FC2ブログ

侍戦隊シンケンジャー 第四十八幕「最後大決戦」

一大決戦の幕が今……!


ドウコク「最後の音色、聞いたぜ。
だが、昔みてぇな腹に染みる音じゃなかった。
ちっとも響いて来ねぇ」

薄皮「あれが、本当の三味だよ……
あちきは、初めて上手く弾けた。
これほど気が晴れたのは、数百年ぶりだ」

ドウコク「もう俺が欲しかったてめぇじゃねぇな」
薄皮「昔のようには弾けない、二度とな」
ドウコク「だったら、終わるか」
薄皮「それもいいな……」


ススコダマともお別れ

ドウコク「じゃあな、太夫」

薄皮太夫はドウコクに取り込まれました。
それによって肩のまだ石化していた部分も修復される。

太夫が幸せな気持ちで弾いた三味の音は、ドウコクの胸には響かない。
この辺が人間と外道の隔絶を物語っているようで良し。


ドウコク
「今日が志葉一族最後の日だ!!」


姫が封印の文字を完成させる間、足止めする家臣達。

スーパーシンケンブルー!
ハイパーシンケングリーン!


シンケンジャーの攻撃を微動せず受け、高速移動で蹴散らすドウコク。
ダイゴヨウが意外に健闘していました。

封印の文字は、門構えに悪、炎などかなり複雑な文字でした。
単なる「封」の字じゃなかったのね。


外道封印!!


千明「やった……!」
薫「父上、ようやく、ドウコクを……!」


千明に姫様その台詞は駄目だーwww


ドウコクに封印の文字は効かない!
胸の右側が白くなっている。
ここまでは驚くに値しませんが秀逸なのはここから。

はぐれ外道である薄皮太夫を取り込み、
半分人間の身体になった為効かなかった。


シタリ
「やった……!太夫のお陰だね、半分人間の身体が封印の文字から守った!」


なるほど、これまで外道と、十臓や太夫らはぐれ外道を
明確に区別してきたのがここで効いて来るわけね。
ドウコクのアヤカシ縛りの術は半分人間の十臓には
効き難いという設定があったが、それも伏線だったのか……
こういう論理展開は大好きですよ。

シンケンジャー側には一切の落ち度は無かった。
姫様と家臣の信頼関係にも問題なく、封印の文字も完全だった。
それを打ち負かしたものは、ただ一つの論理。

ドウコクの復活、三途の川の増水、更に封印の文字への対抗策まで、
誰も意図していなかったが、
外道衆側の計画は全て薄皮太夫がキーになっていたのですね。

この辺はアクマロの計画に対する十臓に似てますが、
数百年も前から利用する気満々で利用していたアクマロが大失敗したのに対し、
ドウコク、シタリは何も考えてなかったけど全てが上手く行ったというのも好対照です。


シンケンジャーは、丈瑠の煙の文字で撤退。

太夫の着物を肩にかけて立ち去るドウコク。

ススコダマあっさり踏み潰された!w


自分を偽ってきた者同士の孤独を分かち合う丈瑠と薫。

シタリさんすごく嬉しそうですww
太夫の着物を川に投げるドウコク。

シタリ
「何て言うんだろうね、外道衆の私たちに念仏も無いし。
ドウコク、お前さんも因果だね」



家臣一同を集めて重大発表する薫。
薫は右腕を負傷して戦闘不能。そこで……


丈瑠は薫の養子になりました。


ことは
「お母さんにならはったんですか?」


でかい息子だなおいwww
丈瑠を殿様にするってのは読めたが、
養子って、予想の斜め上を行きすぎですよwww


「跡継ぎが無ければ、養子を迎えるのは昔からある事だ!」


年上の息子w
この無理な親族関係を作るところも侍らしいわなw


志葉家十九代目当主 志葉 丈瑠

これで名実共に真の殿様となった丈瑠。
ゴセイジャーVSシンケンジャーでも胸を張って殿様を名乗れますねw



丹波さんが謙っているw

封印の文字は使えない、最後に残された策は……


丈瑠
「力ずくだ」



封印は出来なくてもドウコクにダメージを与えた。
ドウコクに対して炎のモヂカラは有効。

丈瑠
「姫が……母上が作った、志葉家のモヂカラのディスクだ」


志葉家の影武者作戦。
もし封印の文字に失敗して、当主の戦闘復帰が困難になっても、
長い戦いで鍛えられた影武者が新たな当主になることで引き続き戦う事のできる、
二段構えの効果を発揮していたのですね。


真っ赤な三途の川が溢れ出す。
六門船も飛び出てきます。

先端って逆さの髑髏になっていたのね。初めて知ったよ。

ドウコク
「この世は外道衆のもんだー!!」



丈瑠
「お前達の命、改めて預かる!!」



シンケンジャー、参る!!



