FC2ブログ

激走戦隊カーレンジャー 第47話「当って砕けろ!?決死の宇宙ドライブ」

最終回直前!


変身できなくなったカーレンジャーはペガサスに逃げ込む。

しかしボーゾックはペガサスにまで攻めて来る!

必殺!ゼルモダキック!

鍵の掛けた扉を破壊する程度の必殺技w

ついに基地の奥まで追い詰められたカーレンジャー!
ボーゾックはあちこちに爆弾を仕掛け、撤収する。


ペガサス爆破!!

社長災難にも程がある。


シグナルマン

ペガサスだけをふっ飛ばすにしては明らかに爆発の規模がでかすぎますがw

ペガサス跡地に到着するシグナルマンと市太郎。
血のついたナンバープレートを発見する。

シグナルマン
「本官の、本官の許可無く力尽きてはいかん!!」




ガイナモ
「俺達が本気になりゃ、ざっとこんなもんよ!」



ゼルモダ

しかしバリバリアンの内部はゴミ袋だらけ!!

エグゾス
「ボーゾックよご苦労であった」
「今日からバリバリアンは宇宙のゴミ捨て場となったのだ」
「カーレンジャーがいなくなった今、もはやボーゾックに用はない」


ガイナモ
「俺達を利用するだけ利用して、後は捨てる気かよ!
俺達をゴミと一緒にするなー!!」



ついにエグゾスに見捨てられるボーゾック!

運び込まれたゴミのせいで良く燃える。


エグゾス
「ゴミの再利用をしてやる。そのままチーキュに突っ込み
燃え上がる炎のエネルギーでチーキュを花火にしてこい!」


ゴミをばら撒いただけでそこまで燃えるものなのかw


カーレンジャーを探すシグナルマンと市太郎。
階段を下りると、そこには地下から出てくるVRVマスターと、カーレンジャーが!

VRVマスター
「正義はよく助かるもんだ」

「こんなこともあろうかと、ダップが冬眠している間に
非常用の地下室を作っておいたのさ」



ハザード星の生き残りだと名乗るVRVマスター。

そういやVRVマスターとシグナルマンは何気に初顔合わせですね。
大塚芳忠に小林清志とか何て渋い声の共演w

VRVマスターからことの経緯を知るカーレンジャー達。

地球に飛んでくるバリバリアン。

すっかり戦意喪失したカーレンジャー。

シグナルマン
「勇気を失った者に、戦う資格はない!」



消火器を使って何とか火を消すボーゾック。
しかし勢いづいたせいで止めることが出来ない。


サイレンダーでバリバリアンを止めようとするが、やはりパワーが足りない。
このままでは押し潰されてしまう。
バリバリアンから脱出するボーゾックたち。

バリバリアン、地球落下!!

って、普通に落下するだけなのかよw
炎が消えたから地球は花火にならないのかw


シグナルマン対ボーゾック

エグゾス
「余が自らチーキュに行って花火にしてくれる!!」



市太郎
「僕の心にカーレンジャーはまだ生きている!」


先週書いたイラストを見せる市太郎。

ダップ
「その意味は、深そうで、重そうで、難しいダップ」


心に、カーレンジャー……

今までの戦いを思い出す五人。

レッドがZZギューリー、ブルーがLLオネネ、グリーンがYYゴンザ、
イエローがOOオーパ、ピンクがPPラッパー戦。


恭介
「俺達は変身できなくても、
心はカーレンジャーなんだ!!」




カーレン

「戦う交通安全!激走戦隊!
心は、カァァァァレンジャー!!」


生身のままいつもの決めポーズを取る。

「心はカーレンジャー」で一くくりなのね。

生身でボーゾックと戦う。
シグナルマンを邪魔者扱いするぐらいのはりきりぶり。

シグナルマン
「あいつら、気持ちだけで戦っている」



ガイナモ
「俺達ボーゾックの本当の力を見せてやる!!」


バリアーがカーレンジャーを守った!!

ゾンネット登場。

ゾンネット
「貴方がたは、戦う相手を間違えています……」


すぐに元の口調に戻るw

エグゾスの発言は宇宙中に聞こえていた。


ガイナモ

ガイナモ
「俺達ボーゾックの真の敵はエグゾスだ!」
「えー心はカァァァレンジャーの皆さん、
およびシグナルマンさん。
突然のことで驚きでしょうか、
今日から君たちとはお友達です」
ゼルモダ
「昨日の敵は今日の友達、そこんとこよろしくぅ」



このままエグゾスの好きにさせたら、宇宙はメチャメチャになってしまう
恭介の頬にキスするゾンネット。

恭介
「みんなで協力してエグゾスを倒すんだ!!」


一つだけ方法はある!
バリバリアンを使ってエグゾスに突撃する!

ガイナモ
「エグゾスのどてっぱらに風穴ぶち開けて、
俺達ボーゾックを虚仮にした恨みを晴らしてやる!!」


ガイナモをぶん殴る恭介w

恭介
「俺達がエグゾスを倒し、
クルマジックパワーを取り戻さなくてはいけないんだ!!」


シグナルマン
「かっこよすぎる……」



カーレン2

バリバリアンに乗り込むカーレンジャー五人


何故かモノクロ画面になって続く!


最終回直前にして、ついに
カーレンジャーとボーゾックが和解する!!

しかしボーゾックは別に改心したわけでもなく
エグゾスにゴミ扱いされて捨てられたのが
気に入らなかっただけなんですよねw

敵の敵は味方。
ボーゾックは基本的にその場のノリだけで行動しているので、
エグゾスへの怒りがカーレンジャーへのそれを上回れば、
あっさり和解してしまえるのですね。
その場のノリで星を花火にしちゃう凶悪な組織でもありますが!

この展開があっさり成立するのも、一年かけて
ボーゾックのバカさ加減をたっぷりアピールしてきたからこそ。
ボーゾックを敵と呼ぶには妙に憎めない奴らにしたり、
恭介とゾンネットの恋愛を描いたり、
もう最初からこうなることは決まっていたのかもしれませんね。


激走戦隊カーレンジャー
次回最終回!!



面白かったらクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/1265-1b35cf08