く自分の道を貫いたな。

>一番楽しみなのは、敵ボスと幹部の声が
飯塚昭三、小山力也、飛田展男ってことでしょうか。
小山さんの演じる流星のデレプタのキャラが
「ウオースター随一の戦闘力の持ち主で粗暴な幹部」
なんですが・・・・・思いっきりドウコクとかぶっとる!戦闘力に関してもどう考えてもドウコク以下だろうしリッキーピンチ!襲来が二、三週間早かったら「絶望ってもん」を教わっていたかも。

Voicetersさんコメントありがとうございます。

> シンケンジャー・・・ついに終わりましたね。
> 近年、最後の敵が黒幕の存在とか第三勢力の介入だっただけに、ドウコクは久々に最初から登場している敵によるラスボスですね。

ボウケンジャーのガジャさま以来だっけ。
まぁガジャさまにしたって形態変化があったしなぁ。


> シタリは生死不明になりましたが、ゴセイvsシンケンに出る伏線ですかね。

川底でガイアーク三大臣たちと


> 伏線と言えばシンケンオーを構成する折神木っ端微塵になったように見えたので、出すのは難しくなったような・・・。

巨大ロボなんて知らない間に直っているものですw
ましてや折神なんだからモヂカラで修復できるかもしれん。


> 丹波は死んでませんけど最後の最後で良い人になりました。姫にお見合いの話をちらつかせましたが、子供出来たら殿は自動的に引退でしょうか・・・。養子縁組切って婿養子に迎えても良いと思います。
> ついでに言えばジイも結構丹波と似ている部分があると考えます。
> 来週のゴセイジャーは楽しみであります。
> 最後にもうひとつ、ゴセイvsシンケンで姫レッドを再び見たいです。

一般的な倫理観でそれはアウトだろうw
親子レッドが本編で並び立たなかったのはVSシリーズへ持ち越したのだと思いたいw

ウオッチャーさんコメントありがとうございます。

> 主題歌無しの最終回。主題歌補正無しの決戦。きつすぎる。
> 必殺技とか必殺武器ではなくひたすらこれまで培ってきた絆と覚悟でドウコクに挑むシンケンジャーの姿は正に侍。
> その覚悟は一瞬とはいえドウコクを怯ませるほどでした。

そういや主題歌無かったですねぇ。
必殺技と言えば、結局恐竜折神使っての技は一度限りかw


> シンケンジャー達に執拗に悲鳴と絶望を求めるドウコク。これはもはや余裕というより執着ではないかと、よそ様のサイトで聞きました。ドウコクが執着するのは人々の恐怖と絶望、悲しみ、そんな彼にとって三百年に渡って不撓不屈の精神で自分に立ち向かってきたシンケンジャーをただ始末するのは勝利といえなかったのかもしれません。これまでは水切れや太夫など他の関心ごとがありましたが、ことここにいたってはドウコクの関心は完全にシンケンジャーに集中していますし。

なるほど最初から絶望させることが目的なら話が通りますな。


> 小山さんの演じる流星のデレプタのキャラが
> 「ウオースター随一の戦闘力の持ち主で粗暴な幹部」
> なんですが・・・・・思いっきりドウコクとかぶっとる!戦闘力に関してもどう考えてもドウコク以下だろうしリッキーピンチ!襲来が二、三週間早かったら「絶望ってもん」を教わっていたかも。

ちょっとキャラがテンプレ通りになりすぎないかが不安ですねぇ。
もっと狂気と変態をw

はじめまして、こちらには、初めてお邪魔いたします。
戦隊モノを今まで、DVDのみで鑑賞してきて、ゴーオンジャーはリアルタイムで見ていたのですが馴染めず、今作もあまり期待していませんでしたが、大変な間違いでした。様々な、初挑戦を行い、ディケイドのようになることなく、全キャラクターを出来るだけ大事に扱い、見事綺麗に収めました。初心を貫き、完成度も高く、間違いなく傑作戦隊です。今 1話から見返しています。
個人的に外道衆が一番の魅力でしたね、皆 己の信念があり、アクマロ、十蔵も皆、芯が通っていました。今回のシタリの最後も執念を感じさせました。何度見ても、皆 壮絶な最期でした。退場場面だけでも、鳥肌ものです。 でも、唯一の不満は…最後の大攻勢に大ナナシ、大空ナナシが出てこなかったことですかね((笑) せっかくの最終決戦ですから全種出してほしかったw