論理展開に超展開と、小林先生の凄まじさを堪能できましたw


次回最終回!!



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント


最終決戦

藍三郎さん、お早うございます。

薄皮太夫、最後の最後で柵から解放されましたね。でも、それはドウコクの欲した太夫で無くなりましたがね。
そして、ドウコクが太夫を吸収したのは太夫を手放したくないからでしょう。
悲しくも美しい結末でしたね。
そして、ドウコクに姫の封印の文字が通じなかったのは予想通りでしたね。
論理的でもありますが、結果的に大夫がドウコクを守った感がありますね。

姫様と殿様が直接会話をするのはこれが初めてですね。
でも、運命に縛られた二人がこうやって対話するのは運命という呪縛からの解放を象徴するシーンでしたね。
姫が殿様を養子にしたのはシンケンジャーならではですね(ここら辺はドウコクを封印できなかった姫様なりの責任の取り方でしょうね。
そして、姫様が戦えないのは封印の文字でモジカラを使い果たしたのと指揮系統を一本化する為でしょう。)

三途の川が溢れてドウコクは現世に現れましたが、もうちっと早く出てもっと大暴れして欲しかったです。
「この世は外道衆のもんだー!!」この台詞はドウコクにとって今が絶頂期を如実に表してますね(これほど、力あふれるラスボスは滅多にないですね。)

ロギーさんコメントありがとうございます。

> 薄皮太夫、最後の最後で柵から解放されましたね。でも、それはドウコクの欲した太夫で無くなりましたがね。
> そして、ドウコクが太夫を吸収したのは太夫を手放したくないからでしょう。
> 悲しくも美しい結末でしたね。
> そして、ドウコクに姫の封印の文字が通じなかったのは予想通りでしたね。
> 論理的でもありますが、結果的に大夫がドウコクを守った感がありますね。

シンケン側に落ち度は無く、ドウコクが強すぎるというでも無く
ちゃんと理由があって痛痒シなかったってのがいいですねぇ。


> 姫様と殿様が直接会話をするのはこれが初めてですね。
> でも、運命に縛られた二人がこうやって対話するのは運命という呪縛からの解放を象徴するシーンでしたね。
> 姫が殿様を養子にしたのはシンケンジャーならではですね(ここら辺はドウコクを封印できなかった姫様なりの責任の取り方でしょうね。
> そして、姫様が戦えないのは封印の文字でモジカラを使い果たしたのと指揮系統を一本化する為でしょう。)

戦隊に限らず年上の養子なんてネタ初めて見ましたよw
何故か前半パートで薫がレッドになっている間は
丈瑠がレッドになってなかったのだが、この辺はどういう理由があるんだろう。
とはいえゴセイVSシンケンでは普通に親子レッドやるかもしれませんか。


> 三途の川が溢れてドウコクは現世に現れましたが、もうちっと早く出てもっと大暴れして欲しかったです。
> 「この世は外道衆のもんだー!!」この台詞はドウコクにとって今が絶頂期を如実に表してますね(これほど、力あふれるラスボスは滅多にないですね。)

最初からいて、進化も強化もしていない元通りの姿ってのも珍しいw

つい最近ドウコクのモチーフが蟹だと知りました(海産物だとは分かっていましたがなるほど)。チャンピオンの冥王伝説に出てくるマニゴルドといい蟹の株を上げまくってくれます。

