FC2ブログ

マクロスFRONTIER 第11話「ミッシング・バースデー」

矢三郎

狐眼の男キタ――――――!

今週のマクロスF感想は
早乙女矢三郎さん特集って事でw



中華

中華連邦総領事館

ちょっと前に派手なナイトメア戦があった場所ですね。


高亥

中にはきっとこの人が住んでいますね。


アルト

「兄さん・・・」


矢三郎2

予想通り、矢三郎さんのアルトの兄!!
でも血は繋がってない、言うなれば兄弟子の関係のようです。

期待通りのキャラ設定ですな。
良かった・・・ただのモブキャラじゃなくてw

声は野島裕史さん。
ラーゼフォンの鳥飼守ぐらいしか知らないのだが・・・


矢三郎3

「ただのスタントだ。仕方なしにやっただけの・・・」
「でも、芝居は芝居です」

全くだ。並みの役者がやっつけで出来るほど
スタントってのは甘い世界じゃないぞ・・・
アルト、さりげなく自分の天才振りを誇示しています(ぉ


矢三郎4

アルトが家出したので、嵐蔵を襲名する筆頭候補とか。
顔がゴヨウ・ガーディアンみたいね(ぉ


矢三郎5

突っ込まんぞ!
このシーンには突っ込まんぞ!!!



矢三郎6


嵐蔵

早乙女嵐蔵、倒れる

い、いきなりな展開だな・・・
この時点で、病床の父の前でアルトが歌舞伎を披露するという
エピソードが容易に想像つくわけですが・・・


矢三郎7

誕生日に父の下に顔を出せば、勘当を解く・・・


矢三郎8

嘘だっ嘘はおやめなさい!!」

細目キャラといえば・・・

必殺・開眼!!

乙女座のシャカや市丸ギン、
柳蓮二など殆どの細目キャラが得意とする技です(ぉ



矢三郎10

「あの映画を観て、あの番組を見て、私は確信しました。
貴方は演じる事をやめられない」


「今も貴方は演じ続けているというに。
親に反発してパイロットを目指す青年という役を
ほら、今も貴方は酔っているんです。その陳腐な役柄に」


うわっ、アルトの如何にも主人公っぽい性格は全て演技だったのか(ぉ

無意識的にはそんな節があったのかもね。
けれども、実際にバルキリーに乗ってみて、
今では本気でパイロットの事以外は考えられない状態ぽいですが。


矢三郎9

「私がどれだけ精進しても
得られない血を受け継いでいるんです
呪いにも似た、役者の血を」


羨ましがってる・・・というよりは、
それだけの才能を持ちながら、
表舞台に立たないのは勿体無いと本気で思っているんだろうな。



アルト3

誕生日に誰と過ごすか?
A ランカ
B シェリル
C 親父

Cは無いわ~~と思わせて、
最も波風が立たず真っ当な言い訳も出来るCを選ぶかと思いきや、
Bを選んだのは予想外でした。


アルト4

ある意味今週一番のサービスカットw

これを見るに、アルトの『空への憧れ』は
幼少期から既に芽生えていたようですね。
ならば、彼にとってパイロットになって空を飛ぶ事は
役者の道と比べても十分に釣り合う夢なのかも。


嵐蔵2

「なっておらん!このたわけが!!」


嵐蔵3

親父メッチャ元気じゃねぇかぁぁぁぁぁぁぁ!!!

親父が病に倒れたってのは全部大嘘?

そうか、矢三郎さんも役者。
「師匠の危篤を家出した
師の息子に伝える弟子の役」
を演じていたというのか。
すっかり騙されちゃったよ。役者恐るべし。

やはり、狐眼の男は油断できねぇ・・・


矢三郎12

あのクソ厳しそうな親父から手本を任せられるほどの実力者なのか。


矢三郎11

「人は叶わぬから夢を見るのか。叶わないから夢なのか」

アルトが選んだのは、役者の道ではなく、
叶うかどうか解らないパイロットという夢。

今週は矢三郎さんメイン回だったわけだけど・・・(ぉ
矢三郎さんが『役者』を心底愛している人というのは解った。

この『愛』というのは『血』にも匹敵・・・あるいは勝る才能だと思うな。

さらに、見事にアルト(つか、視聴者)を騙した役者っぷりで、
ただの温厚な兄弟子ではない、曲者らしさも見せてくれました。
アルトは結局、矢三郎さんの嘘に気づいてたのかなぁ。
彼としてはどっちでも良かったようですが。

