FC2ブログ

侍戦隊シンケンジャー 第四十二幕「二百年野望」

アクマロにとっては人を襲う方法ではなく
場所が重要であることに気づく彦馬。


外道衆が現れた場所だけならバラバラだが、
アクマロ自身が絡んでいる場所を繋ぐと、真っ直ぐな線になる。


打ち込んできた楔も後は一つ……

「痛いのいらんかね?」

ツボトグロ

声は園部啓一


源太以外の五人は侍の教育を受けているから古文書が読めるのね。

シタリが看破したアクマロの目的とは、
裏見がんどう返し

めくらましにあちこち襲っていた。
下手すると三途の川も消えてしまう。

地獄を味わえるなら些細なこと。
外道衆でも人でもない者を使う……それは腑破十臓。
既に二百年の前から仕込んでいたこと。


裏正の修理完了。
そこは十臓の家族の墓だった。


ツボトグロが出現。
痛みを与える虫を人の体内に放つ。

アクマロも参戦。
赤桃黄はツボトグロを追い、青緑金はアクマロと戦う。


アクマロ
「外道に生まれたからには決していけないあの世、
そして地獄を知ること。
この世では味わえない極上の嘆きと苦しみ、
それを観たい、感じたいのでござります」



人の嘆きや苦しみを土地に直列に刻み付けると、
それが楔となり、この世に大きな隙間ができる。
その隙間の中心を一気に斬り割くと、人の世が裏返り地獄が顔を見せる。

アクマロ
「あはははははははは……」



スーパーモウギュウバズーカでツボトグロの一の目を撃破。



隙間を開けるのは、人と外道の隙間にいる者。
はぐれ外道である十臓のような……


茉子が兜折神、ことはが舵木折神を呼ぶ。

久々のカブトシンケンオー、カジキシンケンオー、トラシンケンオー

テンクウシンケンオー、最後はダイカイシンケンオーでツボトグロを撃破。


見事なクリスマス商戦用玩具の販促回でありました。
久々に個別の侍武装が見れて良かった。



裏正を裏見がんどう返しに使えば、閉じ込められた魂が解放される

裏正は十臓の家族で作られた。

人斬りに走る十臓を止めようとした家族。

何その千年アイテム

アクマロも悪だが十臓も大概だし、
どっちも外道で何かシンケンジャーが蚊帳の外やなw

源太のように「意味わかんねぇ」と言う他あるまいて。


楔を打ち込んだ場所から瘴気が噴出する。


十臓の墓と家族の話はこのための伏線か。
源太も十臓と因縁あるんでしたね。すっかり忘れていたが……w
戦いを離れて十臓と一番交流があったのは源太なんだよね。
だから十臓を言葉で説得できるのは源太だけなんだろうな。


面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント


エグいエグ過ぎる。

今晩は藍三郎さん。
アクマロの目的は凄まじいですね(ある意味ではギエンや浅倉以上ですよ。小林女史ってこういう悪党好きですよね。)
まあ我輩はこういうエグい事を考える悪党好きですがね。
そして、裏正は十臓の家族で作ったなんて、子供達はトラウマ物ですね(予告で十臓の家族(奥さん)を殺したのはアクマロでしたがね。)ただ、アクマロも後が無さそうですね。まあ、目的も達成してますから余裕綽々ですがね(アクマロはシンケンジャーに負けて、船に戻ったら、復活したドウコクに殺される堕ちでしょうね。まあ、アクマロの陰険さとエグさはある意味好きでしたがね。)
源ちゃん、樅の木を注文しましたが、死亡プラグの匂いしますね。予告でも十臓に斬られそうでしたしね(まあ、クリスマス前にそれはしないと思いますがね。)
まあ、次回の鍵は源ちゃんですがね。

