FC2ブログ

侍戦隊シンケンジャー 第四十幕「御大将出陣」

ススコダマ達の口三味線にも飽きたドウコク
今週は朴さんの生身出演あり。


アクマロに三味線を渡すように言う。
ある場所に隠してある。
素直に渡すかどうか怪しいのでシタリも一緒について行く。

薄皮
「これほど長く三味を弾かなかったのは初めてだ……」



アクマロ
「三途の川に生まれた我ら。
生きて人の世にも行けず、さりとてあの世にも行けず。
そのもどかしさ、つらさに、人に纏わりつくもの。
特に苦しみや悲しみに惹かれることこの上なし」


アクマロの口から明かされた外道衆のルーツ。

三味線は岩の隙間に隠してあった。

ザングツグツハクバラバ~~


源太が本職の寿司でグルメ雑誌にデビューした。
味よりは屋台の珍しさ。珍が☆五つ、味が☆二つ。


ジイにお悩み相談する殿様。

彦馬
「志葉家十八代目を背負うとは、
その全てを呑み込んでこそ……」



シタリ
「ドウコクの生まれ持った底抜けの苛立ち……
そいつが紛れるぐらい、
人の世の涙をかき集めたような音色だった……」
「一年、二年、三年……ドウコクが耳を傾けない日はなかった」



ドウコクは太夫が人間だった頃から知っていたのですね。

太夫が外道に堕ちて三途の川原に来た時、ドウコクが出迎えた。

ドウコク
「待ってたぜ、太夫」


シタリ
「あれは……人で言うなら執着かねぇ」



ついにアクマロ造反!!

アクマロの目的には三味線が必要。

三味線の苦痛を吐き出して楔とする。

シンケンジャー到着。
ナナシ連中を呼び出して足止めとする。

アクマロが欲しかったのは十臓と極上の苦しみが詰まった三味線。

薄皮太夫も三味線を盾にして返り討ちに。
爪、蹴鞠攻撃で痛めつける。

ドウコク
「アクマロてめぇ――っ!!」


今出たら水切れで……

石が集まり、中から血祭ドウコクが……
ドウコクほどのアヤカシが出てくるには
大量の隙間が必要ってことなのか。

血祭ドウコク出陣!!

出てきた瞬間、肩が水切れでひび割れて行く。

太刀の一振りで凄まじい大爆発が。

縛りの力で自由を奪われる前にアクマロは撤退。

ガードしてもあっさりぶち折られるシンケンマル。
残り五人の合体攻撃も通じない。

レッドはスーパーシンケンレッド&モウギュウバズーカで挑む。
それでも歯が立たず、変身解除するまでやられてしまう。


ドウコク
「てめぇは外道に堕ちた。他に行く場所はねぇ」


自分の皮膚で三味線を修理するドウコク。


申し訳程度に巨大戦。
ゴールドが牛折神を操縦する。

あんな酷い水切れではドウコクもしばらくは動けない。
のこのこ戻ってくるアクマロ。

ついにアクマロの天下到来?
どうせクリスマス決戦までだと思いますが。



外道衆側のドラマが動く一方で、
かなりキャラの掘り下げもされた回だったかと。

我が身も省みず太夫を助けに行き、
さらに三味線も修理してやるドウコクからは
太夫への愛情、あるいは執着の深さが感じ取れました。
徹底的に自分に正直な奴なんだなぁ。

シンケンジャーとの初戦闘も、
水切れ状態でかなりのハンデをおっているにも関わらず、
シンケンジャーをまるで寄せ付けず、
ラスボスに相応しい圧倒的な強さを見せ付けてくれました。
シンケンジャーやアヤカシが刀で
チャンバラやってるところに核兵器投入するみたいな。