アルトとも役者として競いたかった思いもあるのかね。
あの親父なら、血の繋がりで贔屓する事はまず無さそうだし。

嵐蔵の声は三宅健太さんか。
「たわけ」と聴くと真田弦一郎を思い出しますね。
門弟(部員)に対して厳しいところも似てる。

でも彼、中学生なのよね・・・
中学生にして、嵐蔵と肩を並べるオッサン度・・・
それが真田皇帝(ぉ



レオン

サングラス男からもらったデータで、
ブレラのバルキリーの技術を手に入れたレオン。
この先、統合軍側でもあのレベルの機体が生産されるようになるのか。


レオン2


グレイス

ここで謎のサングラス=グレイスさんだと確定。
シェリル(というか、彼女の歌?)をガリア4に
連れて行く事に何か意味があるようなんだが・・・


ランカ

飛行機=バルキリー=アルト→
食べる=噛み砕く=撃墜


と考えた俺はちょっと黒すぎますか?(ぉ


ゼントラ


クァドラン

来週は新統合軍の鼻つまみ者らしい
ゼントラーディ第三十三海兵部隊が登場するようで楽しみです。


小ネタその1

矢三郎7

「貴方は演じる事をやめられない・・・」


アルト2

「違う!俺は・・・・・・」


グラハム

「ガンダムに心奪われた男だ!!」


矢三郎6

「・・・・・・ハッ!」
「ほら、やっぱり役者じゃないですか。
次はダイナソー竜崎でお願いします」



小ネタその2

嵐蔵2

「なっておらん!」


ミカエル7

「だらしがないわね!
そんなんじゃ紅天女を演じる女優にはなれなくってよ!」

「いいよなれなくて・・・」



ルルーシュ6

「お前も大した役者だな、スザク(櫻井)・・・」


スザク

「いやぁ、偽の弟を騙すのに、
あんなクサい芝居を堂々と演じた君には負けるよ、
あやつり執事君」



ロロ5

血のつながりの無い兄が弟を騙す

言葉にすると同じなのに、
何で向こうはあんなに悪辣なんでしょうかね(ぉ


『演じる』というのは、
俳優、声優、歌舞伎役者などはもちろんの事、
政治家や詐欺師にも通じる
非常に奥の深い道である・・・と強引に纏めてみるw



面白かったらクリックお願いします
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト



コメント


妄想劇場

次回になぜかブレラとアルトが共闘という妄想を働かせた俺(笑)

Lapis lazuliさんコメントありがとうございます。

>次回になぜかブレラとアルトが共闘という妄想を働かせた俺(笑)

ありうるかもね・・・
というか、別に明確な敵対関係じゃないから、
バジュラが襲ってきたらそうせざるを得ないような(ぉ

兄さんと言うところで実兄だと思ってしまいました。
芝居になるとあんな変わるんだ・・・。
あの回想シーンは藍三郎さんは絶対つっこむと思ってたので意外です。まぁすごくつっこみたそうですけどw
お父さんすごく元気でしたね。お父さんも何も知らないみたいですから勢いよくアルト姫が帰ってきてそのまま勢いでアルト姫に謝らせてなんやかんやで後継がせるみたいな感じだったんですかね。二人ともかなり意地っ張りそうだから絶対不可能犯罪ですねw
なんかアルト姫はシェリルさんを選んだというかシェリルさんの話あんまり聴いてなさそうだったからただ空飛びにレジャーに行った感じですねw
シェリルさんを送った理由・・・戦争止めたやつの再現・・・?
バルキリーが噛み砕かれる・・・自分もちょっと考えました。なんか敵の生物兵器とかがアルト姫ごとがぶりと・・・はないかな・・・。
小ネタ:どちらもそれを持ってくるかと笑いましたw(特にぱにぽにw)いつも笑えるネタありがとうございますw

kurukuruさんコメントありがとうございます。

>兄さんと言うところで実兄だと思ってしまいました。
芝居になるとあんな変わるんだ・・・。

最初見た時は、
顔が似てないし、実兄か一番弟子かの五分五分だと思ってました。
実際は、その中間でしたが・・・
いやぁ、顔の色と髪型、目つきを変えればアニメキャラは完全な別人ですよw