来週のゴセイジャーも楽しみです。個人的予想としては、ラスボスは、キリストを裏切った十二使徒、冥府十神を超える、12人幹部と見ました!…だめですかね(笑) しかし、もっと楽しみなのは・・・超新星フラッシュマンのDVDです。大博士リー・ケフレン、レー・ワンダー、サー・カウラー等、外道衆に勝るとも劣らない敵役がそろっているのでw

闇従者さんコメントありがとうございます。

> はじめまして、こちらには、初めてお邪魔いたします。
> 戦隊モノを今まで、DVDのみで鑑賞してきて、ゴーオンジャーはリアルタイムで見ていたのですが馴染めず、今作もあまり期待していませんでしたが、大変な間違いでした。様々な、初挑戦を行い、ディケイドのようになることなく、全キャラクターを出来るだけ大事に扱い、見事綺麗に収めました。初心を貫き、完成度も高く、間違いなく傑作戦隊です。今 1話から見返しています。

はじめまして~
毎回新機軸を打ち出してくるのも平成特撮の特徴ですしね。で、しばらくしたらまた原点回帰するのですよ。


> 個人的に外道衆が一番の魅力でしたね、皆 己の信念があり、アクマロ、十蔵も皆、芯が通っていました。今回のシタリの最後も執念を感じさせました。何度見ても、皆 壮絶な最期でした。退場場面だけでも、鳥肌ものです。 でも、唯一の不満は…最後の大攻勢に大ナナシ、大空ナナシが出てこなかったことですかね((笑) せっかくの最終決戦ですから全種出してほしかったw

そこは幹部数が少ないことは幸したかな。
大空ナナシ……いましたねぇw
そういやゴーオン同様、戦闘員がやたらと目立つ戦隊でした。


> 来週のゴセイジャーも楽しみです。個人的予想としては、ラスボスは、キリストを裏切った十二使徒、冥府十神を超える、12人幹部と見ました!…だめですかね(笑) しかし、もっと楽しみなのは・・・超新星フラッシュマンのDVDです。大博士リー・ケフレン、レー・ワンダー、サー・カウラー等、外道衆に勝るとも劣らない敵役がそろっているのでw

十二人ならゲキレンジャーの幻獣拳だわ。
まぁ後半からだとみんなただの怪人扱いになるので十二人出すなら最初からがいいですねぇ。

>基本的に小林脚本は当初のレギュラー以外のキャラをラスボスにしませんね
小林脚本ではありませんが特捜戦隊デカレンジャーでも初期から出てきたエージェント・アブレラがラスボスでしたね。この人も特に強化・・・・・・というより最初はラスボスじゃなく、中間管理職ポジションの予定だったそうですが。
ラスボスといってもこのアブレラ、面白いぐらいにドウコクと正反対でした。戦闘力は少し強いアヤカシという程度でしたが策略や私兵でデカレンジャーをおさえる手腕、徹底的に損得感情で動くなど本当に何から何まで(それでしっかり終盤を盛り上げるし)。

ウオッチャーさんコメントありがとうございます。

> 小林脚本ではありませんが特捜戦隊デカレンジャーでも初期から出てきたエージェント・アブレラがラスボスでしたね。この人も特に強化・・・・・・というより最初はラスボスじゃなく、中間管理職ポジションの予定だったそうですが。
> ラスボスといってもこのアブレラ、面白いぐらいにドウコクと正反対でした。戦闘力は少し強いアヤカシという程度でしたが策略や私兵でデカレンジャーをおさえる手腕、徹底的に損得感情で動くなど本当に何から何まで(それでしっかり終盤を盛り上げるし)。

ン・マさまもガジャさまも最後は形態変化したのに、アブレラは最後まであの姿のまんまでしたからねぇ。
フリーザボイスも似合ってましたw

これは2000年代最高の名作です。

シンケンジャー、ここまで熱くさせた作品は久々です。
ドウコク、彼こそラスボスの鏡です。
ここまで圧倒的な強さを終始みせつけたラスボスなんて珍しかったです。
御大将の前では総裏もガジャもデズモもロンもカスにみえます。
ドウコクがラスボスでなかったら、シンケンジャーの盛り上がりは無かったと思います(終盤のドウコクは主人公に近い感じもありましたしね。)
そして、ドウコクを倒すためサムライハオーがシンケンオーに戻っていきドウコクを斬るシーンはグレンラガンの最終戦に近かったです。
そして、斬られたドウコクは倒されましたが、巨大化の時点でパワーをあらかた使ったんでしょうね