シタリがえらい仲間思いというかドウコク思いというか。
最後まで無茶するドウコクの身を案じておりました。

そして予定調和的に裏切ったアクマロ。
ここに来て太夫の三味線がキーアイテムになるとは。
殿様の悩みはまだまだ引っ張るようです。

EDはシンケンジャーVSゴーオンジャー映画宣伝。
やはり走輔の髪型に吹いてしまう。
そういや走輔が機械化したのもこの頃だったか……

次回はかなり初期に伏線張ってたことはのお姉さんの話。

シンケンジャーが主従関係なら、
外道衆は男女関係がドラマの中心のように思えてしまうよ。


面白かったらクリックお願いします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


た、戦いにすらなっていない気が。ロンやゼイハブ船長、エグゾスですら一定時間戦えていたか、苦戦しつつ倒せたのに。日本限定の妖怪の長なのに異次元や宇宙をまたにかけた悪より強いんじゃあドウコク・・・・・・・。これまで度々その実力の程を漂わせていましたが、今回改めて封印の文字の必要性が明らかになりましたね。
もしこの話とディケイド来訪の時期が被っていたら本気で士の旅終わっていたな。
しかし二度目の裏切りをうけた太夫に命懸けで駆けつけたのが約束すらしていない、人ですらない魔物というのがなんとも皮肉な。今週のWに出てきた人間の男が下種野郎なだけに複雑だ。

映画の先行画像。相変わらず一杯やっている三大臣の皆様方。しかもゴールド寿司かよ!また雑誌に載るネタが一つ・・・・・・。
こいつら相手に地球守っていたと言ってもそりゃ信用できないか。

ウオッチャーさんコメントありがとうございます。

> た、戦いにすらなっていない気が。ロンやゼイハブ船長、エグゾスですら一定時間戦えていたか、苦戦しつつ倒せたのに。日本限定の妖怪の長なのに異次元や宇宙をまたにかけた悪より強いんじゃあドウコク・・・・・・・。これまで度々その実力の程を漂わせていましたが、今回改めて封印の文字の必要性が明らかになりましたね。

戻ったらしばらく動けなくなる程無理をしているハンデがあってもなおまるで勝ち目ゼロですからねぇ。
特殊能力は少ないが、攻撃力は最強という戦士系のラスボスですね。


> もしこの話とディケイド来訪の時期が被っていたら本気で士の旅終わっていたな。
> しかし二度目の裏切りをうけた太夫に命懸けで駆けつけたのが約束すらしていない、人ですらない魔物というのがなんとも皮肉な。今週のWに出てきた人間の男が下種野郎なだけに複雑だ。

特撮って人間の悪の方がインパクトもムカつき度も上なんだよね。


> 映画の先行画像。相変わらず一杯やっている三大臣の皆様方。しかもゴールド寿司かよ!また雑誌に載るネタが一つ・・・・・・。
> こいつら相手に地球守っていたと言ってもそりゃ信用できないか。

アヤカシはあんまふざけたのいませんでしたしねぇ。

<ガードしてもあっさりぶち折られるシンケンマル

特撮で剣が折られるのってなんかすごいインパクトありますよねぇ


<申し訳程度に巨大戦

別にやらなくてもいいのに尺埋めですかねぇ?w


<のこのこ戻ってくるアクマロ

おいっw、どんだけ図太い神経してんだよw


<我が身も省みず太夫を助けに行き、
さらに三味線も修理してやるドウコクからは
太夫への愛情、あるいは執着の深さが感じ取れました。

ヒロインのピンチにヒーロー現るって、なんだよこの王道展開w
悪役がこういうことやるとすごくカッコ良く見えるから不思議ですわw

H2Oさんコメントありがとうございます。

> 特撮で剣が折られるのってなんかすごいインパクトありますよねぇ

普通折れないイメージがありますからね。


> 別にやらなくてもいいのに尺埋めですかねぇ?w

等身大アイテムじゃなくロボの宣伝もしないといけませんからねぇ。
毎週何らかの形で巨大戦を挟まないといけないのです。
ただ今回のように、活躍の少なかったメンバーに出番を与えるというメリットもあり。