>あの回想シーンは藍三郎さんは絶対つっこむと思ってたので意外です。まぁすごくつっこみたそうですけどw

ああいうあからさまなネタには突っ込まない事に決めてます(カノン伯爵とかね
それに、矢三郎さんはあんまりお笑いキャラにしたくない思いもある(ぉ


>お父さんすごく元気でしたね。お父さんも何も知らないみたいですから勢いよくアルト姫が帰ってきてそのまま勢いでアルト姫に謝らせてなんやかんやで後継がせるみたいな感じだったんですかね。二人ともかなり意地っ張りそうだから絶対不可能犯罪ですねw

まぁ、あの親父なら、アルトが現れても
「何でお前ここに居るんだ」とばかりに
無視して稽古を続けそうですがw
会話のテーブルにすらつけそうにない。


>なんかアルト姫はシェリルさんを選んだというかシェリルさんの話あんまり聴いてなさそうだったからただ空飛びにレジャーに行った感じですねw

趣味一筋で自分の道を決める姿は好感が持てます(ぉ


>シェリルさんを送った理由・・・戦争止めたやつの再現・・・?
バルキリーが噛み砕かれる・・・自分もちょっと考えました。なんか敵の生物兵器とかがアルト姫ごとがぶりと・・・はないかな・・・。

ふむ、バジュラに歌が効くかどうかの実権ですか。
まぁ、実際巨大戦艦に食われた(中に侵入した)事はありますがw


>小ネタ:どちらもそれを持ってくるかと笑いましたw(特にぱにぽにw)いつも笑えるネタありがとうございますw

ありがとうございます~~
いつぱにぽにネタが使えるか虎視眈々と狙っていますのでw
『芝居』というキーワードでいくらでも話が広げられそうな気がします(ぉ

そういえば

ギャラクシーの生き残りがあそこにいるみたいな事言ってなかったっけ?
となるとグラサン=ジャーマネで確定か………?
仕事関係は彼女に一任してるっつう話だからいくらでもいじれると

ソレともしかして親子を再開させたくて兄弟子さんは嘘こいたと

結構伏線が多くて整理すんのも大変ですな

ソレも楽しいからいいんですが

最後に一言
本物の空を飛べる事を餌について行ったわけであって
シェリルを選んだわけじゃないよと思えるのはワタクシだけでしょうか?

Lapis lazuliさんコメントありがとうございます。

>ギャラクシーの生き残りがあそこにいるみたいな事言ってなかったっけ?
となるとグラサン=ジャーマネで確定か………?
仕事関係は彼女に一任してるっつう話だからいくらでもいじれると

今週でほぼ確定といえるシーンが出ましたしねぇ。


>ソレともしかして親子を再開させたくて兄弟子さんは嘘こいたと
結構伏線が多くて整理すんのも大変ですな
ソレも楽しいからいいんですが

優しそうな人ですからね。
親子関係を修復したいというのも大きかったのかもしれません。
とりあえず、レオン&グレイス辺りの展開を追うだけで手一杯(ぉ


>最後に一言
本物の空を飛べる事を餌について行ったわけであって
シェリルを選んだわけじゃないよと思えるのはワタクシだけでしょうか?