シンケンジャーは完全な空気でしたね。今回は外道衆メインですから仕方ないですね。

最初太夫の三味線と裏正が同列に扱われた時ちょっと「?」と思ったのですがようやく判明しました。様は太夫の三味線と同じものだった、と。
ただ太夫の三味線は彼女が堕ちる時に半ば無意識の道ずれの様な形で出来たのに対し、裏正はアクマロが十臓の家族を材料に「故意に」造ったもの。だから三味線の様に呻き声が聞こえるような綻びが無く十臓は気付けなかった。止めたかった愛する人に伝える事も気付いてももらえず、よりによって自分を使って二百年も人斬りをさせられる、あまりに残酷すぎる話です。
こうなってくると力を失って二百年水面に出られなかったのではなく、裏正の熟成に数百年必要でその間にドウコクに気付かれずに手駒を増やしていたというのが妥当かな?裏正が折られ、「ドウコクの夏の力で力を得た」と良い口実が出来たので表舞台に出てきた感じです。
さすがにシンケンジャーと戦闘経験があるのならドウコクが気付くだろうし、記録に残っていると思うので。

蛇足ですが、アクマロ役の堀川さん昔特撮で出ていたことがありました。ギンガマンと同時期に放送していたテツワン探偵ロボタック、そしてカーレンジャーと同時期放送のビーファイターカブトで怪人役。一話限りだもののあまりにインパクトが強いので覚えていました。パイナップルの怪人ででかいパイナップルに手足を付けたというおもいきったデザイン。腰みのつけてフラダンス踊ったり、敵を缶詰にしたり口癖で「プルプル」言っていました。
本当に関係無い話でしたね。

ロギーさんコメントありがとうございます。

> 今晩は藍三郎さん。
> アクマロの目的は凄まじいですね(ある意味ではギエンや浅倉以上ですよ。小林女史ってこういう悪党好きですよね。)
> まあ我輩はこういうエグい事を考える悪党好きですがね。

私は、めくらましのためにあえて全く関係ないところでも事件を起こすなんて、
慎重というかマメな奴だなぁと思ったり。


> そして、裏正は十臓の家族で作ったなんて、子供達はトラウマ物ですね(予告で十臓の家族(奥さん)を殺したのはアクマロでしたがね。)ただ、アクマロも後が無さそうですね。まあ、目的も達成してますから余裕綽々ですがね(アクマロはシンケンジャーに負けて、船に戻ったら、復活したドウコクに殺される堕ちでしょうね。まあ、アクマロの陰険さとエグさはある意味好きでしたがね。)

来週はその製作工程が明かされるのだろうか……
シンケンジャーにドウコクにシタリ、十臓、太夫と
なんかアクマロって主要登場人物から怨み買ってるなぁw
誰に殺されてもおかしくないw


> 源ちゃん、樅の木を注文しましたが、死亡プラグの匂いしますね。予告でも十臓に斬られそうでしたしね(まあ、クリスマス前にそれはしないと思いますがね。)
> まあ、次回の鍵は源ちゃんですがね。
>
> シンケンジャーは完全な空気でしたね。今回は外道衆メインですから仕方ないですね。

今週は源太の「侍ではない侍」という立ち位置を改めて示すことぐらいでしたね。
私も忘れかけていたんですがw

ウオッチャーさんコメントありがとうございます。

> 最初太夫の三味線と裏正が同列に扱われた時ちょっと「?」と思ったのですがようやく判明しました。様は太夫の三味線と同じものだった、と。
> ただ太夫の三味線は彼女が堕ちる時に半ば無意識の道ずれの様な形で出来たのに対し、裏正はアクマロが十臓の家族を材料に「故意に」造ったもの。だから三味線の様に呻き声が聞こえるような綻びが無く十臓は気付けなかった。止めたかった愛する人に伝える事も気付いてももらえず、よりによって自分を使って二百年も人斬りをさせられる、あまりに残酷すぎる話です。