数百年の執着から解放された太夫、真っ二つにされたこともありますが、多分それは外道としての滅びを意味していたような気がします。そのままいけば成仏していたでしょうにあえてドウコクの中に留まることを選択しました。多分それは未来永劫魂がどこにもいかないことを分かっていただろうに。客観的には彼女の魂は救われないまま、しかし彼女自身にとっては十分な救いだった、例えそれがこの世に破滅を呼び込むことだったとしても。
そしてその救いを与えたのは本来人に恐怖と絶望しか与えない外道、しかもその本人が欲しかったのは「救われないまま新佐に執着する太夫」だったのだから皮肉な話です。どうあっても「幸せな結末」等無かったこの二人にとって一番綺麗な終わりだった気がします。

養子という視聴者の予想の斜め上の奇策を用いたことで戦意はかつてないほど高まっているシンケンジャー。確かに後が無いのは確かですが、総攻撃とはいっても既に主要なアヤカシ達は討ち滅ぼされ、側近のシタリとナナシ連中、ノサカマタのみという布陣になった外道衆もある意味後が無いのは同じ、まさに最後の大決戦ですね。

ウオッチャーさんコメントありがとうございます。

> つい最近ドウコクのモチーフが蟹だと知りました(海産物だとは分かっていましたがなるほど)。チャンピオンの冥王伝説に出てくるマニゴルドといい蟹の株を上げまくってくれます。

蟹だったんですか?私はずっと海老だと思ってましたよ。
背中の装甲、もとい殻が波打ってるところとか。
アクマロがトリガラでシタリがイカかタコだから……外道衆モチーフは鍋の具か?w


> 養子という視聴者の予想の斜め上の奇策を用いたことで戦意はかつてないほど高まっているシンケンジャー。確かに後が無いのは確かですが、総攻撃とはいっても既に主要なアヤカシ達は討ち滅ぼされ、側近のシタリとナナシ連中、ノサカマタのみという布陣になった外道衆もある意味後が無いのは同じ、まさに最後の大決戦ですね。

少なくとも尺が足りなくなる心配は無くなったw

>アクマロがトリガラでシタリがイカかタコだから……外道衆モチーフは鍋の具か?w
どうも幹部クラスは三途の川→水棲生物のイメージでデザインされているみたいです。
ドウコク→蟹
薄皮太夫→珊瑚?+ウミウシ
シタリ→イカ
ナナシ連中→イソギンチャク
アクマロ→シャチホコ
マンプク→タコ
という感じみたいです。

Re: タイトルなし

> どうも幹部クラスは三途の川→水棲生物のイメージでデザインされているみたいです。
> ドウコク→蟹
> 薄皮太夫→珊瑚?+ウミウシ
> シタリ→イカ
> ナナシ連中→イソギンチャク
> アクマロ→シャチホコ
> マンプク→タコ
> という感じみたいです。

ああ、ナナシ連中ってイソギンチャクかw
和風で水棲生物モチーフといえば、ギンガマンのブドー魔人衆を思い出したよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/1399-3459874a

侍戦隊シンケンジャー 第四十八幕「最後大決戦」

侍戦隊シンケンジャーの第48話を見ました。第四十八幕 最後大決戦薄皮太夫が未練を手放したことで嘆きと苦しみが解き放たれてしまい、一気に三途の川の水を増幅させ、傷ついていたドウコクが回復してこの世へ現れてくる。薫は流ノ介達に時間稼ぎをしてもらって必死に習得...

侍戦隊 シンケンジャー~第四十八幕 「最後大決戦(さいごのだいけっせん)」

~第四十八幕 「最後大決戦(さいごのだいけっせん)」

侍戦隊シンケンジャー 第四十八幕「最後大決戦」

つ、遂にドウコク復活!! ド「もう俺が欲しかったテメェじゃねぇな・・・」 太「昔ようには弾けん・・・二度とな」 ド「・・・だったら・・・終わるか」 太「・・・それもいいな」 太夫を引き寄せるドウコク・・・吸い込まれるように消えていく太夫・・・ その姿を...

侍戦隊シンケンジャー  第四十八幕「最後大決戦(さいごのだいけっせん)」

テレビ朝日|侍戦隊シンケンジャー ついに、ドウコクがこの世に現れた。 姫が封印の文字を使う時がきた、正し、時がかかるため。シンケンジャーに 時間稼ぎを頼む。 やはりラスボス、ドウコクは強い。皆が防戦の中やっと 封印の文字が完成。「外道封印!」これにより...