大方そんな所でしょうな。
それに、この手の三角関係ものにおいて
中盤でリードする事は、必ずしもプラスに働かないし。

役者とパイロット

>アルト、さりげなく自分の天才振りを誇示しています
 考えてみれば、スタントってかなり危険な仕事ですよね。
 ジャンルが違うとは言え、ぶっつけ本番で見事にやりきっ
て見せたアルト姫にはやはり天賦の才があるんでしょうな
あ・・・。

>突っ込まんぞ!
 私はBL的な妄想をしちゃいました・・・。
 その手の小説、全然抵抗なく見れますんで・・・。

>無意識的にはそんな節があったのかもね。
 歌舞伎の家は幼い頃から、厳しい稽古をつんでくる
そうですからね。
 しかも、10代前半でいまだファンが多くいる程の、
演義ができるのは真剣に役に入り込まないと不可能
でしょうしね。
 やはり、歌舞伎をどこか捨て切れていない部分もある
んでしょうね。

>Bを選んだのは予想外でした。
 歌舞伎を捨て切れていなくとも、今はパイロットとして
の自分が「演じていない、嘘偽りの自分。」なんでしょう
ね。
 今はその事で頭が一杯で、恋する余裕はないのかな。

CIC担当さんコメントありがとうございます。

>アルト、さりげなく自分の天才振りを誇示しています
 考えてみれば、スタントってかなり危険な仕事ですよね。
 ジャンルが違うとは言え、ぶっつけ本番で見事にやりきっ
て見せたアルト姫にはやはり天賦の才があるんでしょうな
あ・・・。

実際、演技力も要求される上に危険まで伴うんだから、
相当奥が深い世界だと思いますよ。
自分でも意識せずにさらっとやってのけるところが凄いかと。


>突っ込まんぞ!
 私はBL的な妄想をしちゃいました・・・。
 その手の小説、全然抵抗なく見れますんで・・・。

ちょっとあからさま過ぎたので(ぉ
伝統芸能にその手の突っ込みは野暮かなぁ、とも感じましたし。


>無意識的にはそんな節があったのかもね。
 歌舞伎の家は幼い頃から、厳しい稽古をつんでくる
そうですからね。
 しかも、10代前半でいまだファンが多くいる程の、
演義ができるのは真剣に役に入り込まないと不可能
でしょうしね。
 やはり、歌舞伎をどこか捨て切れていない部分もある
んでしょうね。

パイロットにしろ、何事もやると決めたら全力投球な性格なので、
それが見事な演技力を生んでいるのでしょう。
生粋の役者なので、親に反発するにも
「演技」という手段を取ってしまうのかなぁ。


>Bを選んだのは予想外でした。
 歌舞伎を捨て切れていなくとも、今はパイロットとして
の自分が「演じていない、嘘偽りの自分。」なんでしょう
ね。
 今はその事で頭が一杯で、恋する余裕はないのかな。

恋の部分は今のところ特に無い様子ですね。
とりあえず今はパイロットとしての自分を突き詰めたい気分なのかも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/128-4c12e119

グラハム FRONTIER 第11話 「ミッシング・バースデー」

矢三郎「グラハムさん」 「・・・義兄さん?」 「義兄さん?…ねーよwww」 ~今回のあらすじ~ ハムは矢三郎から嵐蔵が...

マクロスF(フロンティア) 第11話「ミッシング・バースデー」

今日もビックリする始まり。ランカのかわいいCM(娘娘という会社のCM)でした。なかなかGOOD!街中ランカ、ランカ・・・・一躍大スターになってましたね。そのランカのCMをバックに「ガリア4」という惑星の話をするレオンとキャシー。そのガリア4のせいでランカが悲しい思...

「ミッシング・バースデー」 マクロスFRONTIER 第11話

マクロスFRONTIER 第11話「ミッシング・バースデー」 映画出演により、注目され始めたランカは、忙しい毎日が続いていた。 一方、アルトの前...

マクロスF(フロンティア)第11話

アルトは空を選択しました。 でもランカはシェリルを選んだと思っているのかなぁ・・・。 そんなマクロスF11話の感想です。 まずは冒頭の娘...

マクロスFrontier 11話「ミッシング・バースデー」

『映画出演により、注目され始めたランカは、忙しい毎日が続いていた。一方、アルトの前に兄弟子である矢三郎が突然現れる。アルトの父・嵐...