なるほど……
外道衆って色々設定を深く掘り下げると外道度がどこまでもグレードアップして行きますな。


> こうなってくると力を失って二百年水面に出られなかったのではなく、裏正の熟成に数百年必要でその間にドウコクに気付かれずに手駒を増やしていたというのが妥当かな?裏正が折られ、「ドウコクの夏の力で力を得た」と良い口実が出来たので表舞台に出てきた感じです。
> さすがにシンケンジャーと戦闘経験があるのならドウコクが気付くだろうし、記録に残っていると思うので。

アクマロって本当に石橋を何度も叩いて渡る性格なんですねぇ。


> 蛇足ですが、アクマロ役の堀川さん昔特撮で出ていたことがありました。ギンガマンと同時期に放送していたテツワン探偵ロボタック、そしてカーレンジャーと同時期放送のビーファイターカブトで怪人役。一話限りだもののあまりにインパクトが強いので覚えていました。パイナップルの怪人ででかいパイナップルに手足を付けたというおもいきったデザイン。腰みのつけてフラダンス踊ったり、敵を缶詰にしたり口癖で「プルプル」言っていました。
> 本当に関係無い話でしたね。

ビーファイターカブトは前半しか見たことなかったなぁ。
私的にはベジータとかコウ・ウラキとか……
なのでアクマロはかなり新鮮な演技でした。本当上手いなぁ……と。

<テンクウシンケンオー

初登場時は結構ゴチャゴチャしてるからシンケンオーの強化はこのぐらいかなって思ってましたけど本当に甘かったですw、まさかあれから2段階もパワーアップするとは


<見事なクリスマス商戦用玩具の販促回でありました。

一回攻撃するごとにいちいち変形するロボットなんて見たことねぇよw


<裏正は十臓の家族で作られた。

十臓の奥さん予告ではカサ作りの内職をしてるところを襲われてますけど、きっと家にろくにお金を入れない十臓の代わりに献身的に働いてたんだろうなぁ、それなのにこの仕打ちって・・・・・


最後に十臓がアクマロから村正を受け取るときに協力するふりして剣を受け取った瞬間逃げりゃいいじゃんって思いましたw

H20さんコメントありがとうございます。

> 初登場時は結構ゴチャゴチャしてるからシンケンオーの強化はこのぐらいかなって思ってましたけど本当に甘かったですw、まさかあれから2段階もパワーアップするとは

十二体合体やったゴーオンジャーに比べると今年は控え目なんかなと思ってたが、
結局十一体合体までやっちゃったぜw


> 一回攻撃するごとにいちいち変形するロボットなんて見たことねぇよw

何かスパロボのバトルみたいですねw


> 最後に十臓がアクマロから村正を受け取るときに協力するふりして剣を受け取った瞬間逃げりゃいいじゃんって思いましたw

アクマロ余裕こいてるけど、十臓を力ずくでどうにか出来ない以上、結局は全部十臓の腹一つなんだよね。
本当にそうなって裏正に呪いが仕掛けられていて……的な展開になったら見直すw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/1321-d9aab343

侍戦隊 シンケンジャー ~第四十二幕 「二百年野望(にひゃくねんのやぼう)」

~第四十二幕 「二百年野望(にひゃくねんのやぼう)」

侍戦隊シンケンジャー 第四十二幕「二百年野望」

いやいや、アクマロの企みがわかってきましたなぁ! ”裏見がんどう返しの術”だとさ(怖) 今までアクマロが絡んだ事件の場所が一直線に並んでいるなんて・・・ ただ闇雲に暴れてたわけじゃなかったんですね! ”裏見がんどう返しの術”・・・日本列島が真っ二つに割...

シンケンジャー第四十二幕感想

侍戦隊シンケンジャー第四十二幕「二百年野望」ついにアクマロの計画が最終段階に突入。&nbsp;地獄を見るために200年の前から準備していたとは・・・裏正は十臓の家族で作った物。次回十臓の過去が明らかになりそうなので楽しみです今回は久しぶりの侍武装が多かったです...