FC2ブログ

ムダヅモ無き改革 勃発!“神々の黄昏(ラグナロク)”大戦 エピソード19

以下ネタバレ


ムダヅモ世界では麻生さんまだ総理なんですね。

ヒトラーの八連荘を喰らい、消滅したベネディクト。
ギャラリーからは、ヒトラーが普通に八連荘を決めたとしか思えない。

教皇が残したヒントは、この地球上のどこかにある?

ニュートリノ?超新星規模の爆発?神の手?


スーパーアーリア人から元に戻り、
ベネディクトの死を嘆き悲しむヒトラー。

その時、ヒトラーの乗ってきた巨大UFO・ヴィングスコルニルが撃墜!

月でクーデターが発生!

ヒトラー相手に叛乱を起こせるような人間は一人しかいない!


砂漠の狐(デザートフォックス)

エルヴィン・ロンメル元帥!!

ちょっとだけウォルフ教授が出る事を期待していたw

月の狐戦車隊(モンデンフォックス)を率いて、
グスタフ列車砲を含む月の主要な施設を制圧した。

ここでロンメル登場か!

この男ならば、ヒトラーやディエスイレのラインハルトとも互角に渡り合えそうだ。
首領と同格かそれ以上の存在と言えば、騎士団でいえばメルクリウスみたいなもんか。

ヒトラーはロンメルを討伐するため、一時月に帰還する。
小泉との大将戦はその後……

最終決戦の舞台は月に決まりました。
ロンメルは闘牌シーンも描かれずに倒されちゃうんだろうか。
それならロンメルを小泉のおヒキにするとか……
そうなると、今回ロンメルにビビリまくっていたトリスタンとイゾルデでは力不足だな。
祖父のゲッベルスとか……


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 漫画ブログへ


スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/1408-b25a2cc6