マクロス FRONTIER 第11話「ミッシング・バースデー」 感想

♯11「ミッシング・バースデー」の感想

マクロスFRONTIER 第11話「ミッシング・バースデー」

アルトの選択。

マクロスFRONTIER~第11話・ミッシング・バースデー

一気にスターダムにのし上がったランカ・リーですが、チャイナドレス着てCMにも出ています。大画面に流れるCMを黒塗りの車の後部座席からキャサリンやレオン三島が見ていますが、三島は「12時の鐘が鳴って魔法が解けるまで」などランカには批判的です。(以下に続き...

マクロス FRONTIER 第11話 「ミッシング・バースデー」

アルトに迫る3つの選択・・・果たして? 【あらすじ】 映画出演により、注目され始めたランカは、忙しい毎日が続いていた。 一方、ア...

マクロスF 第11話 「ミッシング・バースデー」

マクロスF 第11話 「ミッシング・バースデー」 ランカのCMから入ります。 アルトやシェリル達は学園でプールの授業 男子生徒がシェリルの水着で興奮してます。 くしゃみをしたシェリルを気使って ミシェルはタオルをくれる。 アルトの誕生日を知ったシェリ...

(アニメ感想) マクロスFRONTIER 第11話 「ミッシング・バースデー」

マクロスF(フロンティア) 1 映画出演により、注目され始めたランカは、忙しい毎日が続いていた。一方、アルトの前に兄弟子である矢三郎が突然現れる。アルトの父・嵐蔵が倒れたので、家に帰るようにとアルトを諭す矢三郎。そんなこととは知らず、ランカとシェリルは、

マクロスF 第11話 感想

 マクロスF(フロンティア)  第11話 『ミッシング・バースデイ』  ヒロイン攻略ルートの分岐点3つです。  シェリルとランカとオヤ...

アニメ「マクロスF(フロンティア)」 第11話 ミッシング・バースデー

――俺は……。 まあ面白かったけど、やっぱり戦闘ないと物足りないぜ。 「マクロスF(フロンティア)」第11話のあらすじと感想です。 (...

マクロスFRONTIER 第11話 「ミッシング・バースデー」

もうそれで、良かったのかい? 長かった、2週間が長かったよ… という事でマクロスフロンティア、第11話の感想です。 さて今回は、人間関...

マクロスF 第11話「ミッシング・バースデー」

ついに本家ニャンニャンと夢の競演を果たしたランカ トップスタァへの道を駆け上がる そう…時代はひんぬー萌えだ! マクロスF(フロンテ...

マクロス・フロンティア 第11話感想

・マクロス・フロンティア 第11話『ミッシング・バースデイ』 ランカに『アイドル』という新しい顔が追加されたと同時に、アルトの 多面性を掘り下げてきた今回。エンターテイメントとしては大人しめ だったのですが、作品的には非常に重要な回だったと感じまし…

マクロスF #11

映画に抜擢されたことで、ランカは一躍スターダムにのし上がりました。そのおかげで、忙しくてアルトとゆっくり話をすることもできません。映画をきっかけにランカはブレイクしました...

マクロス FRONTIER 第11話 「ミッシング・バースデー」

前回の放送の時は、まだ生活がバタバタしていた時なので録画するのを忘れてしまったため見れないでいたのですが・・・ いつの間にか、ランカ...

マクロスF #11

アルトの誕生日を巡って張り巡らされる様々な陰謀! はたしてアルトは誰と誕生日を過ごすのか!(笑) っという事でマクロスF第11話、 「ミッシング・バースデー」 候補その1はファーストライブも決まり、順調にシンデレラ・ストーリーを歩み始めるランカちゃん。で...

マクロスFRONTIER 第11話 「ミッシング・バースデー」 感想-ランカ派涙目

マクロスFRONTIER 第11話 「ミッシング・バースデー」の感想です。 なんという三角関係www ランカが意図的にではないにせよ アルト...

マクロスF -フロンティア- 第11話 「ミッシング・バースデー」

今回の見所:お義兄さんVS姫 ? アルト「俺・・・本当は野球嫌いなんだ」 矢三郎「嘘はおやめなさい!」 「Σ(´・ω・`)」

三つの誕生日プレゼントは三つの道へとつながっている/『マクロスフロンティア(マクロスF)』/第11話「ミッシング・バースデー」感想

「うっ、苦っ!」(ランカ・リー)  第11話「ミッシング・バースデー」の感想です。今回アルトは三つの贈り物からパイロットへの道を選んだわけですが、果たして……?