丹波の爺さん改心したのは予想外でしたが、姫の真摯な心で気付かされたんでしょうね。しかし、姫と丹波のディスクが無ければやばかったです。
ただ、姫は志葉家に戻っても良かった気がします。あの静かなエンディングを考えると殿様は静かに一人旅エンドの方が良かった気がします。
これからの自分を見つめなおすためにもそっちが孤高のヒーローっぽくて良いと思うんですがね。

Re: これは2000年代最高の名作です。

ゴセイジャーのコメントとは真逆w


> ドウコクがラスボスでなかったら、シンケンジャーの盛り上がりは無かったと思います(終盤のドウコクは主人公に近い感じもありましたしね。)

ここまでになるのを誰が想像したかなぁ……


> 丹波の爺さん改心したのは予想外でしたが、姫の真摯な心で気付かされたんでしょうね。しかし、姫と丹波のディスクが無ければやばかったです。

いやぁ私は最初からどうせ最後には改心するだろうと生暖かい目で見ておりました。
そして私は所謂嫌われ者キャラも好物です。


> ただ、姫は志葉家に戻っても良かった気がします。あの静かなエンディングを考えると殿様は静かに一人旅エンドの方が良かった気がします。
> これからの自分を見つめなおすためにもそっちが孤高のヒーローっぽくて良いと思うんですがね。

ま、一人旅は源太もやってるから……w

そういや、生死の違いはあれど、
最後に爺さまと一緒ってエンドは神代剣を思い出した。

シンケンの場合、信者の過剰評価と最後までシンケンレッドが好きになれずおまけに最終決戦にいたるまで淡々と話をやっていた事もあってか好きになれませんでした、ひだまりスケッチの校長役のチョーさんが出てた事と源太とダイゴヨウが好きな分最後まで見れた感じですね。

Re: タイトルなし

> シンケンの場合、信者の過剰評価と最後までシンケンレッドが好きになれずおまけに最終決戦にいたるまで淡々と話をやっていた事もあってか好きになれませんでした、ひだまりスケッチの校長役のチョーさんが出てた事と源太とダイゴヨウが好きな分最後まで見れた感じですね。

骨のシタリ役で出ていたか。
ダイゴヨウ役の遠近孝一氏は相州戦神館學園シリーズの
聖十郎が良かったので最近気になっている声優さんですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/1409-cf11ac99

侍戦隊シンケンジャー 最終幕「侍戦隊永遠」

侍戦隊シンケンジャーの第49話を見ました。最終幕 侍戦隊永遠遂に三途の川が溢れ出し、水切れの心配がなくなった外道衆が攻めてくるため、丈瑠達は変身し、外道衆に立ち向かっていく。薫の作った志葉家のディスクは一度しか使えず、薫がドウコクにつけた封印の傷跡を狙わ...

シンケンジャー最終幕感想

侍戦隊シンケンジャー最終幕「侍戦隊永遠」ついに血祭ドウコクとの最終決戦!初戦は作戦が成功したにも関わらず惨敗。2戦目の前に丹波が姫が作ったもう一枚の志葉家のディスクと丹波が作った「双」のディスクを持って参上!今までイメージが悪かった丹波ですが最後の最後...

侍戦隊シンケンジャー 最終幕「侍戦隊永遠」

これで最後だと思うと悲しくなってしまう・・・シンケンジャー最後の戦いです!! 前回、封印の文字が効かなかったドウコクに、最後の手段!一発勝負の攻撃!! 前方を確保する茉子姐とことは、後ろを守る源太、そして殿の盾となる流ノ介と千明・・・ 緊迫した雰囲気が...

侍戦隊 シンケンジャー~最終幕 「侍戦隊永遠(さむらいせんたいえいえんに)」

~最終幕 「侍戦隊永遠(さむらいせんたいえいえんに)」