> おいっw、どんだけ図太い神経してんだよw

しばらく動けないってだけでいつ復活するかわからないのにねぇ。


> ヒロインのピンチにヒーロー現るって、なんだよこの王道展開w
> 悪役がこういうことやるとすごくカッコ良く見えるから不思議ですわw

それも「折れた剣」同様のギャップ理論でしょうな。

シンケンジャーが戦隊物にみえません。

今晩は藍三郎さん。

ドウコク、ここまでやれるなんて凄まじすぎます。本当に後遺症がなかったら
シンケンジャーは一話で終わってたでしょうね。今回の一件でドウコクはラスボスの資格ありと思いました。

外道衆のルーツが判明しましたが、要するに人間の負の感情の集合体なんですね。それがドウコクにダイレクトに伝わり、苛立ちが治まらない。
そして、太夫の三味線が救いになり、太夫と出会うって何か運命ですね。
そしてドウコク、太夫の為に自分の鱗を使って三味線を直すなんて漢です。
まあ、本質は大夫に負けないヤンデレですがね。

アクマロは三味線と十臓を使って、この世を三途の川で溢れさせるか、地獄の再現が目的でしょうね。そして、自分が頂点に立つですが、今月中に退場の線ありますね。でも、三味線と十臓を使う手は残りそうですね。

シンケンジャーVSゴーオンジャー、いよいよ鮮明にになりましたが、三大臣は悪役として登場しない可能性ありますね。最も源太の屋台で食ってるのは終盤ですかね。でも、何か和みます(ゴーオンジャーの癒しキャラは三大臣ですね)

ロギーさんコメントありがとうございます。


> ドウコク、ここまでやれるなんて凄まじすぎます。本当に後遺症がなかったら
> シンケンジャーは一話で終わってたでしょうね。今回の一件でドウコクはラスボスの資格ありと思いました。

まさに強いなんてもんじゃないですね。


> 外道衆のルーツが判明しましたが、要するに人間の負の感情の集合体なんですね。それがドウコクにダイレクトに伝わり、苛立ちが治まらない。
> そして、太夫の三味線が救いになり、太夫と出会うって何か運命ですね。
> そしてドウコク、太夫の為に自分の鱗を使って三味線を直すなんて漢です。
> まあ、本質は大夫に負けないヤンデレですがね。

そう考えるとドウコクも絶対悪ではないのか。
むしろ絶対悪として生きるしかなかった存在と見るべきか。


> アクマロは三味線と十臓を使って、この世を三途の川で溢れさせるか、地獄の再現が目的でしょうね。そして、自分が頂点に立つですが、今月中に退場の線ありますね。でも、三味線と十臓を使う手は残りそうですね。

時期的にクリスマス決戦で退場する気配濃厚ですね。


> シンケンジャーVSゴーオンジャー、いよいよ鮮明にになりましたが、三大臣は悪役として登場しない可能性ありますね。最も源太の屋台で食ってるのは終盤ですかね。でも、何か和みます(ゴーオンジャーの癒しキャラは三大臣ですね)

毎回のようにヘルガイユ宮殿でコントやってたからなぁw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/1295-db66003d

侍戦隊 シンケンジャー ~第四十幕 「御大将出陣(おんたいしょうしゅつじん)」

~第四十幕 「御大将出陣(おんたいしょうしゅつじん)」

侍戦隊シンケンジャー第40話御大将出陣(おんたいしょうしゅつじん)

「文字の力"モヂカラ"で戦う天下御免の侍ヒーロー」「侍戦隊シンケンジャー第40話御大将出陣(おんたいしょうしゅつじん)」「太夫の三味線が恋しくなったドウコクがアクマロから太夫の三味線を取り戻しに動き出すのですが」「アクマロが簡単に返すとは思えないんだけど」...

侍戦隊シンケンジャー 第四十幕「御大将出陣」

侍戦隊シンケンジャーの第40話を見ました。第四十幕 御大将出陣皆と訓練をする中、十臓に弱くなったと言われた丈瑠は弱くなった原因は仲間だと考え、流ノ介達家臣と距離を置き始める。「茉子ちゃん、やっぱり殿様この間からなんか…」「立ち入り禁止、か…」一方、六門船...