マクロスF 第11話「ミッシング・バースデー」

マクロスFの第11話を見ました。第11話 ミッシング・バースデーランカは映画の公開後、一躍、時の人になっていた。「シンデレラね、まさに」「おやおや、少々棘のある物言いだね」「あら、何のことかしら?」「いずれ12時の鐘が鳴ったら魔法は解ける」「違うわ。あの子は...

マクロスF #11 ミッシング・バースデー

  遂にデビューを果たしたランカは、一躍大人気に。 そんな様子を見て、キャシーはシンデレラの様だと呟く。 レオン杉田は言う。12時を過ぎると魔法は解けると。 何かお前に言われると腹立つわw そして来週に控えるアルトの誕生日。 来週と言えば、シェ...

マクロスFRONTIER 第11話 「ミッシング・バースデー」

兄さん!?

マクロスF 第11話「ミッシング・バースデー」

アルトの誕生日を軸にそれぞれの思いが交錯した11話。 EDのランカがクッキーを作っているカットに涙… 映画出演以来、飛ぶ鳥を落とす勢いのランカ。 ファーストライブも決まり、チケットをアルトの誕生日プレゼントに。 それを知った上で誘ったのか? 今回も...

マクロスFRONTIER 第11話 「ミッシング・バースデー」

「アルトくん…ハッピーバースデイ」 あ~、ランカの想いは報われていないなぁ。クッキーの焼き方をナナセに聞き、勇気を振り絞ってアル...

マクロスFRONTIER 第11話 ミッシング・バースデー 感想

 マクロスの売りはやはり3角関係ですね。アルト、シェリル、ランカの関係がどんどんややこしくなってきて見ていて面白いです。オズマ、キャサリン、レオンの微妙な関係も気になりますね。  アルトの誕生日を巡るお話です。実家、ランカ、シェリル、それぞれに来るよう

マクロス FRONTIER 第11話 「ミッシング・バースデー」

映画出演で一躍シンデレラとなったランカ。 多忙を極めアルトに会う時間もない…。 そこでアルトの誕生日にプレゼントを贈ろうとするが――...

マクロスFRONTIER第11話「ミッシング・バースデー」

 端役として映画「鳥の人」に出演決定したランカ。映画には、バルキリーが登場するので、SNSが全面協力。挿入歌にシェリルの歌が使われた。アルト達とシェリルもロケ現場のマヤン島にやって来ていた。ロケの最中ヒロインマオを演じる女優が、ヒュドラに襲われ、撮影に...

マクロス FRONTIER #11『ミッシング・バースデー』

映画のヒットで時のシンデレラになったランカ。忙しくてアルトに連絡することも間々な

マクロスFRONTIER 第11話 ミッシング・バースデー ランカ&シェリル

 タイトルのバースデーは、てっきりランカか誰かの誕生日かと思っていました。アルトなのね。メインの3人の微妙な関係は見ていて面白いですが、裏で暗躍しているレオン・三島や行動の怪しげなグレイスがいつも気になります。

『マクロスF』#11「ミッシング・バースデー」

「アルトくん、ハッピーバースデー」 アルト、三択を迫られる☆ 劇的な映画デビューを果たしたランカは、シンデレラのごとくあっという間...

マクロスFRONTIER #11 ミッシング・バースデー

ランカの恋はちょっと苦い。

マクロスFRONTIER #11「ミッシング・バースデー」

 映画が公開され、一躍シンデレラガールとなったランカはその忙しさにアルトと連絡も取れない日々を送っていました。ナナセからアルトのバースデーが近いことを教えられてなんとかしたいランカは、初ライブのアリーナチケットと手作りクッキーを用意してあの丘で待ってる...

マクロスF 第11話

[アルトの誕生日が迫っていることをナナセから教えられるものの、出演映画のヒット以降シンデレラストーリィまっしぐらのランカはなかなか...

マクロス F (フロンティア) 第11話 【ミッシング・バースディ】 ちょこっと感想

アルトの誕生日。 3つのプレゼントの中から選ぶとしたら、、、 どれ(誰?なんちゃ

Navigation150 #11 ミッシング・バースデー マクロスF

#11 ミッシング・バースデー 想い馳せる

#11「ミッシング・バースデー」/アニメ「マクロスF」感想

何でもない!(シェリル) 第一クールは激動の第二クールへ向けての序章でしかないのかもしれない、と思った第十一話でした。

マクロスF第11話 「ミッシング・バースデー」

アニメマクロスF感想。 発言者:→宵里、→春女です。 「

マクロスフロンティア 第11話「ミッシング・バースデー」

前回ランカが出た映画が好評で一気にスターへの道を駆け上がっていますなwそれ以外はあまり展開はなかったなぁアルトの過去も結局明かされなかったし、ランカの仕事が忙しくなるって事は、アルトと会える時間が減るわけで・・・恋敵シェリルのほうが有利になってるわけで...

マクロスFRONTIER 第11話「ミッシング・バースデー」

「ねぇアルト、貴方空を飛んでみたくない? どこまでも続く本物の空を!!」 誕生日を迎えるアルトに用意された 3つの贈り物! アイキャッチの...

マクロスF・第11話

「ミッシング・バースディ」 映画の公開から、一気に生活が変化したランカ。ファーストライブも決まり、めまぐるしい日々を送る。そんな中...

マクロスF #11.

シェリルはプロ意識で「お色気」を気張れば気張るほど「漢前」に見えてしまう件につい

マクロスFRONTIER #11

マクロスFRONTIER 第11話

マクロスFRONTIER #11 ミッシング・バースデー

誕生日のトリプルブッキング。アルトの選択は? おっぱいアングルてんこ盛りの今回にてそういうシーンが皆無のヒロイン。

マクロスF(フロンティア)「ミッシング・バースデー」感想

星間飛行ランカ・リー=中島愛発売日:2008-06-25価格中島愛さんは良いのです。OSTも好評ですが、やはりシェリルに比べるとパンチが足りないかな、と。試聴しましたが、まぁ売り方が違うと言えばそうなのですが。中島愛さんの歌声も楽曲も、可愛くてアイドルらしく良いの...

マクロスFRONTIER 第11話 「ミッシング・バースデー」

「アルトさん・・・・・」 「義兄さん」 突然現れたアルトの兄弟子さん。血はつながっていなくとも・・・・

マクロスFRONTIER 第11話「ミッシング・バースデー」感想

マクロスF (フロンティア) O.S.T.1 娘フロ。 マクロスFRONTIER 第11話「ミッシング・バースデー」です。 今週のマクロスFRONTIERなのです。「娘々」のCMキター☆EDの中島愛@ランカの曲カワユス♪中村悠一@アルトのお誕生日をめぐって恋愛と戦いのエピソードが展開。

マクロスFRONTIER 第11話 「ミッシング・バースデー」 観賞^^

いよいよ黒幕が見えてきた!?\(^O^)/ スク水とお風呂のサービスカットで2週間分の空きを満たしてくれた第11話(笑

マクロスF11話「ミッシング・バースデイ」

…いやー、もう「マクロスF」も11話かあ…。えーと…全28話? そんないかないかな?26くらいだっけ?? もう少しで折り返し地点なんだけど、これからきっと、色々 すんごいコトが起きるんだろうなぁぁ。 さて!!大幅に遅れてしまいましたが…レビュー行きます!!! ...

マクロスフロンティア #11 ミッシング・バースデー

2週間ぶりの「マクロスF」ですが、間を開けたことでかなりもったいないことになってると感じたのは私だけ?(・3・) マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc)中村悠一, 遠藤 綾, 中島 愛, 神谷浩史, 総監督:河森正治/監督:菊地康仁おすすめ平均 これは素晴らしい....

マクロスF 第11話 「ミッシング・バースデー」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ     誕生日にあなたが先生のところに顔を出せば勘当を解くと・・・・   誕生日の日、あの丘で・・・・ グリフィスパークの丘で待っててくれる?必ず行くから   あなた空を飛んでみたくない? どこまでも続く本物の...